SEOのキーワードカニバリゼーションとは?解消方法とおすすめツール3選!

SEOの世界で頻繁に直面する問題の一つが「キーワードカニバリゼーション」です。この現象は、ウェブサイト内の複数のページが同じキーワードを対象にして競合し合うことにより、検索エンジンのランキングに混乱を引き起こし、最終的にはウェブサイト全体のパフォーマンスに悪影響を及ぼすものです。

しかし、適切な手法とツールを用いれば、この問題を効果的に解決し、ウェブサイトのSEOを最適化することが可能です。 本記事では、SEOのキーワードカニバリゼーションの概念を解説し、その解消方法を紹介するとともに、この問題に対処するためのおすすめツール3選をご提案します。

関連記事:SEO内部対策とは?『施策重要度』と『効果』を一覧で解説。

関連記事:重複コンテンツとは?SEOへの影響とGoogleペナルティ基準を解説

SEOのキーワードカニバリゼーションとは?

キーワードカニバリゼーション(Keyword Cannibalization)とは、SEO(検索エンジン最適化)の文脈で使われる用語で、ある特定のキーワードに対して複数のページが競合する現象を指します。

URLへの評価が分散して起こるデメリット

カニバリが起こると、以下のようなデメリットがあります。

順位が急激に下落する

同一サイト内で複数のページが同じキーワードで競合すると、検索エンジンはどのページを優先して表示すべきかを判断しにくくなり、結果としてどのページの順位も下がる可能性があります。 順位が自社サイトだけ急落したら、まずはカニバリゼーションを疑っても良いかもしれないという位、急落の要因がカニバリであるケースが多々あります。

クリック数が減少する

検索結果での順位が下落することで表示回数が減少するため、ページへのクリック数が減少します。

リンクビルディングの機会損失

競合するページが複数あると、外部からのリンクが分散され、特定のページに集中させることが難しくなります。 これにより、被リンクを集めたいページ以外にも被リンクがついてしまいます。

関連記事:被リンクとは?獲得方法17選。効果のあるリンクの基準について解説

リンクジュースを最適化しにくい

内部リンクも外部リンクと同様に分散し、一つのページに集中させることができないため、全体的なページの権威が低下します。

見て欲しいコンテンツが見られない

重要なコンテンツが埋もれてしまい、ユーザーが最も関連性の高い情報にアクセスしにくくなる可能性があります。 キーワードカニバリゼーションを避けるためには、サイト内でのキーワードの使用を戦略的に計画し、重複を避けることが重要です。 また、必要に応じてページの統合やリダイレクトを行うことで、検索エンジンの混乱を避け、ユーザー体験を向上させることができます。

関連記事:【2024年最新】SEO対策とは?上位表示させるやり方を解説

カニバリの発見に最も有効なツール3選

semrush

Semrushをおすすめする理由が、プロジェクト機能の「Position Tracking」機能がカニバリ発見に対してとても有効だからです。 KWを登録しておけば、毎日順位を取得してくれるだけでなく、カニバリを検出して一覧化してくれます。 そこでは、URL単位とKW単位で表示されるためカニバリを起こしているKWを探す手間が省けるため、大幅な工数削減を見込むことができます。

GoogleSearch Console

GSCでは、特定のキーワードでどのページがランクインしているかを確認できるため、キーワードカニバリゼーションの問題があるかどうかを確認するのに有効です。

Ahrefs

Ahrefsは、詳細なバックリンク分析、キーワードリサーチ、コンテンツリサーチ、サイト監査など、多様な機能を提供する別の強力なSEOツールです。サイトエクスプローラー機能を使用して、特定のキーワードに対してどのページがランク付けされているかを確認し、カニバリゼーションの問題を特定することができます。

その他にカニバリ発見に使える方法2選

その他、一般的にカニバリを見つける方法について解説します。

GRC

GRCはSEOツールラボが提供する順位取得ツールで、特定のキーワードに対するウェブサイトの検索エンジンでの順位を追跡します。このツールを使用することで、特定のキーワードについて、どのページがどのような順位にランクされているかを正確に把握することができます。 複数のページが同じキーワードで競合している場合、それらのページが検索結果にどのように表示されているかを確認することで、キーワードカニバリゼーションの問題を特定するのに役立ちます。

site:コマンド(サイトコロン)

このコマンドは、特定のウェブサイト内での検索結果のみを表示するために用います。 例えば、「site:yourwebsite.com キーワード」のように入力すると、そのウェブサイト内で指定したキーワードに関連するページのみが検索結果に表示されます。 その際に、上位表示されているページよりも他のページが上位に来ている場合はカニバリを起こしている可能性がありますのでGSCで確認が必要です。

カニバリが起きている要因

次に、カニバリが起きている要因について解説していきます。

Preferred Landing Page (PLP) 最適化が行われていない

ウェブサイト上で特定のキーワードやトピックに対して、ユーザーを誘導すべき「Preferred Landing Page」が適切に最適化されていない場合、複数のページが同じキーワードに関連してしまい、カニバリゼーションが発生する可能性があります。 各キーワードやトピックには、最適なランディングページを設定し、そのページが検索結果で最も適切な結果として表示されるようにすることが重要です。

同じKWを含むタイトルのページが複数存在している

ウェブサイト内で同じまたは類似のキーワードを含むタイトルのページが複数あると、これらのページが検索結果で互いに競合し、キーワードカニバリゼーションが生じます。 各ページに独自のタイトルを設定することが重要です。

関連記事:SEO評価の高いタイトル付け方【完全版】文字数と設定手順を解説

meta keywordが設定されていない

かつてはメタキーワードタグがSEOに重要な役割を果たしていましたが、現代の検索エンジンではこれが重要な役割を果たすことは少なくなっています。 しかし、サイト全体でのキーワード戦略が欠如していると、意図せずにカニバリゼーションが発生する可能性があります。

リンクジュースの配分が適切に行われていない

ウェブサイト内のページ間でリンクジュース(ページの権威や価値を伝えるリンクの力)の配分が適切に行われていない場合、重要なページが十分な価値を得られず、検索エンジンでの順位が低下することがあります。 内部リンク構造を適切に管理し、重要なページにリンクジュースが集中するようにすることが重要です。

カニバリの解消手順

キーワードカニバリゼーションの問題を解消するための手順は、以下の通りです。

GSC等でカニバリを調査

Google Search Consoleや他のSEOツールを使用して、貴社サイトにおけるキーワードカニバリゼーションの問題を調査します。 これには、同じまたは関連するキーワードでランク付けされている複数のページを特定する作業が含まれます。

該当するURLをリストアップ

カニバリゼーションの問題が見つかったら、それに関連するすべてのURLをリストアップします。 このリストは、問題を具体的に解決するための基盤となります。

それぞれのページで狙うKWを選定

各ページに対して、最適なキーワードを特定し直します。このプロセスでは、各ページが独自の、重複しないキーワードに焦点を当てることが重要です。 トピッククラスターを作成しておき、それぞれのURLで獲得するKWを選定することで効率的に記事を作成・リライトすることが可能になります。

関連記事:SEOキーワードの選び方。選定手順と効果的な戦略を解説

アンカーテキストの修正

アンカーテキストに含まれているKWはSEOの順位に大きく影響し、カニバリの解消にも役立ちます。 しっかりと狙いたいKWをテールワードも含めて含めて差別化することでカニバリの解消につながります。

関連記事:SEOキーワードの入れ方コツを公開。検索上位させる設定場所と数を伝授。

タイトル変更やコンテンツリライトでページ改修

キーワードカニバリゼーションの問題に対処するために、ページ改修を行う際に検討すべき主な改修点は以下の通りです。これらの改修は、各ページの独自性を強化し、検索エンジンによるより適切なランキングを促進することを目的としています。

タイトル変更

ページのタイトルは、そのページの内容を簡潔に表すもので、検索エンジンランキングに直接的な影響を与えます。 複数のページが同じキーワードで競合している場合、それぞれのページのタイトルを異なるものに変更して、各ページが異なる焦点を持つようにします。

meta description(メタディスクリプション)の修正

メタディスクリプションは、検索結果に表示されるページの説明文です。 この説明を改善し、各ページの独自性を強調することで、ユーザーにそのページの内容をより魅力的に伝え、クリック率を向上させることができます。

本文のリライト

ページの本文内容をリライトし、重複する内容を排除して各ページが独自の価値を提供するようにします。これには、異なる視点からの内容の提示、新しい情報の追加、異なるキーワードへの焦点の変更などが含まれます。 これらの改修を行うことで、ウェブサイトの各ページはより明確に区別され、検索エンジンによる正確な評価が期待できます。これにより、キーワードカニバリゼーションの問題を軽減し、全体的なSEOパフォーマンスを向上させることができます。

関連記事:SEOリライトとは?効果を最大化する記事選びの方法とタイミングを解説

関連記事:SEO記事の書き方【19原則】文章構成の作成方法を詳しく解説