重複コンテンツとは?SEOへの影響とGoogleペナルティ基準を解説

重複コンテンツは、サイト内のコンテンツ同士や外部サイトとのコンテンツが重複しているものを指します。

サイト内に重複コンテンツがあると、カニバリゼーションを起こしたり、検索結果からコンテンツが除外されたりと、SEOにおいてデメリットが非常に大きいです。

そのため、SEO対策用の記事を多く執筆する場合は、重複コンテンツに気を付ける必要があります。

今回は、重複コンテンツがSEOに及ぼす影響やチェック方法、具体的な対策について紹介するので、それぞれ参考にしてください。

関連記事:SEO内部対策とは?『施策重要度』と『効果』を一覧で解説

重複コンテンツとは?定義を紹介

重複コンテンツとは、同じサイト内あるいは外部サイトに、類似するコンテンツがある状態のことです。

2つのパターンを、それぞれ図解したので以下を参考にしてください。

まず、サイト内部に重複するコンテンツがあるケース。

コンテンツを作成する際に、キーワード選定を誤ってしまい、結果として重複コンテンツになってしまうことはよくあります。

例えば、「SEO 費用」と「SEO 料金」というキーワードがあるとします。

この場合、見出しを変更したところで、説明する内容は同じです。

これらのキーワードで、それぞれ別の記事を執筆した場合、重複コンテンツとしてみなされるケースが高いです。

また、ECサイトや商品紹介などで定型文を使用した記事を執筆する場合も、重複コンテンツになる可能性があります。

SEOを意識して作成していないなら、noindexの設定をしてもかまいません。

次に、外部サイトと自社サイトが類似しているケース。

完全にオリジナルで執筆したとしても、ニュアンスなどが似ている場合は、コピー判定を受ける可能性があります。

現在のGoogleでは、基本的に先にインデックスされている記事を優先する傾向にあるため、記事を新しく執筆する場合は、外部サイトと重複しないように気を付けましょう。

関連記事:【2024年最新】SEO対策とは?上位表示させるやり方を解説

Googleが重複コンテンツだと判断する基準

Googleが重複コンテンツだと判断する基準は、以下のとおりです。

【Googleが重複コンテンツだと判断する基準】

  • メディア内のコンテンツが重複している
  • 外部サイトのコンテンツと重複している

重複コンテンツを作成しないためにも、それぞれ意識することが大切です。

メディア内のコンテンツが重複している

メディア内のコンテンツが重複していると、重複コンテンツと判断されます。

多くの場合、類似しているキーワードを執筆した際に判定を受けることが多く、執筆する際は注意しなければなりません。

先ほど、「SEO 費用」「SEO 料金」というキーワードを例に紹介しましたが、キーワードは類似しなくても、内容が似るキーワードがあります。

例えば、トピッククラスターとしての役割がある記事。

SEOで言うなら、「SEO単一」「SEO対策」のキーワードがあげられます。

これらのキーワードでは、SEOの複合的な内容について執筆すると思いますが、各見出しから「SEO費用」「SEOコツ」などのキーワードの記事に内部リンクを飛ばします。

この際、誤った記事の書き方をしてしまうと、重複コンテンツの判定を受けて、トピッククラスター記事と新しく執筆した記事の評価が下がるわけです。

そのため、記事を執筆する際は、内部リンク先のことも考えながら執筆しなければなりません。

外部サイトのコンテンツと重複している

SEOは、先に公開されているコンテンツを優遇する傾向にあります。

例えば、一切記事が書かれていないキーワードで執筆した場合、弊社では以下のような検証結果になりました。

競合が少なければ、基本的には上位を独占できます。

しかし、ドメインランクが強い競合が執筆した場合は、内容に関わらず順位が変動するようなイメージです。

重複コンテンツに関しては、基本的にはインデックスされた順番で優遇されます。

仮に、執筆した記事が公開された後に、別のメディアと内容が似ていた場合は、後発の記事が重複コンテンツになります。

そのため、新しい記事を執筆する場合で、競合がすでに記事を執筆しているなら、重複コンテンツに気を付けなければなりません。

また、これはリライトでも同様です。

既存記事に新しい内容を追加する際、競合サイトを参考に見出しを作ると、内容が似ることがあります。

せっかく上位を獲得していても、リライト箇所が重複コンテンツと判断されたら、評価も下がるため注意しなければなりません。

関連記事:コンテンツSEOの極意とは検索順位とCV数を向上させる戦略伝授

重複コンテンツはSEOに対してどう影響する?

重複コンテンツは、SEOに対して非常に悪影響を及ぼします。

具体的には、以下のとおりです。

【重複コンテンツがSEOに対して及ぼす影響】

  • コンテンツに対する評価が分散する
  • アクセスが分散する
  • ペナルティを受ける
  • 検索上位に表示されない
  • サイトに訪れたユーザーへの信頼性の低下

重複コンテンツを放置すると、サイト全体の評価も下がってしまうため注意が必要です。

昨今のSEOでは、信頼性や独自性が求められていることを考えると、よりオリジナリティがある記事を執筆しなければなりません。

コンテンツに対する評価が分散する

SEOでは、Googleが記事やメディアをクロールして評価をしています。

適切なサイトだと判断されれば上位を獲得できますし、逆も然りです。

同じ内容の記事が二つ存在する状態でクロールされると、それぞれを比較して評価します。

順位を上げたい記事が評価されないことがあるほか、場合によってはどちらの記事の評価も下がる可能性もゼロではありません。

また、外部リンクを獲得できる記事の場合、リンクが分散する恐れがあります。

一つのリンクに集約するとSEOとしての効果は絶大ですが、重複コンテンツによって分散されると、評価にバラつきが出てしまいます。

それだけならまだしも、評価されずにインデックスされないようなことも考えられるため、SEOにおいてはデメリットしかありません。

関連記事:SEOのキーワードカニバリゼーションとは?解消方法とおすすめツール3選

アクセスが分散する

重複コンテンツを作成すると、Googleからの評価だけではなく、アクセスも分散してしまいます。

結果としてサイト流入につながっているため、問題ないと判断する人も少なくありません。

集客だけが目的ならそれでもよいですが、CVにつながるような記事の場合は、内容によって大きく左右されます。

場合によっては、内容が充実していない記事が上位に行き、CVにつなげたい記事の順位がつかないようなこともあります。

このことを避ける意味でも、一つの記事にまとめたほうがよいです。

ドメインを残した状態で、記事の内容をそのまま入れ替える手法もあるので、現時点でできる対策をすることが大切です。

関連記事:【競合他社】サイトのアクセス数・PV数を調べる方法

ペナルティを受ける

重複コンテンツは、ペナルティを受ける可能性が非常に高いです。

ペナルティにはさまざまなものがありますが、影響を受けると順位が大幅に下落します。

場合によっては、インデックスが解除されてしまい、検索結果に表示されないことも…。

記事を書いても、意図せず重複コンテンツと認識されているものもあります。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【重複コンテンツに該当しやすい記事やパターン】

  • 記事が多く入っており執筆者が同一:ニュアンスや文章の癖で重複コンテンツになる
  • 上位サイトを参考に構成を作った:意図せず執筆しても内容が重複している場合がある

完全オリジナルで執筆をしても、コピペチェックをしたら、重複が多かったというケースはよくあることです。

そのため、記事を作成する際は、内容が重複していないかを一度確認したうえで公開しましょう。

補足:ペナルティを実際に受けるケース

Googleのガイドラインには、複製された重複コンテンツでペナルティがかかるケースが公開されていました。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

参考:Google検索セントラルをもとに作成

主に抵触するのは、外部サイトの複製です。

無断でコピーして掲載したものは、ペナルティがかかり、検索結果にも表示されないので注意が必要です。

また、意図せず重複コンテンツと判断された場合でも、ペナルティがかかります。

【意図せずペナルティがかかる例】

  • PC用コンテンツとスマートフォン用コンテンツで分けて作成した記事
  • ECサイトの商品ページ

サイトを作成するうえで生まれた重複コンテンツは、SEOと関係ない場合noindex設定をしてもかまいません。

ただ、現代のSEOは昔ほどコピーコンテンツに対して敏感ではありません。

露骨に外部サイトをコピーしただけのコンテンツはNGですが、コピペ率が高くても上がる記事は上がる印象です。

とはいえ、重複コンテンツはサイト全体にマイナス評価を与えることは明確なので、ペナルティに抵触しないようにしましょう。

検索上位に表示されない

重複コンテンツと判別されると、検索上位に表示されなくなります。

重複している内容にもよりますが、上位サイトを参考にして作成しただけのようなサイトは、ほぼ間違いなく上位にはいきません。

たとえそれがコピーコンテンツではなくても、上位表示は難しいでしょう。

Googleが、重複コンテンツに対して厳しい処罰を下しているのは、利用するユーザーが快適に利用できるようにするためです。

例えば、コピーした記事がそのまま検索上位にいくようなことがあれば、適切な情報を得たいユーザーにとって大きなデメリットになります。

そのため、Googleは適切な情報を提供している順番に、上位表示しているわけです。

自社メディアでの重複コンテンツ、外部サイトと類似したコンテンツなど、記事を作成する際は注意が必要です。

関連記事:Google検索順位を上げるための評価基準のポイントを解説

サイトに訪れたユーザーへの信頼性の低下

重複コンテンツは、SEOだけではなくサイトに流入したユーザーにとっても悪影響を及ぼします。

タイトルやニュアンスだけを変えて、コンテンツを量産した場合、重複コンテンツと判断される可能性が高いです。

ユーザーがそのようなサイトにアクセスした場合、どの記事を見ても同じような内容ばかりの記事で、悩みを解決できません。

そうなると、ユーザーからの信頼性は低下し、滞在時間も短くなります。

サイトへの遷移や滞在時間は、Googleの評価基準の一つなので、重要視したいところです。

しかし、重複コンテンツを意図して作成すると、メディアへの信頼性は大きく下がります。

結果として、サイト全体に悪影響を及ぼすため注意が必要です。

重複コンテンツのチェック方法

重複コンテンツかどうかチェックする場合、以下の方法があります。

【重複コンテンツのチェック方法】

  • サーチコンソールで確かめる
  • コピペチェックツールで確かめる

いずれも、作成したコンテンツが重複しているかどうかを確認できるため、気になる人は参考にしてください。

サーチコンソールで確かめる

サーチコンソールを使用すれば、重複コンテンツの判別ができます。

【サーチコンソールで確かめる手順】

  1. 左側のメニューから「セキュリティと手動による対策」をクリック
  2. 手動による対策をクリック
  3. ペナルティが出てきた場合は対応する

サーチコンソールでは、重複コンテンツだと判断したページを、問題として検出します。

問題が検出されれば、該当箇所を修正してペナルティを解除しましょう。

しかし、サーチコンソールで表示されるのは、問題があるURLの表示のみ。

そのため、なぜ重複コンテンツとして該当したかの原因は、自分で調べなければなりません。

チェックツールや、コンテンツを見直すなどして対応することが大切です。

コピペチェックツールで確かめる

重複コンテンツは、自分の記事が先にインデックスされていたとしても、ペナルティを受けることがあります。

その多くは、スパムサイトのスクレイピングやコピーによって受けたものです。

そのようなサイトは、コピペチェックツールで判別できます。

コピペチェックツールは、無料版と有料版があります。

無料版は一部機能に制限がありますが、十分チェック可能です。

ツールでは、以下のようなことが確認できます。

【コピペチェックツールで確認できること】

  • 判定文章一致率:文章が一致しているかどうかを確かめる
  • 判定文章類似率:類似性があるかどうかを確かめる

それぞれ使用することで、重複している箇所がわかります。

数値が高ければ高いほど、コピーコンテンツということになるため、早急に対応することが大切です。

重複コンテンツに対する具体的な対策

仮に、サーチコンソールやコピペチェックツールなどで重複コンテンツが見つかったとします。

重複コンテンツを放置すると、サイト全体の評価が低下するため、早急に対応しましょう。

具体的にできる対策は、以下のとおりです。

【重複コンテンツに対する具体的な対策】

  • canonicalの設定
  • 301リダイレクトの使用
  • 内部リンクを統一する
  • キーワード選定をして類似コンテンツを省く
  • ドメインパワーだけ残してリライトする

すぐにできる対策もあるので、至急対応が必要ない人の参考になれば幸いです。

canonicalの設定

自社サイト内で、重複コンテンツがある場合は、canonicalの使用をおすすめします。

Googleのガイドラインでも推奨されている対策であり、以下のようなケースで使用します。

【canonicalを使用するケース】

  • URLは異なるが同じデザイン・内容のページ(例:パソコン・スマホ用のサイト)
  • ECサイトの商品ページ

この場合、canonicalタグを設定しましょう。

htmlにタグを追加することによって、GoogleがURLを優先して認識するようになります。

Googleの公式ガイドラインにて設定方法が掲載されているので、手順を知りたい人はこちらを参考にしてください。

補足:noindxの設定には要注意

重複コンテンツが見つかった場合、noindex設定をする人も少なくありません。

WordPressにてコンテンツを作成している場合は、ボタン一つで設定が可能です。

もちろん、noindex設定も対応の一つですが、設定する際は慎重におこないましょう。

まず、noindex設定は、設定している限りは検索結果に表示されません。

しかし、再度インデックスさせたいと思って、noindexを外したところで、同じ順位に戻るわけではありません。

それにタグを設定してから再度インデックスされるまでには、時間がかかります。

弊社でも検証しましたが、noindex設定をして再度インデックスされるまでに、2~3週間程度はかかりました。

そのため、重複コンテンツだからと言って、即noindex設定をすることは控えましょう。

設定する際は、本当に検索結果に必要ないかどうかで判断することが大切です。

301リダイレクトの使用

Googleから推奨されている方法ですが、自社メディアに重複コンテンツがある場合、リダイレクトをかけることも方法の一つ。

検索セントラルでは、以下のように書かれていました。

“すべてのリダイレクト方法(301 および 302 リダイレクト、meta-refresh、JavaScript リダイレクト)は、Google 検索に対して同じ効果がありますが、検索エンジンがリダイレクトを認識するまでの時間はそれぞれ異なります。

最も早く効果が現れるのは、3xx HTTP リダイレクト(サーバーサイド リダイレクトとも呼ばれる)を使用した場合です。

引用:Google検索セントラル

リダイレクトにも種類があり、現状では301・302が推奨されています。

リダイレクトを使用する場合は、URLが共通している場合に使用します。

  • https://example.com/home
  • https://home.example.com
  • https://www.example.com

このようにリンクが重複していて、コンテンツが同じ場合は、リダイレクトをかけて対応しましょう。

内部リンクを統一する

内部リンクを設置する際は、すべて統一しましょう。

ドメインが異なっていない限り、内部リンクは基本的に動作します。

例えば、以下のような場合。

【内部リンクが動作するケース】

  • 末尾にスペースが入っている
  • 末尾にスラッシュが入っている

いずれも、内部リンクとしては動作しますが、重複コンテンツの原因になることも。

例えば、「https://○○.com/seo」というURLの場合は、すべての内部リンクをこの形式でURLを統一しましょう。

キーワード選定をして類似コンテンツを省く

重複コンテンツは、キーワードも関係しています。

類似するキーワードで執筆する場合、重複コンテンツになる可能性があります。

新規で執筆する場合も、すでに執筆しているキーワードでも、重複する可能性があるため注意が必要です。

例えば、こちらの記事。

執筆時点で「SEO依頼」で2位を獲得している記事です。

そのほかにも、「SEO対策 依頼」「SEO業者 選び方」などで上位を獲得しています。

この場合、該当キーワードで上位を獲得できているなら、ほかのキーワードで新しく記事を執筆する必要はありません。

執筆すると、重複コンテンツになる可能性が高いからです。

そのほかにも、新規記事を執筆する際、近いキーワードは執筆しないようにしましょう。

(SEO費用の記事を書く場合:SEO料金、SEO外注、SEO外注化など)

関連記事:SEOキーワードの選び方。選定手順と効果的な戦略を解説

ドメインパワーだけ残してリライトする

キーワードが重複していない記事で、重複コンテンツ扱いされているものがあれば、ドメインパワーだけ残してリライトする方法があります。

この方法は、狙っていないキーワードで偶然上位を獲得している場合に使えます。

あるいは、狙っているキーワードよりも、重複コンテンツのほうが上がっている場合です。

狙っていないキーワードで上位を獲得している場合、SEOで評価はされているものの、内容をしっかりリライトすれば、より順位が上がる可能性があります。

その際は、狙っているキーワードをメインに構成を作成して、見出しを再考するなどして、ドメインを活用した状態で記事を書きましょう。

狙っているキーワードよりも、別の重複コンテンツが上がってしまった場合も同様に、対策キーワードで上位を獲得できるようにリライトをします。

適時構成を変えるなどすれば、重複コンテンツを改善しつつ、上位が獲得できます。

関連記事:SEO外部対策で実施すべきこと効果のない施策を解説

重複コンテンツを作成しないための考え方と対策

重複コンテンツを作成しないためには、執筆時に意識することが重要です。

サイト運営者が執筆する場合も、記事を外注する場合も、以下のことを意識しましょう。

【重複するコンテンツを作成しないための考え方と対策】

  • 文章の癖に気を付ける
  • コピペチェックは必ずおこなう

案外見落としがちなことが、文章の癖とニュアンスです。

同じテーマで執筆すると、癖やニュアンスでコピー判定を食らってしまう可能性があるため、注意しましょう。

文章の癖に気を付ける

外注でライターを抱えていたり、執筆者が同じのメディアで気を付けたいことが、文章の癖に気を付けることです。

案外気づいていない人が多いのが、文章のニュアンスや癖です。

普段何気なく執筆している文章でも、実は人によって癖があり個性があります。

その癖が、重複コンテンツに該当する可能性もあるため、注意しなければなりません。

語尾やニュアンス、文章構成などさまざまです。

とくに、同じジャンルの記事を執筆している人は要注意です。

ライターを外注している場合、ほかの記事で書いた内容とは異なることを書いても、ニュアンスや語尾が同じだと重複コンテンツ判定を食らう可能性があります。

そうならないためにも、自分の文章の癖やニュアンスをコピペチェックツールなどで把握することが大切です。

SEOライティングで重要なポイントや執筆面で悩みがある人方は、SEOライティングの基本・再現性のある上位表示を狙うテクニックを公開をご覧ください。

コピペチェックは必ずおこなう

執筆する際に注意したいことが、コピペチェックです。

無料ツール・有料ツールがありますが、いずれにせよ公開する前にチェックすることが大切です。

チェックしないまま放置すると、重複コンテンツに該当する可能性があります。

オリジナルの記事を執筆したにもかかわらず、コピーコンテンツと判断されたら本末転倒です。

そのため、時間がかかるとしても、コピペチェックを実施して、類似している場所は削除・リライトするなどして対応しましょう。

重複コンテンツまとめ

重複コンテンツは、記事だけではなくサイト全体の評価を下げるため、早急に改善が必要です。

既存記事が引っかかっている場合は、必要に応じて削除したり、リライトしたりしましょう。

新規記事を執筆する場合は、公開前にコピペチェックツールを使用して、極力ほかの記事と類似しないようにすることが大切です。

そのほかにも、オリジナルコンテンツを作成するという対策もあるため、複数の対策を実施することが大切です。