SEOに強い記事を作成するために必ず押さえるべき19項目

SEOに強い記事を作成するためには、Googleとユーザーの両方に評価される必要があります。
本記事では、Googleとユーザーに評価されるためにどのような記事を作成すればいいのか、SEOで評価されるための記事作成手順を具体的に公開します。

本記事では、キーワード選定の方法、記事作成の優先順位、SEO対策で評価をされる記事作成方法まで最新のGoogle検索アルゴリズムに沿ったSEOに強い記事作成方法を全て公開しています。これから記事作成する方必見の内容になっていますので是非ご活用ください。

SEO診断
目次
  1. SEOに強い記事とは
    1. Googleとユーザーに評価されるサイトにする
    2. 独自性があり有益な記事をサイト内に網羅することがSEOに大切
  2. SEO対策で記事を作成する目的
    1. サイト全体でのユーザー検索体験が重要
    2. ユーザーの検索ニーズを客観的に調べる方法
  3. SEOに強い記事を作成するコツ
    1. 記事作成に時間をかける
    2. 扱うテーマをしぼる
    3. ニーズから逆算して記事を作成する
    4. 最初にまとめ記事を作成して、そこに記事群を繋げる
    5. 記事数を減らす努力をする
    6. 既存記事の内容を全て把握する
    7. 考えすぎない、まずはやってみる
  4. 記事作成前に実施する7つのこと
    1. ①検索キーワードのクエリを理解する
    2. ②記事作成するためのキーワードを調べる
    3. ③対策するテーマやキーワードで上位表示可能か調べる
    4. ④記事作成をするキーワードを選定する
    5. ⑤対策するキーワードを分類する
    6. ⑥ペルソナ(読者)の深掘り
    7. ⑦サイト運営者情報、著者情報を公開する
  5. SEOに強い記事を作成する12の手順
    1. ①ユーザーの悩みを深く考える
    2. ②ユーザーにメリットをもたらす内容を作成する
    3. ③2〜3割オリジナリティのある内容を加える
    4. ④title・descriptionタグにキーワードを含める
    5. ⑤リード文を作成する
    6. ⑥hタグ階層構造の整理
    7. ⑦結論ファーストで文章を書く
    8. ⑧代名詞を極力使わない
    9. ⑨画像やイラストを使用する
    10. ⑩文字数を意識する
    11. ⑪共起語を記事内にちりばめる
    12. ⑫記事内導線設計
  6. 記事作成後にすること
    1. リライト方法
    2. SEO内部対策
  7. 記事作成でやってはいけないこと
    1. コピペをする
    2. 別サイトの画像を無断で使用する
    3. オリジナルの情報がない
    4. サイト内でコンテンツが重複している
    5. 対策キーワードを無理やり詰め込んでいる
  8. 失敗しない記事作成外注業者の選び方
    1. 記事作成を外注業者に依頼時のポイント
  9. SEOに強い記事まとめ

SEOに強い記事とは

SEOに強い記事を作成するためには、どのようなサイトが評価され上位表示されるのかを理解する必要があります。まずSEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)ので検索エンジンでユーザーがキーワード検索した時に上位表示させるために行う検索エンジンに対して行うアプローチです。

検索エンジンの国内シェアの約93%がGoogleとYahoo!で占められています。ここで大切なことが2010年にYahoo!検索エンジンはGoogle検索エンジンをコアエンジンとして採用したため、実質国内93%がGoogle検索エンジンで占められています。

そのため日本でSEO対策する場合は、Google検索エンジンから評価されるサイト作成をする必要があります。

Googleとユーザーに評価されるサイトにする

ユーザーに有益なサイトを評価して上位にくるため、日々アップデートを繰り返している現在の評価基準とは何なのでしょうか。それはGoogleが公式HPに記載の「Googleの理念/考え方」を読み解くとGoogleがどのような基準でサイトを評価しているかを理解できます。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

引用:(https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

Googleはユーザーを最も重要視している

結論、Googleが一番大切にしていることはユーザーです。なぜならユーザーに使ってもらわなければサービスが成り立たないからです。

ユーザーにとって利便性や満足度が高いサイト、
ユーザー目線に立って制作されたWEBサイトが検索エンジンで評価され上位表示されます。

ユーザーにとって役に立つ有益なサイトを作ることがSEO対策です。

参考URL:「高品質評価ガイドライン」参考URL:「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

今現在(2022年3月時点)Googleがサイトを評価する「ルール」と「評価基準」をまとめた本質的なSEO対策を知りたい方は検索順位を上げるSEO対策。狙っているキーワードで上表表示させる方法を解説をご覧ください。

独自性があり有益な記事をサイト内に網羅することがSEOに大切

Googleとユーザーから評価されるサイトとは、

独自性があり有益な情報が網羅的に掲載されていて、1発で検索ユーザーの顕在ニーズから潜在ニーズまでを叶えるWEBサイトです。

検索ユーザーのニーズを網羅するサイトにする手段として記事を作成します。

現在のGoogle検索エンジンのアルゴリズムでは、コンテンツとしての品質が低いページでサイトが掲載されていても、サイトの評価を高めることはできません。サイトのターゲットとするユーザーにとって有益性があり独自性のある他社サイトにないオリジナルのコンテンツをテーマに沿って投稿、掲載することでサイト全体の評価が高まり、結果記事が上位表示されます。

網羅性と独自性が大切

SEO対策で記事を作成する目的

現在のGoogle検索エンジンで上位表示をするには、サイト全体でユーザーに検索体験を提供する必要があります。

SEO対策で記事を作成する目的は、ユーザーの検索ニーズを網羅してサイト全体でユーザー満足度を高める検索体験をしてもらうためです。

これまでのGoogle検索であれば1つのコンテンツで検索ユーザーの悩みを解決できていれば上位表示可能でした。しかし今のGoogleで上位表示されるには検索ユーザーの悩みを解決できるコンテンツが網羅されている必要があります。流入したコンテンツから次の体験(コンテンツ)を与えることが重要で、1つの記事から体系的に学べるサイトが評価される傾向にあります。

サイト全体でのユーザー検索体験が重要

Webサイトはサービスページ、料金ページ、問い合わせページ、会社概要ページなど複数のページから成り立ちますが、サービスページや会社概要ページのみでは、サイトのターゲットとしているユーザーが欲しい情報、検索ニーズを満たすことはできません。検索ユーザーのニーズに応えるためにサービスページ(固定ページ)では補えない情報をお役立ち記事として掲載することで、潜在的な悩みから顕在的な悩みを持つユーザーニーズに応えることが可能になります。

中古車サイトのサイト設計例(サイト全体でユーザーニーズを満たす情報を網羅)

SEOサイト設計

ユーザーの検索ニーズを客観的に調べる方法

上位表示させたいキーワードがあり、対象キーワードにたいしてコンテンツを制作する際に、製作側の感覚や思い込みでコンテンツを制作すると実際の検索ユーザーの意図と異なり上位表示できません。

そのため狙うキーワードに対してコンテンツを制作する際には必ず、Google検索表示結果や現場のお客様の声など客観的数値や第三者の声を参考にしてください。

Google検索エンジンで客観的に検索意図を調べる方法を2つ紹介します。

例えば、中古車を販売するサイトの運営会社がこれからSEO対策をする場合どのような情報を網羅する必要があるのかGoogle検索エンジンを使って客観的に検索ユーザーの検索意図を調べてみます。

関連キーワードを参考にする

Google関連キーワードを参考にする

上記はGoogleで『中古車 買取』と検索した場合の関連キーワードです。赤枠内のキーワードが検索キーワードに関連するキーワードです。『中古車 買取』と検索するユーザーは買取価格や相場、場所などを知りたいことが関連キーワードから読み取れます。

そのため『中古車 買取』で上位表示させるには、価格情報や場所、相場がわかる情報もサイト内に掲載する必要があることがわかります。

対象キーワードで1ページ目に表示される競合サイトを調査する

『中古車 買取』で記事を作成する場合、実際に検索をして上位1ページ目に表示されている10サイトの下記項目を調べます。

タイトル内容、h1タグ内容、記事構成、使用されているキーワード、サイトの運営元を調べます。

1ページに表示されているサイトはGoogleが対象キーワードでユーザーにとって有益なサイトだと判断してランク付けしたサイトなので、客観的にGoogleとユーザーに評価されているサイトを知ることができます。

SEOに強い記事を作成するコツ

SEOに強い記事を作成するためには、ユーザーの検索ニーズを満たす高品質な記事を作成する必要があります。
 
数年前であれば、大量に記事を作成して上位表示することが可能でした。しかし現在のSEOにおいては、ドメインパワーが競合サイトより相当高くない限りは、高品質な記事を作成しなければGoogleにインデックスすらしてもらえません。高品質な記事を作成するためには、1記事を作成するためにかける時間を増やして、作成後は必ずさらにユーザーの検索意図を満たす記事にするためのリライトを実施する必要があります。

この章では高品質な記事を作成してSEOに強い記事を作成するためのコツを紹介します。

記事作成に時間をかける

結局のところユーザーの検索ニーズを満たし、読者満足度の高い記事を作成するためには1記事を作成するための時間を多くとる必要があります。時間をかけたから高品質な記事を作成できるわけではありませんが、高品質な記事は必ず作成するための時間が多くかけられています。

扱うテーマをしぼる

現実的に、現在のSEOに強い高品質の記事を量産することは限界があります。
結果サイトで扱うテーマを絞ることで、情報を網羅するために記事数が減るため、時間をかけた高品質な記事を作成することができます。

これから新規メディア立ち上げや新しいジャンルの記事を作成する場合は、できる限りテーマやカテゴリを絞って、記事を作成することをおすすめします。

企業のSEO担当の方で、大規模なメディア運営をされている方はいかに高品質な記事を量産できる体制や仕組みをつくれるかがSEOに強い記事を作成するために重要です。

ニーズから逆算して記事を作成する

狙いたいキーワードや検索ボリュームから逆算して記事を作成することも大切ですが、SEOに強い記事を作成するためには、サイトの対象となるターゲットのニーズや悩みから逆算して記事内容やキーワード選定をした方が結果、ユーザーニーズを満たす高品質な記事を作成することができます。

ニーズから逆算して、キーワードを連想してキーワード候補を考え、検索ボリュームがあれば記事を作成することをおすすめします。

最初にまとめ記事を作成して、そこに記事群を繋げる

1から記事を作成する場合の記事作成の順番は、まず最初に大きな概念に対するまとめ記事を作って、そのまとめ記事の中により深ぼった記事群を作成してまとめ記事へと繋げます。

キーワードSEO設計

例えばSEO対策に関して悩んでいるユーザーに向けて記事を作成する場合、まず「SEO対策」など大きな概念に対するまとめ記事を作成します。仮に「SEO対策」を1つの記事で全て詳細まで記載してまとめようとしたら、数万字以上になってしまいます。

同じ「SEO対策」を検索したユーザーでも深掘りしたい内容は違います。そこでそれぞれのユーザーが興味ある部分の内容を深ぼって閲覧できるようにするため、「SEO対策」といった大きな概念に対する概要だけを1本にまとめ、詳細に知りたい場合は関連記事から飛べるように設計します。

記事数を減らす努力をする

闇雲に新規記事を作成すると、リライトする際や内部リンク設計時の管理が大変になるだけでなく内容が重複するリスクが高まります。そのため、扱うテーマやジャンルによって必要な記事数はことなりますが、できる限り少ない記事数で情報を満たし読者満足度の高い記事、サイト設計にする必要があります。

既存記事の内容を全て把握する

SEOに強い記事を作成するためには、関連する記事同士を内部リンクで繋ぐ必要があります。もし対策するサイト(メディア)にどんな内容の記事が何記事あるかをしっかり把握していないと、関連する記事を思い出すことができず、内部リンクで繋ぐことができません。SEO担当者の方は、記事を作成する際の内部リンクを考えるためにも運営サイトの記事内容は全て把握してください。

考えすぎない、まずはやってみる

SEO経験の少ない初心者の方が、いきなり上記事項を完璧に理解して実践することは不可能です。そのため、理解して考えた後はまずはやってみて、やりながら経験を積むことがSEOに強い記事を作成するための近道となります。

記事作成前に実施する7つのこと

検索キーワードのクエリを理解する

検索クエリタイプは大きく4つに分類されます。検索クエリとは、検索エンジンで検索されるキーワードを指します。キーワードと検索結果面から検索意図を満たすページの種類(クエリ)を判断します。

検索クエリタイプ4つ

検索語句とは、Google 検索や検索ネットワークのサイトでユーザーが検索に使用した語句のことです。

引用元:検索語句レポートについて|Google 広告ヘルプ

知りたい(Knowクエリ)

何か情報を知りたい時に検索するクエリです。例)SEOとは ヤフーグーグルSEO違い など

行きたい(Goクエリ)

近くの店舗や場所など、どこかに行くために検索エンジンで情報を探すクエリです。例)〇〇行き方 〇〇 場所 など

やってみたい(Doクエリ)

ユーザーがアクションを起こしたい時に検索するクエリです。例)〇〇予約 〇〇相談 〇〇見積もり  など

買いたい(Buyクエリ)

ユーザーが購入したい時に検索するクエリです。例)キャンプ 時計、男性モテる 香水 など

②記事作成するためのキーワードを調べる

狙いたいテーマやキーワードに関連するキーワード群をツールを使用して全て洗い出します。キーワード毎の検索ボリュームやキーワードの種類を理解します。

対策キーワードに関連するキーワードを調査するツール

対策キーワードを入力するだけで、関連するキーワードを無料で一括で教えてくれるツールです。キーワードを選定する際に、漏れなく抽出するために使用するツールです。

ラッコキーワード
参考リンク:ラッコキーワードURL

対策キーワードボリュームと関連キーワードを抽出

Googleが提供しているツールで一部無料で使えますが、詳しく検索ボリュームを表示するにはGoogle広告に課金する必要があります。関連キーワードやラッコキーワードで集めたキーワード群のキーワード毎の検索ボリュームを調べる際に使用するツールです。関連キーワードも合わせて表示してくれるためとても便利なツールです。

Googleキーワードプランナー
参考リンク:キーワードプランナーURL

対策するテーマやキーワードで上位表示可能か調べる

SEO対策は相対評価で順位が決まります。そのため、狙いたいキーワードで既に上位表示されているサイトと自社サイトを比較して上位可能性があるかを確認する必要があります。

上表表示可能かを判断するための指標は大きく2つあります。

・ドメインランク

ドメインパワーとはWebサイトの被リンクを質、量、関連性に基づいてわかりやすく定量化した数値で100点が満点で計測されます。ドメインランク(DR)とよばれる指数自社のドメインパワーと、狙っている検索キーワード上位1ページに表示されている競合のドメインパワーを比較します。以下のツールでドメインパワーを無料で計測できます。上位1ページ目に表示されているサイト群と比較してあくまで参考イメージですが、ドメインパワーが40以上離れている場合は、高品質なコンテンツを作成しても上位表示が難しい場合があります。

Googleの掲げる10の事実
*https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

ドメインパワー概要、ドメインパワーが及ぼすSEO効果とドメインパワー向上させる方法について詳しく知りたい方は「ドメインパワーが検索順位に与える影響とSEO効果について解説します」をご覧ください。

・関連コンテンツ保有数

競合サイトが狙いたいキーワードやテーマでどの程度の記事を作成しているかを確認します。

競合サイトが狙いたいキーワードでのコンテンツページの保有数が少ない場合は、少ないコンテンツ記事作成量で上位表示させることができます。

キーワード調査ツール、競合サイト調査のやり方について詳しく知りたい方はアクセス数を増やす方法と必要なSEO対策ツールを紹介」をご参考ください。

④記事作成をするキーワードを選定する

ビッグキーワードを支える

記事を作成するためのキーワード選びで重要なことは、いきなりビッグキーワードで上位表示を狙う場合は単一のページで上位表示を狙うのではなく、ビッグキーワードに関連するミドルキーワードやロングテールキーワードでのコンテンツ作成をおこないます。ミドルキーワードやロングテールキーワードの記事でサイト内の情報を充実させることで、将来的な検索ボリューム数が多く上位表示の難しいビッグキーワードでの上位表示を目指します。

月間検索ボリューム1万回以上のキーワードを業界用語で「ビックワード」月間検索ボリューム1000〜1万回以上キーワードを「ミドルキーワード」月間検索ボリューム1000未満のキーワード「ロングテールキーワード」

ビッグキーワードをミドルロングテールキーワードで押し上げる

ビッグキーワードをミドル/ロングテールキーワードで押し上げる

ビッグキーワードで上位表示させるには、それに関連する記事を複数作成する必要があります。

例えば『SEO』で上位表示させるには、SEOの概念から非常に多くの情報が必要です。一方で『サイトスピード 上げる方法』であれば必要な情報が少ないため単体のページでの上位表示が可能です。

狙いたいテーマやキーワードでの他社とのドメインパワーやコンテンツ保有数から狙うキーワードを選んでいきます。既にドメインパワーもコンテンツ保有数もあり、競合コンテンツに勝てる見込みがあればいきなりビッグキーワードやミドルキーワードから記事制作を初めても大丈夫ですが、競合サイト方が明らかに強い場合はロングテールキーワードから戦略的に記事作成をする必要があります。

SEOキーワードの選定は、SEO対策の成功を左右するほど重要な工程です。競合サイトに効率よく検索上位表示させるためのキーワード選定する基準と実際の選定の手順を詳しく知りたい方は「SEOキーワード選定のやり方(コツ)初心者でも1から実践できる選び方手順をお伝えしますをご覧ください。

対策するキーワードを分類する

下記イラストのように、軸キーワードと掛け合わせキーワードをテーマ毎にエクセル表で分類します。

対策キーワード分類

キーワードを分類する時のポイントは下記になります。

①軸となるキーワードを設定する
②軸となるキーワードのビッグキーワードとそれに関連するキーワードをまとめる
③ユーザーが体系的に学べる網羅的なサイト設計にするため、関連する記事や流れを考える。
④競合サイトの記事数を上回る良質なコンテンツを用意する

優先順位を決めて記事作成にとりかかる

キーワードを選定した後、闇雲に記事を作成するのではなく、半年後、1年後にビッグキーワードで上位表示させるために記事作成の順番を決めることが早く結果を出すには重要です。

⑥ペルソナ(読者)の深掘り

マーケティング用語で自社サービスを購入する典型的な人物像を「ペルソナ」と呼びます。

有益な記事を作成のためにはまず、どんな検索ユーザー(読者)に見てもらいたいのかペルソナ像を明確に定める必要があります。たとえばパートを探している女性に向けて記事を作成する求人サイトであれば「30代、女性、主婦、既婚者、西日本」など属性を絞り込みます。

ペルソナ像を明確にすることで、見込み顧客が普段何を考えどんな悩みやニーズを持ち、普段の行動や興味を持つコンテンツを作成できます。

サイト運営者情報、著者情報を公開する

2020年のGoogle検索エンジンのコアアップデートからサイト運営元の信頼性を重要視するアルゴリズムが組み込まれ、信頼性や権威性のある国や機関、法人が運営するサイトが上位表示されやすくなり、個人サイトやYMYL領域での上位表示が難しくなりました。そこで登場した概念として「E-A-T」です。

E-A-TとはGoogleが以下3つの頭文字を取って名付けたサイトを評価づけるために定めた概念で

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つから成り立ちます。

3.2 Expertise, Authoritativeness, and Trustworthiness (E-A-T)

For all other pages that have a beneficial purpose, the amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) is very important.

3.2 専門知識、信頼性、信頼性(EAT)の詳細

ウェブページ/ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の高さは非常に重要です。

General Guidelines(検索品質評価ガイドライン)

「どんなサイトが発信しているコンテンツなのか」が重視されている

以下の3つのような信頼性・権威性の高いサイトをGoogleは評価します。

  1. ユーザーが専門的だと思える経歴のある人物は発信しているサイト
  2. サイトの運営者が業界トップクラスの企業や政府機関の担当者など
  3. 特定のジャンルについての良質なコンテンツが網羅されている専門的なサイト

そのためサイトのWHOIS情報がサーバー代理公開になっている場合は、WHOIS情報に運営元の情報を入力して公開してあげると、サイトの身元がGoogleに伝わりSEOに効果があります。

そして記事の著者情報を開示することで、誰が記事を作成しているかが伝わり業界で権威のある著者の場合はSEOの評価が上がります。

SEOに強い記事を作成する12の手順

ユーザーの悩みを深く考える

ユーザーが検索してサイトを見ることでどうなりたいか、記事を読むことによって何を解決して、どのような状態になっていたいかをしっかり考える必要があります。

例えば冬から春にかけて『痩せる方法 おすすめ』と検索する女性は、痩せるのが目的ではなく夏に向けて痩せて水着を綺麗に着ることが本当の目的となります。キーワードを検索するユーザーの悩みの奥深くまで考えた潜在的ニーズを捉えた記事を作成することで、ユーザー評価が高まります。

作成する記事で誰のどんな悩みを解決するのかを深く考えるほど、ユーザー満足度が高い記事を作成することができます。

ユーザーにメリットをもたらす内容を作成する

記事を読むことでユーザーに与えられるメリットを考えて記事を作成する。

・記事を読むことで次のアクションに移れる
・他にない情報を知ることができる
・図解などされていてわかりやすい
・悩みを深堀りしている
・潜在的ニーズを満たしている

Yahoo!知恵袋でユーザーの悩みを把握することやラッコキーワードツールで対象キーワードに関連するキーワードを調べることでより深い記事を作成できます。

Yahoo!知恵袋

③2〜3割オリジナリティのある内容を加える

仮に検索ニーズを満たしていても、対象キーワードで1ページ目に表示される記事内容と同じ内容ではGoogleは上位表示しません。既に上位1ページ目のサイトに勝つためには7〜8割は上位サイト内容と合わせて残りはオリジナルの情報や結論を付け足すことで上位表示可能になるので、独自の情報を盛り込むことを意識しましょう。

④title・descriptionタグにキーワードを含める

titleにキーワードを含める

タイトルタグはページ毎に設定するタグで、検索表示画面に反映されるタグのためGoogleへ認識させるためのタグであると共に、ユーザーからのクリックを誘発させえう文章にする必要があります。ページ毎にタイトルタグを設定できるため、全てのページのタイトルタグをページ内容毎に作成して入力しましょう。パソコン画面に表示される29文字以内に収めるのが理想です。

またそのページ内容に合った最適な対策キーワードを入力してください。この際、不自然にキーワードを多用すると逆にGoogleからマイナス評価となりますので注意が必要です。

descriptionタグにキーワードを入れる

Googleでのディスクリプションの表示数はパソコンが120文字前後スマホが50文字前後なので対象ユーザーがよく使用するデバイスに合わせた文字数入力をオススメします。

リード文を作成する

リード文とは記事冒頭でユーザーに向けて、記事を読むメリットやどのような悩みを解決できるのかを端的に表す文章です。リード文は直帰率を下げるためにとても重要で、リード文がなかったり、検索意図とズレたリード文章だとせっかく上位表示してクリックしてもらっても、記事を読んでもらえません。そこでサイトに訪れたユーザーに対して、記事を読むメリットや記事を読んだ後の姿をイメージしてもらうリード文を記載することで記事を読んでもらいやすくします。

リード分を作成する

hタグ階層構造の整理

hタグ階層構造

h1タグはページを表す大見出しなので各ページ1個。

h2タグは中見出しで段落にあたるため1ページに複数個

h3タグは段落毎の小見出しのイメージでh2タグに対して複数個のようなイメージで

人間で言うと見出しや段落に当たるものが、Googleでいうとhタグなので階層分けをしてページ構成内容をきちんと伝えるようにタグ設定しましょう。

対策SEOキーワードの入れ方

詳しい対策キーワードの入れ方は「上位表示させるSEOキーワードの入れ方コツを公開」をご覧ください。

結論ファーストで文章を書く

結論ファーストで文章を書く際に役立つ構文がPREP法とSDS法です

文章作成経験がなくても、以下の構文の形を意識して文章を作成すれば読者に伝わりやすくわかりやすい文章を作成できます。

PREP法

PREP法とは、文章やプレゼンテーションに用いられる手法で主張を論理的に相手に伝えたい時に役に立つ構文です。PREP法に沿って文章を作成すれば、未経験でも説得力や論理的な文章を作成することができますので以下の構成を意識して文章を作成してみてください。

 P POINT   =結論
 R REASON  =理由
 E EXAMPLE  =事例
 P POINT =最初の結論

結論や主張を伝えたいときはPREP法を意識してライティングしてみてください。

SDS法

SDS法とは、最初に概要を伝えた後、具体的な説明を挟んで再度まとめ文章で締め括る方法です。

 S Summary =要点、概要
 D Details =詳細
 S Summary=要点、概要

概要や要点をスッキリ、わかりやすく伝えたいときはSDS法を意識したライティングをしてみてください。

代名詞を極力使わない

代名詞はGoogleが認識しずらいため、極力使用を控えましょう。

画像やイラストを使用する

画像にAltタグをいれることで、Googleが画像内容をしっかり認識できます。

Altタグ入力

文字数を意識する

対策キーワードで1ページ目に表示されているページの文字数と同じかそれ以上書く必要があります。既にドメインパワーが高くGoogleから評価されているサイトであれば同等か少しすくなくても大丈夫ですが、上位サイトよりサイト評価が低い場合は、文字数では勝てるように作成してください。

文字数カウントツール:https://rakko.tools/tools/1/かんたん文字数カウント(Google Chrome拡張機能):URL

⑪共起語を記事内にちりばめる

共起語とは、対象のキーワードと一緒に使用される率が高いキーワードです。例えは『SEO』の共起語はGoogleや検索エンジン、アップデートなどです。そのキーワードを説明する際合わせて使用する率が高いキーワードが必ずあります。Googleは、文章内の共起語の含有率もサイト評価指標の一つにしています。そのため、対象のキーワードの共起語を調査して記事内に共起語を散りばめましょう。

共起語を調べるツールは無料から有料のものまでありますが、無料で共起語を調べることができる優良ツールを下記にリンク貼りますのでご活用ください。

共起語調査ツールURL:ラッコキーワード

⑫記事内導線設計

ユーザーにクリックしたくなるような関連記事へのリンク流れやCVボタンの設置が大切です。

適切な場所に、自然な流れでCTAやCVボタンが挿入されているかを確認しましょう。

サイト(記事)導線改善でコンバージョン数を増やす方法を知りたい方はこちら【関連記事】CVR(コンバージョン率)とは?計算方法や業界平均CVR、改善方法4つ解説します。

記事作成後にすること

記事作成後の検索順位毎に、上位表示に足りていないポイントはある程度推測することができます。

3ページ目以降(2ページ目付近に持っていきたい)
・コンテンツの内容が評価されていない
・内部施策が不十分

2ページ目(1ページ目に表示させたい)
・ポテンシャルは高いが何かが足りていない
・内部施策が十分じゃない

1ページ目(1位に近づきたい)
・十分な検索体験を提供できていない
・内部施策でページの価値を高める必要がある

作成した記事を上位表示させるためには作成後、定期的に狙っているキーワードと実際の上位表示キーワードの確認や順位状況を確認して1ページ目に表示させるために記事内容をリライトする必要があります。

リライトとは、既にアップロードした記事をよりGoogleやユーザーに評価してもらうため記事内容を修正することを指します。

リライト方法

●内容が上位表示の記事内容と代わり映えしないか確認する
●上位サイトと文字数を比較して足りてない場合文字数を見直す
●共起語を的確に使う
●クリックしたくなるようなタイトル・メタディスクリプションにする
●深い悩みと解決方法を突き詰める
●専門的でユニークなトピックの内容を追加する
●潜在的ニーズを対策する

リライト効果の高い記事の選び方やGoogleとユーザーに評価されるためのリライト方法、リライトをする最適なタイミング時期を知りたい方は「最新のSEO効果が高いリライト方法を公開‼︎Googleと読者に評価されるリライトとは?」をご覧ください。

SEO内部対策

●タイトル・メタディスクリプションのキーワード変更
●hタグの内容見直し
●内部リンクの構築を見直す
●内部被リンクを追加する
●トピックの関連記事を増やす

【内部対策について詳しく知りたい方向け】SEO内部対策とは?の疑問を全て解決!初心者でもわかりやすく対策手順を図解。

SEO効果のある内部リンク設定方法を知りたい方は「内部リンクとは?SEO効果の高い内部リンク対策」をご覧ください。

記事作成でやってはいけないこと

コピペをする

コピペをすると、ウェブ上のテキスト情報からGoogleがコピーコンテンツと見なし検索エンジンに表示しないようにインデックスを外す等の処置が施されるため絶対にやめましょう。

他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト

(引用) 無断複製されたコンテンツ

別サイトの画像を無断で使用する

また画像を無断で引用した際もGoogleからペナルティを課されますのでやめましょう。

オリジナルの情報がない

ありがちな失敗例として、1ページ目のサイト記事を参考にしすぎるあまり、独自性がなくなってしまうことです。独自性もサイト上位表示に必須なので検索意図に沿った内容にしつつ、独自性のある情報や1次情報も掲載しましょう。

サイト内でコンテンツが重複している

サイト内に同じ内容のコンテンツがあるとGoogleからの評価が分散してしまい、上位表示の妨げになります。そのため、サイト内に同じコンテンツがある場合は記事を1つにまとめたり、評価が低いページをなくすなどの対策が必要です。

対策キーワードを無理やり詰め込んでいる

タイトルやhタグの詰め込み過ぎは逆にGoogleからマイナス評価をくらいます。タグ内に対策キーワードの数を多くても2〜3つに収めてください。

失敗しない記事作成外注業者の選び方

記事作成を外注業者に依頼時のポイント

コンテンツSEOは外注業者によって大きく、戦略やテクニックに差がつきSEO対策の中で一番差が出る対策です。事業戦略や問い合わせ数からの受注数字まで幅広く関わる対策のため業者選定は慎重に時間をかけて行う必要があります。

今後SEO業者への外注依頼をご検討されている方は、SEO業者への依頼後で失敗しないために必要な「業界予備知識」と「業者選定方法」を詰め込んだSEO業者への依頼で失敗しないために必ず見て欲しい「予備知識」と「業者選定方法」をご覧ください。

SEO対策外注の費用相場や、対策毎の平均費用感を詳しく知りたい方は、SEO対策にかかる費用【まとめ完全版】外注料金相場と業者選定ポイントを徹底解説をご覧ください。

SEOに強い記事まとめ

SEO記事作成で上位表示させるために大切なことは、流入したコンテンツから次の体験(コンテンツ)を与えることが重要で、1つの記事から体系的に学べるサイトをつくることです。断片的に記事を制作するのではなく、テーマに関連したキーワードから順番に作成して戦略的に検索順位を上げることが重要になります。

今のGoogle検索で上位表示させるには量ではなく質の高い記事を作成することが必須となります。

記事作成やSEO対策を実践するためのホワイトペーパーを無料でダウンロード頂けますのでよろしければ対策にお役立てください。

無料でダウンロード頂けます
SEO対策ホワイトペーパー

【PR】弊社では検索上位は当然で、売上最大化をゴールとした
SEOコンサルティングをご提供していますのでよろしければご覧ください。SEOコンサルティングサービスはこちら

弊社では、SEO対策で悩まれている企業担当者様向けに、SEO診断を実施しています。内部対策だけでなく現在のSEO評価観点からサイト調査と競合サイトとの強み弱みを比較することで検索順位向上を図る資料をご共有します。

SEO診断