コンテンツSEOの極意とは検索順位とCV数を向上させる戦略伝授

ウェブサイトへの訪問者数の伸び悩みや検索エンジンでのランキング低下は、多くのサイト運営者が直面する一般的な課題です。

これらの問題を解決するためには、コンテンツSEOの適切な知識と戦略が必要不可欠です。本ブログでは、訪問者を引き付け、検索順位を向上させるための効果的なコンテンツ作成の方法を、専門的かつ具体的にご紹介します。

具体的な記事作成方法を知りたい方は、SEO対策の記事書き方【19原則】文章構成の作成方法を詳しく解説をご覧ください。

SEOライティングを詳しく知りたい方は、考え方とテクニック、ノウハウを全てまとめた「SEOライティングの基本!上位獲得が狙えるコツやテクニックを徹底解説」をご覧ください。

【専門性の高い記事を安価で作成します】
高い実績を持つSEOディレクター、ライターが戦略立案から実行までを実行

目次
  1. コンテンツSEOとは
    1. コンテンツSEO目的
    2. コンテンツSEOが有効な集客手段となる理由
    3. コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い
    4. コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い
  2. コンテンツSEOで成果がでるまでの期間
    1. リスティング広告との違い
  3. コンテンツSEOで成果がでやすい状況とは
    1. 1.自社サイトのドメインパワーが強い
    2. 2.競合が少ないニッチ分野
    3. 3.競合サイトがSEO的に弱い
    4. 4.サイトで取り扱う商材単価が高い
    5. 5.対策で狙える検索キーワード数(ボリューム)が多い
  4. コンテンツSEOで成果を出しにくい状況とは
    1. 1.対策しているキーワード(扱っているジャンル)がバラバラ
    2. 2.YMYLジャンルに該当している
    3. 3.競合サイトが強すぎる
    4. 4.コンテンツが質<量になってる
  5. コンテンツSEOのメリット
    1. 市場やニーズから逆算してターゲットの集客ができる
    2. コンテンツSEOでは潜在層・顕在層との接点を作ることができる
    3. マーケティング資産として蓄積することができる
  6. コンテンツSEOのデメリット
    1. リソースの必要性
    2. コンテンツの質と関連性の維持
    3. SEOトレンドの変化への対応
    4. コンテンツの過剰生産
  7. コンテンツSEOを取り組む上で大切なこと
    1. 本当にコンテンツSEO(記事作成)をする必要があるかを考える
    2. コンテンツSEOで達成する目標と期間を設定する
    3. 良品質コンテンツをつくりだす体制
    4. SEOツールの活用
    5. 対策キーワードの選定
    6. SEO対策キーワードの入れ方
    7. CV地点の設定
    8. 流入コンテンツ記事とCV獲得コンテンツ記事の理解
  8. コンテンツSEOで継続的に実施が必要なこと
    1. リライトを実施する
    2. 内部対策を定期的に実施する
    3. 事例コンテンツページを更新する
    4. ホワイトペーパーを作成、設置する
  9. コンテンツSEOで活用できるおすすめツール
    1. 【無料】コンテンツSEOで活用できる優良ツール
    2. 【有料】コンテンツSEOで活用できる優良ツール
  10. コンテンツSEO事例
    1. SEO対策で開始約1年半で検索経由リード数30件/月に
    2. SEO対策やサイトCVRの改善により受注数が2倍に
    3. SEO対策開始後3ヶ月程で、検索経由問い合わせ数3倍に
  11. SEO対策会社へ依頼をご検討の方へ
    1. 自社サイトのSEO対策実績
    2. コンテンツ記事作成体制
    3. 見込める成果に対して、見積もりが割に合うか
    4. 狙うキーワードの具体性と優先順位

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、SEO対策の1種でターゲットとするユーザーの検索ニーズから逆算して利用につながるユーザーが検索しうるキーワードを考え、コンテンツを作ることや、サイト設計、デザインを改善する対策です。

コンテンツSEO対策の代表的な手法は以下となります。

  1. 質の高いコンテンツ記事の作成
  2. 事例ページの作成
  3. ホワイトペーパーの作成と設置
  4. ユーザーエクスペリエンスの向上

これらの手法は、検索エンジンがコンテンツの関連性を認識しやすくすることで、検索結果の上位に表示される確率を高めます。その結果、より多くの訪問者がサイトに流入することに繋がります。

コンテンツSEO目的

ビジネス視点での目的は、SEOを目的としたコンテンツを制作したり、サイトデザインやユーザビリティを改善することによって、ウェブサイトへの流入を増やして売上につなげることです。

一方でSEO視点でのコンテンツSEOの目的は、ユーザーの検索ニーズを網羅してサイト全体でユーザー満足度を高める検索体験をしてもらうためです。

現在のGoogle検索エンジンで上位表示をするには、サイト全体でユーザーに検索体験を提供する必要があります。

これまでのGoogle検索であれば1つのコンテンツで検索ユーザーの悩みを解決できていれば上位表示可能でした。しかし今のGoogleで上位表示されるには検索ユーザーの悩みを解決できるコンテンツが網羅されている必要があります。流入したコンテンツから次の体験(コンテンツ)を与えることが重要で、1つの記事から体系的に学べるサイトが評価される傾向にあります。

サイト全体でのユーザー検索体験が重要

ウェブサイトはサービスページ、料金ページ、問い合わせページ、会社概要ページなど複数のページから成り立ちますが、サービスページや会社概要ページのみでは、サイトのターゲットとしているユーザーが欲しい情報、検索ニーズを満たすことはできません。検索ユーザーのニーズに応えるためにサービスページ(固定ページ)では補えない情報をお役立ち記事として掲載することで、潜在的な悩みから顕在的な悩みを持つユーザーニーズに応えることが可能になります。

中古車サイトのサイト設計例(サイト全体でユーザーニーズを満たす情報を網羅)

SEOサイト設計

もし現在のSEOがよくわからず、対策に苦戦されている方は、今現在(2023年12月時点)Googleがサイトを評価する「ルール」と「評価基準」をまとめたSEO対策やり方とは?初心者でも1から効率よく上位表示させる方法手順を網羅解説 をご覧いただくと現在のSEO対策を体系的に理解して効果のあるSEO対策がイメージできると思います。

企業におけるオウンドメディアの役割や成功の定義、運用方法を知りたい方は、オウンドメディアとは意味や運用目的、企業成功事例を紹介をご覧ください。

コンテンツSEOが有効な集客手段となる理由

広告はこちらから一方的にPRしているため一部のユーザーに嫌われるケースもあります。

一方自然検索結果は、ユーザーの特定の検索クエリに基づいて表示されます。
これは、ユーザーが積極的に求めている情報に対応しているため、関連性が高く信頼されやすいです。

またリスティング広告と比較すると、自然検索経由のセッションの方が問い合わせ率が高いです。

ユーザの検索意図を分析することが大切

思いつきや主観で、ユーザの求めていることを考えてしまうと、現実と大きな乖離があることがあります。

そのためSEOコンテンツ記事を作成さる際に、ユーザの求めていることを分析するときは、客観的なファクトに基づいて制作します。

具体的にはKWの検索回数、Google検索の関連ワード、Google検索結果画面、Q&Aサイトの質問などから、検索意図を理解することができます。

関連記事:SEOにおける共起語とは?関連語、サジェストキーワードとの違いを解説

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

簡単に言うと、コンテンツマーケティングはターゲットオーディエンスに価値を提供し、ブランドへの関心を高めることに焦点を当てています。一方で、コンテンツSEOは検索エンジンのランキングを高めることに重点を置き、より多くのトラフィックをウェブサイトに導くことを目指しています。両者は互いに補完し合う関係にあり、効果的なデジタルマーケティング戦略には両方が不可欠です。

コンテンツマーケティング

目的: ブランドの認知度を高めたり、顧客との関係を築いたりするために、価値ある情報やエンターテイメントを提供すること。
手法: ブログ記事、ビデオ、ポッドキャスト、ソーシャルメディア投稿など、様々なフォーマットのコンテンツを作成・配信します。
焦点: ターゲットオーディエンスにとって関心のある話題や情報を提供し、ブランドに対する信頼と関心を育成します。

コンテンツSEO

目的: 検索エンジンの結果ページ(SERP)でのランキングを高めることによって、ウェブサイトへのトラフィックを増加させること。
手法: キーワードの最適化、メタデータの最適化、内部リンク、外部リンクの構築など、SEOの原則に基づいてコンテンツを作成・最適化します。
焦点: 検索エンジンがコンテンツを理解しやすく、かつ検索クエリに関連する質の高い情報を提供することに重点を置きます。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い

コンテンツSEOはウェブサイトの「内容」に焦点を当て、ユーザーにとって有用で関連性の高い情報を提供することで、検索結果でのランキングを向上させます。一方、テクニカルSEOはウェブサイトの「技術的な構造」に焦点を当て、検索エンジンがサイトを適切にクロールし、インデックスできるようにすることで、検索パフォーマンスを最適化します。両方ともSEO戦略の重要な部分であり、ウェブサイトの検索エンジンにおける成功には不可欠です。

コンテンツSEO

目的: コンテンツを通じてユーザーに価値を提供し、検索エンジンがコンテンツを適切に理解し、高いランキングを付与すること。
手法: ブログ記事、ガイド、インフォグラフィックなどのコンテンツ制作、キーワードリサーチ、コンテンツの最適化。焦点: ウェブサイトのコンテンツの質と関連性。

テクニカルSEO

目的: ウェブサイトが検索エンジンによって容易にクロールされ、適切にインデックスされることを確保し、ユーザーエクスペリエンスを最適化する。
手法: サイトマップの最適化、ロボット.txtの設定、ページのロード時間の短縮、リダイレクトの管理、404エラーの修正。焦点: ウェブサイトの技術的な側面と構造。

【テクニカルSEOについて詳しく知りたい方向け】内部SEO対策とは?の疑問を全て解決!初心者でもわかりやすく対策手順を図解。

コンテンツSEOで成果がでるまでの期間

SEO対策は、マーケティングにおいて非常に費用対効果が高い施策です。自社サイト状況と競合サイトを正しく把握比較をすることで、どれくらいの期間でどれくらいの効果を期待できるのかを予測することもできます。

上記画像は、弊社の1年間のトラフィックデータです。検索流入とキーワード順位の推移のデータで、オーガニックキーワードは1~10位までを示しています。キーワードで上位表示されると、それに比例して検索流入が増えてきます。

以下は検索順位毎の平均クリック率になります。対策キーワードの平均月間検索ボリュームにクリック率をかけると想定流入数をざっくりと把握、シュミレーションすることが可能です。

適切にSEO対策を実施すれば、問い合わせを安定的に獲得できますが、獲得までに早くて半年から1年ほど必要なことがデメリットとなります。

リスティング広告との違い

SEO、リスティング広告の成果比較

SEOを活用したコンテンツマーケティングでは、効果を実感するまでに時間がかかることを理解する必要があります。SEOは、長期的な視点での成果を狙う戦略です。一方で、リスティング広告は、訪問者の流入やコンバージョン(CV)の増加をすぐに期待できる即効性の高い手段です。

SEOで目に見える成果が出るまでの時間を、リスティング広告によって補うことができます。この方法により、短期間での成果はもちろん、中長期的な成果も狙うことが可能になります。短期的には広告で流入を促進し、中長期的にはSEOによる自然な流入を増やすことで、バランスの取れた効果的なマーケティング戦略を構築できます。

SEO(検索エンジン最適化)とリスティング広告(検索連動型広告)の特性やメリット、そして注意すべきデメリットを知りたい方は、SEOとリスティング広告の違いと特徴メリット・デメリットを解説をご覧ください。

コンテンツSEOで成果がでやすい状況とは

以下の条件にあてはまるほど、コンテンツSEOはより効果的になり、検索エンジンによる高いランキングや、ターゲットオーディエンスからの良好な反応が期待できます。

1.自社サイトのドメインパワーが強い

Googleの掲げる10の事実

まずドメインパワーとは、サイトドメインへのGoogleからの評価(信頼度)を100点満点で数値化したものです。ドメインパワーはGoogleが公式に計測している数値ではありませんが、SEOツール開発会社がドメインのパワー(Googleからの信頼度)を数値化するツールを開発たことでドメインパワーという概念が生まれました。

ドメインパワーが高いほど、順位が上がりやすいため、ドメインパワーが高いサイトに記事を上げると早くて数週間で1ページ目に表示されるケースもあります。

そのため、ドメインパワーの高いサイトを保有している企業はSEO的に有利と言えます。

ドメインパワー概要、ドメインパワーが及ぼすSEO効果とドメインパワー向上させる方法について詳しく知りたい方は「ドメインパワーが検索順位に与える影響とSEO効果について解説します」をご覧ください。

関連記事:被リンクとは?獲得方法17選効果のあるリンクの基準について解説

2.競合が少ないニッチ分野

SEOで競合が少ないニッチ分野が成果を出しやすい理由は、大きく以下の3つです。

低い競争率:競合が少ない分野では、特定のキーワードやトピックで上位にランクするのが比較的容易です。少ない競合は、検索結果での目立ちやすさを意味します。

ターゲットされたオーディエンス:ニッチな分野では、特定の興味やニーズを持つ狭いオーディエンスに焦点を当てることができます。このようなオーディエンスは、関連するコンテンツに対してより高い関与を示す傾向があります。

専門性と信頼性:ニッチ分野では、専門知識を示すことで、その分野における権威として認識されやすくなります。これは、信頼性と信用を高め、ユーザーエンゲージメントとコンバージョンに好影響を与えます。

これらの理由により、競合が少ないニッチ分野では、効率的かつ効果的にSEO成果を上げることが可能になります。

3.競合サイトがSEO的に弱い

SEO対策は相対的に順位が決まるため、対策キーワードで上位表示されているサイトのSEO的強さがSEOで成果をだせるかどうかにおいてかなり重要となります。

SEO的に強いか弱いかは以下2つで大凡の判断をつけることが可能です。

・ドメインパワーを比較する

自社のドメインパワーと、狙っている検索キーワードの競合のドメインパワーを比較する。
著しく劣っている場合は、高品質なコンテンツを作成しても上位表示が難しいです。

・コンテンツ量を比較する

狙っている検索KWのテーマで競合がどの程度コンテンツを製作しているか確認をする。新たにコンテンツSEOを取り組む際は、少量のコンテンツでも上位表示可能なKWを選びます。

SEOツールで自社、競合サイト調査比較をして効率よく検索順位を上げる手順を詳しく知りたい方は「検索順位を上げるために必要なSEO対策方法。Google順位決定のロジックとは?」をご参考ください。

4.サイトで取り扱う商材単価が高い

高単価商品の場合、少数の成功が全体の売上に大きな影響を与えるため、SEOによるリード獲得やコンバージョンの少しの改善でも大きな成果につながります。

また高単価商品は通常、高い利益マージンを持っています。これは、SEOに投資するための予算がより多く確保できることを意味し、長期的なSEO戦略の実施に有利となります。

5.対策で狙える検索キーワード数(ボリューム)が多い

対策で狙える検索キーワードが多いと、異なるニーズや興味を持つ広範なオーディエンスにリーチすることが可能になります。これにより、サイトの訪問者層が広がり、より多くの潜在顧客にアプローチできます。

また一つのキーワードや少数のキーワードに依存すると、検索アルゴリズムの変更や競合の動向によって大きな影響を受けるリスクがありますが、多様なキーワードを狙うことで、このようなリスクを分散し、安定したトラフィックを確保できます。

コンテンツSEOで成果を出しにくい状況とは

1.対策しているキーワード(扱っているジャンル)がバラバラ

動画制作や車買取やダイエットなど、一つのサイトで違うテーマを扱うとGoogleから専門性が評価されずSEOでのGoogleからの評価を獲得することができません。

一つのテーマに絞ると情報を網羅しやすくなるため、結果としてGoogleからのサイト評価が高まり上位表示できます。

2.YMYLジャンルに該当している

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、「お金と人生」に関わるジャンルです。

Googleとしても間違った情報や悪意のあるサイトを上位表示してしまうと、大きな悪い影響が及ぶためユーザーの健康や人生に悪い影響を与えてしまう可能性があるジャンルは公的機関サイトや専門家監修ページしか上位表示されないため注意が必要です。

●医療に関するページ
●お金に関するページ
●法律に関するページ
●重要なニュース記事や公的情報ページなど

メディアとして上位表示が難しいジャンル

●カードローン
●保険
●脱毛
●ダイエット
●美容
●債務整理 など

3.競合サイトが強すぎる

狙っているジャンルやサービスの検索キーワードで上位表示されているサイトとドメインパワーやページ数など大きく負けている場合、対策キーワードを検索ボリュームが低く競合が弱いキーワードに変更するか、ジャンルを変更するなどの対処をする必要があるかもしれません。

4.コンテンツが質<量になってる

Google検索セントラル:「有用で信頼性の高い、ユーザー第一のコンテンツの作成」参照

独自性のない情報が薄い品質が低いページや記事でサイトが網羅されていても、現在のアルゴリズムではサイト評価はされません。

質の低いページや記事を量産するのではなく、良質なコンテンツの制作に注力することで、徐々に上位表示されるコンテンツページが増えてきます。

量<<<<<<<質が大切です

リードナインではSEOにおいて質の高いコンテンツとは、網羅性と専門性(独自性)を併せ持つコンテンツだと定義します。

コンテンツの品質のチェック方法として

実際の狙っているキーワードで検索結果1ページ目の表示サイトの以下項目を全て確認し、上位表示しているライバルコンテンツと自社コンテンツ情報の質乖離具合を確認することをオススメします。

コンテンツSEOのメリット

市場やニーズから逆算してターゲットの集客ができる

例えば企業向けにSEOサービスを提供している会社が、ターゲットユーザーのニーズを逆算する際のイメージは以下となります。

・企業がSEO会社に依頼する前に知っておくといいことってなんだろう
・SEO会社に依頼した時の費用の相場っていったいどれくらいなんだろう
・SEOサービスの選び方のポイントってなんだろう

ニーズから逆算して利用につながるユーザーが検索しうるキーワードを考え、
ユーザーの知りたいことを的確に解決できるコンテンツを作ることでアクセスだけでなく問い合わせも獲得することができます。

コンテンツSEOでは潜在層・顕在層との接点を作ることができる

顕在層に対しては、ユーザーがすでに認識している問題に対する具体的な解決策や情報を提供することにより、そのニーズを直接的に満たします。一方、潜在層に対しては、ユーザーがまだ完全には認識していないニーズや問題に対して教育的なコンテンツを提供し、関心や意識を高めることで、将来的なニーズが顕在化した際の選択肢として記憶されます。

このように、コンテンツSEOはユーザーの購買旅行の異なる段階において関与し、信頼と関係を築くための効果的な手段となります。

マーケティング資産として蓄積することができる

リスティング広告などのWeb広告は、運用に応じて流入を獲得できますが、広告は運用停止に応じて流入もストップします。

一方で、コンテンツマーケティングは対策直後こそ多くの流入は獲得できませんが、中長期的に効果が持続するため、顧客獲得単価の費用を抑えることが可能になります。

SEOは継続的に流入を獲得できる対策方法です。中長期的に獲得コストが低下してくため、資産価値の高い集客方法となっています。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEO対策を実施する際のデメリットや注意点をいくつか挙げます。ただし、これらのデメリットは適切な管理と戦略で最小限に抑えることが可能です。

リソースの必要性

効果的なコンテンツSEOは専門知識、時間、場合によっては財政的な投資を必要とします。小規模な企業やリソースに限りがある組織にとっては、これが課題になる場合があります。
これらのデメリットは、戦略的な計画と実施、コンテンツの質への注力、そしてSEOトレンドの定期的な監視と適応によって最小限に抑えることが可能です。

SEOの成果は即時には現れません。コンテンツの作成、最適化、アップデートにはかなりの時間と労力が必要です。長期間にわたる努力が必要であり、短期的な成果を期待する場合は不向きです。

コンテンツの質と関連性の維持

高品質でユーザーにとって価値のあるコンテンツを継続的に提供する必要があります。
コンテンツの質が落ちると、検索エンジンのランキングが低下するリスクがあります。

SEOトレンドの変化への対応

検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に変更されます。そのため、最新のSEOトレンドに常に対応する必要があります。古い方法に頼ると、効果が薄れる可能性があります。

コンテンツの過剰生産

SEOのために大量のコンテンツを生産することは、質より量に重きを置くことにつながり、結果としてユーザーエクスペリエンスを損なう可能性があります。

コンテンツSEOを取り組む上で大切なこと

コンテンツSEOで成果を出すために、大切なことは多くあります。

以下にここだけは必ず押さえておく必要のあるポイントをまとめましたのでぜひご参考ください。

本当にコンテンツSEO(記事作成)をする必要があるかを考える

検索キーワードによってはユーザが記事を求めていないことがあります。ユーザが記事コンテンツを求めていない場合は、記事を制作しても検索順位を上げれる見込みは少ないです。つまり、検索結果面の1ページに表示されているサイトに記事コンテンツページが存在しているかどうかを記事を書く前の確認する必要があります。

また地域性の強いサービスの場合、記事よりも「サービス名×地域名」で上位表示を達成することの方が問い合わせ獲得までの期間が早く、難易度も低めです。そのため、商圏が全国かつ問い合わせ数を多く検索から獲得したい場合に、記事作成を検討することをお勧めします。

コンテンツSEOで達成する目標と期間を設定する

明確な目標はSEO戦略を計画し、実行する際の指針となります。これにより、リソースの配分や努力の方向性を適切に決定できます。また達成期間を設定することで、進捗状況を定期的に測定し、必要に応じて戦略を調整できます。

そしてSEOは即効性が低いため、現実的な期間と目標設定により、非現実的な期待からくる失望を避けることができます。

シュミレーション手順

以下手順で事前シミュレーションを行うことで、コンテンツSEOの取り組みをより効果的に進めることができます。また、現実的な目標を設定し、定期的に進捗を評価することで、必要に応じて戦略を調整し、成功へと導くことが可能になります。

  1. 市場と競合の分析
    • 業界の検索ボリューム、競合他社のSEO戦略、ランキングキーワードなどを調査します。
  2. 現状の分析
    • 現在のサイトのSEO状態、トラフィック、コンバージョン率などを分析します。
  3. 目標キーワードの選定と潜在トラフィックの推定
    • 目標とするキーワードを選定し、それらの検索ボリュームや競合状況を分析します。
    • 潜在的なトラフィックとそのコンバージョン率を予測します。
  4. コンテンツ戦略の策定
    • 目標達成に必要なコンテンツタイプ、量、頻度を決定します。
  5. KPIの設定
    • トラフィック、ランキング、問い合わせ数、コンバージョン率などのKPIを設定します。
  6. 期間とリソースの見積もり
    • 目標達成に必要な期間とリソース(人的、財務的)を見積もります。
  7. 進捗の追跡と評価
    • 設定したKPIをもとに、定期的に進捗を追跡し、計画の見直しを行います。

良品質コンテンツをつくりだす体制

品質の高い記事を作成できることて上位表示を達成しても、記事を継続的に作り出す体制がなければ事業としては成り立ちません。

そのため、いかに上位表示できる記事を量産できる仕組み、体制を構築できるかが中長期的にコンテンツSEOを成功できるかどうかの鍵となります。

SEO専門知識や業界知識が必要な構成や原案は、コアパートになるためリソースをかけてライティングをツールやライターに依頼する流れがお勧めです。

関連記事:BtoBオウンドメディアの成功事例20選!運営方法、手順を解説

SEOツールの活用

詳しいツールの紹介は後述しますが、コンテンツSEOに取り組むにあたりツールの活用は必須です。SEOツールの活用はコンテンツSEOの効果を高め、戦略的な意思決定をサポートする上で非常に重要です。

効率的なキーワードリサーチ:

SEOツールは、関連キーワードの発見、検索ボリュームの確認、競合分析などを迅速かつ効率的に行うのに役立ちます。

パフォーマンスの追跡と分析:

トラフィック、ランキング、エンゲージメントなど、コンテンツのパフォーマンスを正確に追跡し、改善点を見つけるのに必要です。

SEOの最適化:

メタデータ、サイト構造、内部リンクなど、技術的SEOの側面を分析し、最適化するのに役立ちます。

競合の監視:

競合他社のSEO戦略を理解し、市場での自社の位置づけを知るために重要です。

対策キーワードの選定

SEOキーワードの選定は、SEO対策の成功を左右するほど重要な工程です。
キーワード選びで失敗すると、上位表示ができなかったり、仮に上位表示してアクセス数が増えても問い合わせが増えません。

キーワード選びの基準は以下4つの総合的判断で決定します。

・貴社ターゲットとキーワードの親和性
・検索ボリューム
・CPC価値
・上位表示可能性

SEO記事で狙う対策キーワードの選定は、SEO対策の成功を左右するほど重要な工程です。競合サイトに効率よく検索上位表示させるためのキーワード選定する基準と実際の選定の手順を詳しく知りたい方は「SEOキーワード選定のやり方(コツ)初心者でも1から実践できる選び方手順をお伝えしますをご覧ください。

SEO対策キーワードの入れ方

人間で言うと見出しや段落に当たるものが、Googleでいうとhタグなので階層分けをしてページ構成内容をきちんと伝えるようにタグ設定しましょう。

h1タグはページを表す大見出しなので各ページ1個

h2タグは中見出しで段落にあたるため1ページに複数個

h3タグは段落毎の小見出しのイメージでh2タグに対して複数個のようなイメージです。

弊社では、タイトルタグを本や小説のタイトルと同等のものとしてとらえています。

タイトル次第で、ユーザーがアクセスするかどうかが決まり、CTRも変動します。

タイトルタグ以外にも、hタグ(見出しタグ)内部リンクSEOライティングも重要なので、それぞれ戦略的におこなうことが大切です。

記事内重要タグへ対策キーワードの入れ方を詳しく知りたい方は「上位表示させるSEOキーワードの入れ方コツを公開」をご覧ください。

CV地点の設定

サイトを訪れているユーザーの中にはサービスに興味があっても

「お問い合わせすると商談になるんじゃなか・・?」

「ただサービスについて詳しく知りたいだけなのでお問い合わせほどではない・・」

など問い合わせをすることに心理的抵抗を感じるユーザーもいます。

そのため問い合わせの種類を見積もり依頼や商品購入だけでなく、資料ダウンロードや無料体験など少し興味があるユーザーでも気軽にアクションを起こしてもらえるようなポイントを複数サイトに設定します。

コンバージョン率計算方法、業界平均CVRやCVR改善方法を知りたい方はこちら【関連記事】CVR(コンバージョン率)とは?計算方法や業界平均CVR、改善方法4つ解説します。

流入コンテンツ記事とCV獲得コンテンツ記事の理解

サービスのターゲットを想定し、顕在キーワードとポテンシャルの低いキーワードの区別をつけます。
CVを直接獲得するCV記事と流入目的の記事をしっかり意識的に分けて作成します。

その上で、記事やサービスページ、事例ページを上手に内部リンクで繋いでセッションからの問い合わせを最大化させることが重要です。

ロングテールとビッグキーワード

SEO記事を作成するための対策キーワード選びで重要なことは、いきなりビッグキーワードで上位表示を狙う場合は単一のページで上位表示を狙うのではなく、ビッグキーワードに関連するミドルキーワードやロングテールキーワードでのコンテンツ作成をおこないます。ミドルキーワードやロングテールキーワードの記事でサイト内の情報を充実させることで、将来的な検索ボリューム数が多く上位表示の難しいビッグキーワードでの上位表示を目指します。

月間検索ボリューム1万回以上のキーワードを業界用語で「ビックワード」月間検索ボリューム1000〜1万回以上キーワードを「ミドルキーワード」月間検索ボリューム1000未満のキーワード「ロングテールキーワード」

コンテンツSEOで継続的に実施が必要なこと

リライトを実施する

●内容が上位表示の記事内容と代わり映えしないか確認する
●上位サイトと文字数を比較して足りてない場合文字数を見直す
●共起語を的確に使う
●クリックしたくなるようなタイトル・メタディスクリプションにする
●深い悩みと解決方法を突き詰める
●専門的でユニークなトピックの内容を追加する
●潜在的ニーズを対策する

リライト効果の高い記事の選び方やGoogleとユーザーに評価されるためのリライト方法、リライトをする最適なタイミング時期を知りたい方は「SEOリライトとは?効果を最大化する記事選び方とタイミングとは?」をご覧ください。

関連記事:SEO評価の高いタイトル付け方【完全版】文字数と設定手順を解説

内部対策を定期的に実施する

●タイトル・メタディスクリプションのキーワード変更
●hタグの内容見直し
●内部リンクの構築を見直す
重複コンテンツカニバリチェック
●トピックの関連記事を増やす

【内部SEO対策について詳しく知りたい方向け】内部SEO対策とは?の疑問を全て解決!初心者でもわかりやすく対策手順を図解。

SEO効果のある内部リンク設定方法を知りたい方は「内部リンクとは?SEO効果の高い内部リンク対策」をご覧ください。

事例コンテンツページを更新する

事例や実績はサービスや製品の有効性を実際の成果を通して示すことで、訪問者の信頼を得やすくなります。またSEOの観点からも成功事例や実績は訪問者の関心を引き、サイト上での滞在時間を増やすことにつながります。

事例や実績ページは他社との差別化を図り、独自の強みや専門性を強調して問い合わせを獲得するためにも、コンテンツSEOにおいて重要な施策となります。

ホワイトペーパーを作成、設置する

コンテンツSEO対策でホワイトペーパーを作成することは、
ウェブサイトからリードを獲得する上でも非常に効果的です。

ホワイトペーパーは、特定の問題や業界に関して深い洞察と詳細な情報を提供するため、訪問者にとって高い価値があります。この情報価値は、読者がホワイトペーパーをダウンロードするために連絡先情報などを提供する動機となります。つまり、ホワイトペーパーの設置は質の高いリード獲得のための有効な手段となります。

コンテンツSEOで活用できるおすすめツール

【無料】コンテンツSEOで活用できる優良ツール

関連キーワードチェック、キーワードボリューム調査Googleキーワードプランナー

対策キーワードに関連するキーワード、共起語を調査ラッコツール

文字カウントチェックラッコ文字カウント

ドメインパワー計測パワーランクチェック

ライティングチャットGPT

【有料】コンテンツSEOで活用できる優良ツール

ahrefs 

ahrefs

「hrefs(エイチレフス)」は世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。 自社サイトだけでなくあらゆる競合サイトの被リンク分析(バックリンク)や検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応を把握することが可能です。SEO担当者使用率が高いとても優良ツールです。

URL:(https://ahrefs.jp/

SEMRUSH 

「SEMRUSH」は、SEO会社が使用するツールでAhrefsと人気を二分する海外のSEO分析ツールです。月額費用は$ 119.95/月とAhrefsと大きな差はありません。Ahrefsと比較すると、順位計測やキーワード調査など日本人が見やすいUIデザインのため、海外製ツールに抵抗がある方でもストレスを感じにくい設計です。

URL:(https://semrush.jp/

コンテンツSEO事例

ここでは当社がご支援させて頂いたBtoBマーケティングの成功事例を3社様の事例を紹介します。

  • SEO対策やCV動線の改善により受注数が2倍に
  • SEO対策開始4ヵ月で資料のダウンロード数が30倍に
  • リスティング広告の運用で資料ダウンロードが月50件

SEO対策で開始約1年半で検索経由リード数30件/月に

SEO対策やサイトCVRの改善により受注数が2倍に

Web制作事業を営むOKデザイン株式会社様の事例です。OKデザイン株式会社様は「Webからの商談数を増やしたい」と考えていたものの、「SEO対策や広告、その他集客方法も含めて何が正解かわからない」といった問題を抱えていました。

そこで、まずは要件の定義とゴールとなる数字を設定し、目標達成までの道筋がイメージできるようにしました。次に、定期的に効果を計測し、問い合わせ数やアポイント率、商談率、受注率を算出して、チャネル別の費用対効果がわかるようにしました。

その後、具体的なSEO対策とホワイトペーパーの設置をおこない、CV導線を改善。結果的に、6ヵ月の取り組みで月間の問い合わせ数が4倍、受注数が2倍になりました。詳しいお客様インタビューはこちらをご覧ください。

SEO対策開始後3ヶ月程で、検索経由問い合わせ数3倍に

問い合わせ数は導線改善とホワイトペーパー設置で問い合わせ率が上がったことで対策開始後3ヶ月程で、検索経由から0件だったのが、2〜3件程に増えました。詳しいお客様インタビューはこちらをご覧ください。

SEO対策会社へ依頼をご検討の方へ

SEO対策でも特に記事作成を外注する際に、
SEO業者を選ぶポイントは以下になります。

自社サイトのSEO対策実績

どのSEO会社も会社紹介や提案時に必ずと言っていいほどお客様実績の順位を紹介します。もちろんお客様実績も大切ですが、SEO会社の実力をフラットに判断するためには、SEO会社自身のサイトSEO実績を見ることです。

理由は、同じ条件下で検索順位を競い合っているためごまかしがきかずイーブンにその会社のSEO実力がわかるからです。

コンテンツ記事作成体制

どのように記事を作成しているかも大切です。

SEO会社によって、記事作成方法は様々です。

例えば、優秀なライターネットワークがあるや自社ツールを使って作成、社内スタッフが作成などがあります。どの方法がいい悪いはないのですが、以下2つの基準を満たせるかどうかで良し悪しを判断してください。

① その会社の作成方法で順位が上がりそうか

② その会社の選ぶキーワードや記事内容で問い合わせを獲得できそうか

見込める成果に対して、見積もりが割に合うか

見積り金額の妥当性も大切です。

基本的には大手になればなるほど、金額が上がりますが提案する成果予想数字に対して、提示する見積り金額に割に合うか、費用対効果が合うかどうかを考えて判断する必要があります。

SEO対策はサービスの特性上、結果を保証することができないですが、それでもある程度の成果数字や費用対効果を提示できない提案は仮にお願いしても結果にコミットしてくれない可能性が高いです。

狙うキーワードの具体性と優先順位

SEO対策において、狙うキーワードの具体性と優先順位が重要である理由は、これらがウェブサイトの効果的なターゲット設定、競争の軽減、およびコンバージョン率の向上に直接的に影響するからです。

顕在的なキーワードは特定の製品やサービスに興味を持つユーザーを引き付けるため、
ユーザーが実際のアクションを取る可能性が高くなります。これにより、ウェブサイトのコンバージョン率が向上します。

加えて、キーワードの優先順位を設定することで、SEOのリソースを最も反響の得やすい領域に集中させることができます。結果、SEO戦略全体の効率が向上し、最終的にはより高い成果を達成することが可能になります。

今後SEO業者への外注依頼をご検討されている方は、SEO業者への依頼後で失敗しないために必要な「業界予備知識」と「業者選定方法」を詰め込んだSEO業者への依頼で失敗しないために必ず見て欲しい「予備知識」と「業者選定方法」をご覧ください。

SEO対策外注の費用相場や、対策毎の平均費用感を詳しく知りたい方は、SEO対策にかかる費用【まとめ完全版】外注料金相場と業者選定ポイントを徹底解説をご覧ください。