SEO効果が高いリライト方法を公開‼︎Googleと読者に評価されるリライトとは?

リライトとは、既にアップロードした記事をよりGoogleやユーザーに評価してもらうため記事内容を修正することを指します。

作成後の記事をより上位表示させるためには、作成後適切なタイミングで狙っている対策キーワードと実際の上位表示キーワードの確認や順位状況を確認して、1ページ目に表示させるためのリライトをする必要があります。

本記事では、リライトするベストなタイミング・効果の高いリライトをする記事の選び方・具体的なリライト方法・筆者の経験則から学んだ順位向上に大切なリライトのコツを紹介します。

新規記事をアップしても、検索順位が上がらない方やこれから初めてリライトをする方にぜひ読んで頂きたい内容となっています。

リライトが上位表示達成の鍵を握る

網羅性独自性-1

コンテンツ記事を作成する上で、キーワード選定と記事の内容(有益性・独自性)はとても大切ですが、作成後の記事をリライトすることも、新規記事作成と同じくらい検索順位を向上させるために大切な作業です。

記事作成後、一定期間が過ぎたら記事の検索順位や流入キーワードを確認してリライトを実施した方が新規記事を投稿し続けるよりも費用対効果が圧倒的に高いです。

リライトをする理由について

記事作成後、各記事がどれほどGoogleから評価されているか(順位状況)を確認して、適切なリライトを実施することで現在の検索順位をより向上させるだけでなく、CTR(クリック率)やCVR(問い合わせ率)も上がり、結果アクセス数や問い合わせ数が増えます。

【リライトをする理由】① 対策キーワードと実際のキーワード確認してズレをなくす
② 情報の鮮度を高める
③ 導線改善、遷移率をたかめる
④ CVRをあげる

もし読者の方で、現在リライトを実施せずに新規記事作成ばかり実施していて順位が上がらないご状況であればリライトを実施することで既存の記事で検索順位を大幅に上げることができるかもしれません。

リライトの効果について

弊社のコンテンツ記事をリライトした事例ですが、「SEOキーワード 入れ方」を対策キーワードに記事を作成して3ヶ月後の順位が30位前後の記事がありました。上位表示できるポテンシャルのある記事だと判断してリライトをした結果、リライト後1ヶ月で30位から5位まで順位が上昇しました。

実施した対策としては下記になります。

・タイトル/ディスクリプションの改善
・hタグキーワードと階層の改善
・関連記事への内部リンク強化

リライトで大切なこと

リライトをする上で大切なことは、ユーザーが検索したキーワードに対する悩みを1つの記事で全て解決して読みやすい記事にすること、さらに関連する他の悩みも1つのサイト(関連記事)で全て網羅的に解決できる関連記事への内部リンク設計とサイト全体でユーザーに有益なコンテンツ情報を増やすことが大切です。リライトする上でのポイントは、ユーザーにもGoogleからも評価される記事にすることです。

あたり構わず新規記事を追加するだけでは、現在のGoogleアルゴリズムにおいて検索結果にすら反映さない傾向にあります。Googleに評価され、上位表示させるためには独自性があり有益な記事をサイト内に網羅する必要があります。


現在のGoogleから評価されるサイトとは、独自性があり有益な情報が網羅的に掲載されている且つ、1発で検索ユーザーの顕在ニーズから潜在ニーズまでを叶えるWEBサイトです。

そのため、検索ユーザーのニーズや悩みを解決できるコンテンツ記事を1つのページで完結させず、そこから関連したユーザーの検索的ニーズや悩みを解決するコンテンツを制作してサイト上に網羅的させることが重要です。コンテンツSEO概要や上位表示させる具体的な記事作成方法を知りたい方はこちらをご覧ください【関連記事】SEOに強い記事を作成するために必ず押さえるべき19項目

Googleとユーザーに評価される記事とは

Googleに評価される記事を作成するためには、ユーザーの悩みや検索意図を解決できる読んでよかったと思ってもらえる質の高い記事を作成する必要があります。

上位表示されるまでの流れとして、ユーザーに良い記事だと評価されて、ユーザー良い記事だと思うと自然と滞在時間や遷移率など数値データとしてGoogleアナリティクスやサーチコンソールに残りGoogleにも評価されるため結果、上位表示されることとなります。

① ユーザーが評価する → ② グーグルが評価する → 結果上位表示される

では具体的にどうすれば、ユーザーに評価される記事を作成できるかというと、1番大切なことは綺麗事でもなんでもなくユーザー(読者)のために役立つ記事を作成しようというスタンスです。このスタンスが結果、上位表示へと繋がります。

上記スタンスがある前提で、以下のようなことを意識して記事を作成することでさらにユーザーに評価される記事を作成することができます。

良いコンテンツ記事の定義とは① 他にない情報を知れる独自の情報がある → 専門的でユニークなトピックの内容を追加する
② 図解などされていてわかりやすい → わかりやすい写真やイラストを追加する
③ 悩みを深堀りしている → 深い悩みと解決方法を突き詰める
④ 関連情報も知ることができる → 関連記事を内部リンクで繋ぐ

既存記事の順位が上がらない理由

品質が低いページ(ユーザーにとって有益でない記事内容)でサイトが網羅されていても、
記事毎の順位が上がらず、またサイト全体の評価を高めることはできません。

さらに記事内容だけでなく、サイト設計やSEO内部対策などサイト全体がSEOに対応していないと、記事単体での上位表示は難しいです。現在のコンテンツSEOは記事単体の勝負ではなく、サイト全体での戦いになっています。

検索順位が上がらない記事の特徴は以下になりますので、苦戦されている方は現在作成しているの記事が当てはまらないかどうか確認してみてください。該当項目があれば、その項目を重点的にリライト、SEO対策をしてみてください。

既存記事の順位が上がらない理由検索意図をはずしている
● 必要な情報が足りない
● 上位ページと内容が似ている
● オリジナル情報が少ない
● 上位サイトの記事と比較して関連記事数が少ない
● 内部リンクが繋がれていない、または少ない
● 上位サイトの記事と比較して文字数が足りない

もし現在のSEOがよくわからず、対策に苦戦されている方は、今現在(2022年5月時点)Googleがサイトを評価する「ルール」と「評価基準」をまとめた検索順位を上げるSEO対策。狙っているキーワードで上表表示させる方法を解説をご覧いただくと現在のSEO対策を体系的に理解して効果のあるSEO対策がイメージできると思います。

競合サイトと自社コンテンツを比較するのやり方ついて詳しく知りたい方はアクセス数を増やす方法と必要なSEO対策ツールを紹介」をご参考ください。

対策キーワード選定が間違っているために記事が検索表示されないことも考えられます。SEOキーワードの選定は、SEO対策の成功を左右するほど重要な工程です。キーワード選定に自信のない方は「SEOキーワード選定のやり方(コツ)初心者でも1から実践できる選び方手順をお伝えしますをご覧ください。

リライトをするベストなタイミングとは

リライトをするベストなタイミングは結論、新規記事がインデックスされてから3ヶ月前後です。

まず新規ページがGoogle検索結果にサイトが表示されるまで下記の行程があります。

Google検索結果にサイトが表示されるまでの流れ

そのため新規記事を作成してサイトにアップロード後、Google検索エンジンが新規ページを発見→インデックスされるまで約1〜2週間ほどかかります。

そして新しく作成した記事がGoogleにインデックスされてから、3ヶ月前後がリライトをする最適なタイミングとなります。

理由は新しい記事がインデックスされて、約3ヶ月で記事のポテンシャルがGoogleに伝わり検索順位としてGoogleから記事の評価が現れます。そのため、インデックス後3ヶ月がGoogleからの評価を元にリライトする記事を選べるベストなタイミングとなり、ポテンシャルの高い記事をリライトすることでさらに検索上位を狙うことができます。

記事公開3ヶ月経過した後、表示回数が伸びているページや検索順位がついてる(50位以内を目処)記事をリライトします。

逆に3ヶ月経過しても、狙っているキーワードで検索順位が50位以下の場合、記事内容が検索意図を外しているため、記事を作り直すか他の記事にくっつける必要があります。

リライトをする記事の選び方

リライトにかけた時間に対して、効果が高い記事順にリライトを実施します。効果はセッション数、PV数や問い合わせ数などサイト運営の目標、目的によって変わります。

リライトする記事を選ぶ上で、基準となる指標は以下の4つとなります。

検索順位 >> ② 検索ボリューム ≧ ③ キーワード価値 >>>> ④ CTR(クリック率)

サイト目標や状況によって、どの基準が重要になるか割合は変わりますが、一般的な重要度としては上記のようなイメージ感となります。

自社サイトの目標やゴールから逆算して、4つの基準をご参考頂きながらサイト目標数字達成に対してインパクト(費用対効果)が大きい記事から順番にリライトしてください。

① 検索順位を基準にリライトする

50位の記事よりも、より1ページ目に近い11〜30位の記事をリライトした方が短期間で1ページ目に表示できる確率が高くリライト優先順位が高いです。検索順位毎の想定クリック率を知りたい方はこちら

② 検索ボリュームを基準にリライトする

仮に同じ11位の記事が2つある場合、月間検索ボリュームが多い記事をリライトした方が上位表示された際のアクセス数が増えます。

③ キーワード価値を基準にリライトする

仮に同じ検索ボリュームかつ検索ボリュームも拮抗している記事が複数ある場合、より問い合わせやコンバージョンに近い検索キーワードを選びます。

④ クリック率(CTR)を基準にリライトする

仮に検索順位が5位の記事が2記事あった場合、クリック率の低い記事のタイトル・ディスクリプションをリライトした方がアクセス数が増えます。

リライトやり方には大きく2つのアプローチがある

リライトする上でのSEO対策種類やテクニックは数多くありますが、取り掛かる前の既存記事のリライト方針/方向性を決定するための分析アプローチ方法は2つあります。

1つ目は、客観的数字(数字データや流入キーワードなど)を元に数字やデータを元にリライト方針を決めるやり方。2つ目は、検索結果画面やユーザーニーズを元にリライトする方法です。

どちらのアプローチ方法も、Googleとユーザーに評価されるためには必要で、2つのアプローチを組み合わせることで、より評価される記事にするためのリライトが可能となります。

Googleサーチコンソールのデータからリライト(データ数字から分析)

Googleサーチコンソールとは、Googleが無償で提供している分析ツールで、サイト順位状況とユーザーがアクセスするまでのデータを事細かく確認することができます。

① 検索パフォーマンスから新規検索条件に対象記事URLを指定する

② 対象記事URLで表示されているキーワードと検索順位を確認(対象期間は3ヶ月/1ヶ月/1週間)

サーチコンソールを使用したリライト方法は、リライトをする記事の流入キーワードや検索順位、表示回数を確認する方法です。また、当初記事作成する際に想定していた対策キーワードと実際に表示されているキーワード群にズレがないかを確認します。

対策キーワードと表示キーワードのズレを確認

① ズレが大きい場合のリライトここで当初の対策キーワードと実際に記事が検索表示されているキーワード群に大きくずれがある場合は、抜本的なリライトが必要となります。対策キーワードと実際表示されているキーワードが異なっている場合は、表示されているキーワード群に記事内容を合わせるリライトを推奨します。

例えば、「SEOキーワード 入れ方」で記事を作成したのにも関わらず、実際に表示されているキーワードは「SEOキーワード 数」「 SEOキーワード場所」で表示回数が多く、順位が高いなどです。

② ズレがない場合のリライト対策キーワードと表示されているキーワード群にズレがない場合は、実際のインプレッションから検索クエリを確認して、高順位やクリックされているキーワードを確認します。対策キーワードで順位向上させるために必要な情報を追記/修正するリライトを行います。

次に対策キーワード以外で表示回数が多かったり、検索順位が高いキーワードがないかを確認します。順位目安は30位くらいです。もし想定外のキーワードで30位ほどのキーワードがあり、狙いたいキーワードであればタグにキーワードを入れたり、記事内容にキーワードに対する情報を追加するなどのリライトをします。

検索結果画面やユーザーニーズからリライト(ユーザーニーズを参考)

対策キーワードでGoogle検索結果に表示される上位1ページ目の記事内容を参考にしたり、関連キーワードや悩み解決サイトからユーザーニーズを把握して、ユーザーの悩みや知りたいことに対して検索結果に情報はないけど自分は知っている有益な情報がある場合は記事に追加するやり方です。

ユーザーニーズを客観的に理解するためにはGoogle検索の関連ワード、Google検索結果画面、Q&Aサイトの質問などから、対象ユーザーの悩みや知りたいことを把握することで検索意図に合った記事内容を作成することができます。

・関連キーワード

・悩み解決サイト

yahoo知恵

作成した記事を3ヶ月後に見返すと、必ずと言っていいほど違和感を感じたり改善点がみつかります。その際に、対策キーワードに対するユーザーの検索意図に沿いながら、上位記事にはない独自の有益な情報を2,3割混ぜてあげることで、上位表示しやすい記事となります。

リライトのやり方

記事を上位表示させるためには、ユーザーとGoogleの両方から評価される記事を作成する必要があります。リライト対策でも、Googleに対して評価してもらうためのリライトやり方とユーザーに評価されるためにやるリライト方法があります。

Googleに評価されるためのリライトはSEO内部対策の範囲となることが多く、ユーザーに評価されるためのリライトは記事の構成を変更したり、情報を追加したり、導線を改善するなどの対策となります。

Google評価を上げるためのリライト

Google評価を上げるリライトは内部対策が多く、キーワードをタグや文章に入れ込むなどのテクニカルなSEO対策のイメージです。Googleにページ内容をしっかり伝えるために、タイトル・ディスクリプションタグの見直し、hタグの見直し、内部リンクの追加などのリライトを実施します。

hタグに対策キーワードを入れる

メインの対策キーワードはh1タグに、メイン対策キーワードの共起後はh2タグに入れることでページ構成がGoogleにしっかり伝わります。

title/descriptionタグに対策キーワードを入れる

各タグへの検索順位向上のために効果的なキーワードの入れ方は上位表示させるSEOキーワードの入れ方コツを公開」をご覧ください。

上位ページの文字数を参考にリライトする

文字数を意識することは、本質的ではありませんが、現在でも文字数と順位には相関関係があります。上位ページと対策記事の文字数を比較して文字数が劣る場合は必要な情報量が不足していることが考えられるため何の情報が足らないかを分析して追記しましょう。

【参考】無料文字チェックツールURL

遷移率を上げるリライト

現在のGoogleアルゴリズムでは、1つの記事から他のページをより多く長い時間みられているページとサイトを評価しています。そのため、記事単体内容が優れていても他のページに遷移していないとGoogleから評価されません。

アクセスユーザーの遷移率や滞在時間を高めるために有効な方法が「関連記事への内部リンク設置」です。

同一サイトにある関連ページを、ユーザーの検索意図に沿って上手に内部リンク設置をしてあげることで遷移率と滞在時間が上がり順位が上がります。

【内部対策について詳しく知りたい方向け】SEO内部対策とは?の疑問を全て解決!初心者でもわかりやすく対策手順を図解。

ユーザー評価を上げるリライト

CTRを上げるリライト

検索結果面からの流入率、クリック率を上げるための対策です。タイトルとディスクリプションタグ内の文章をよりユーザーがクリックしたくなるような魅力的な文章にリライトすることで、同じ検索順位でも大きくアクセス数を増やすことができます。


・タイトルタグの場所

・ディスクリプションタグの場所

滞在時間を上げるためのリード文章リライト

検索結果画面からクリックしてアクセスしたユーザーを離脱させないためのリード文章を作成します。
この記事は読む価値のあるコンテンツだと思ってもらえるようなリード文があるだけで、直帰率を大幅に下げることができます。

即離脱を減らすリード文

lead-sentence

問い合わせ率を高める導線設計に改善する

ユーザーが問い合わせや資料請求をしたくなるようなCVボタンまでの文章流れや、配置の導線設計が大切です。

適切な場所に、自然な流れでCVボタンが挿入されているかを確認しましょう。サイト(記事)導線改善でコンバージョン数を増やす方法を知りたい方はこちら【関連記事】CVR(コンバージョン率)とは?計算方法や業界平均CVR、改善方法4つ解説します。

上位ページにはないオリジナル情報を追加する

上位1ページ目に表示されているページをみると、どれも似たり寄ったりな印象をうける方もいらっしゃるかと思います。1ページ目に表示されているということは、Googleからユーザーの検索意図を満たしているページトップ10のページとなりますが、上位ページを参考にしすぎるあまり上位ページを組み合わせたような記事を作成すると上位表示されません。

理由は、Google側から見て既に情報があるのに新たなページを上位表示させる必要がないからです。そのため上位ページにはない、自分が知っている有益な情報を追加すると上位表示されやすいです。

リライトのコツ

効率よく検索順位をあげるためにここだけは押さえておきたいリライトのコツまとめましたのでご覧ください。

重複コンテンツを作成しない

一つのサイトに重複した内容の記事(ページ)があるとGoogleからの評価が分散して本来の記事ポテンシャルを発揮できません。発揮できないどころか、重複コンテンツが多いと検索順位が下落してしまうこともあるので注意して記事制作に臨む必要があります。

1つの対策キーワードに対して複数の記事がGoogleから評価され検索結果に上がってしまうことを記事のカニバリゼーションと呼びます。カニバリゼーションが起きた場合の対処法として、以下の対処方法があります。

① 記事を1つに統合する
② カノニカル設定をする
③ 一部をどちらかの記事に移管し内部リンクでつなぐ
④ いらない方の記事を消去する

複数の記事で重複コンテンツを作成を防ぐには、記事を作成する前のキーワード選定と同じ検索意図キーワード群をグルーピングすることが大切です。

キーワード選定方法やグルーピングに自信のない方は「SEOキーワード選定のやり方(コツ)初心者でも1から実践できる選び方手順をお伝えしますをご覧ください。

関連記事を内部リンクで繋ぐ

既存サイト内の関連するページ同士をリンクで繋ぎます。

サイト内の関連ページを適切に繋ぐとリンク元とリンク先の両ページの品質が高まり相乗効果で上位表示ができます。

内部リンクはGoogleクローラーに対して大きな効果があります。

・クローラーが巡回するの網(内部リンク)を張り巡らして新規コンテンツのインデックスを早める。・コンテンツの情報を最大限認識してもらうためにも、内部リンクでクローラーを誘導する。・記事同士の関連性を高め、網羅性・専門性・権威性をサイト全体で伝えることができる。

サイト全体の検索順位を押し上げるための内部リンク貼り方を知りたい方は内部リンクとは?SEO効果の高い内部リンク対策をご覧ください。

Googleに評価されるキーワート入れ方をする

対策キーワードをページ内に入力しても、キーワードの入れ方だけで検索順位の上がり方が大きく変わってきます。逆にGoogleから読み取られやすい、キーワード入れ方を知っているだけで検索順位を向上させることができます。

入れ方のコツは以下の4つになります。

①キーワードを左に詰めて入力する
②対策キーワードと同じ語順で入力する
③各タグに合ったキーワード数を入れる
④タグと本文に不自然にキーワードを多用しない

詳しい対策キーワードの入れ方を知りたい方は上位表示させるSEOキーワードの入れ方コツを公開」をご覧ください。

オリジナルの画像を入れる

現在のSEOではオリジナルの画像を記事に使用した方が、無料素材を使用した記事よりも順位があがりやすいです。そのため、できるだけオリジナルの写真やイラストを使用して記事を作成することを推奨します。

検索意図に沿いながらオリジナル情報を盛り込む

上位表示させる記事を作成するコツとして
対策キーワードに対するユーザー検索意図を7割合わせながら、3割はオリジナルの情報を盛り込むことが今のGoogleアルゴリズムで評価されるために大切です。たとえ記事内容がよくても既に上位ページにある情報ばかりで構成されている記事は、よほどドメインパワーが高いサイト出ない限り上位表示できません。

著者監修を入れる

Googleがサイトを評価する一つのポイントとして「どんなサイトが発信しているコンテンツなのか」を重要視しています。具体的には以下の3つのような信頼性・権威性の高いサイトをGoogleは評価します。

  1. ユーザーが専門的だと思える経歴のある人物は発信しているサイト
  2. サイトの運営者が業界トップクラスの企業や政府機関の担当者など
  3. 特定のジャンルについての良質なコンテンツが網羅されている専門的なサイト

そんため、Googleから信頼性・権威性の高いと評価されている人が執筆/監修した記事は順位が上がりやすいです。監修者は以下のような形で掲載して、監修者のSNSや運営しているサイトのリンクをつけることでGoogleから監修者と記事の関係性が伝わり記事への信頼性が上がります。

↓記事監修者の記事掲載例です

本当にユーザーのためになる記事を作成する

まずは想定される読者がどんな人か、どんな悩みを持ち、検索エンジンを通じてどんな情報を知りたいかを具体的に想像します。そして記事を作成するときのコツとして、知識のなかった頃の自分に対して基本から丁寧に教えてあげるようなイメージで作成するとユーザーにとってもわかりやすい記事を作成しやすくなります。

記事作成で大切なことは、1発で完璧を目指さずに作成後に何度も記事を見返して、論理の飛躍がないか確認したり、記事構成や文章の流れに違和感がないか、関連してユーザーが知りたい記事へ内部リンクでつなげるところはないかなどをリライトしてブラッシュアップすることで100点の記事にすることです。

リライト方法まとめ

既に1ページ目や検索結果にある情報を新規記事にまとめたところで、誰のためにもならずなんの意味もありません。まだ検索結果に表示されていない情報が書かれている記事を作成して初めてユーザーのためになりGoogleからも評価されます。これが記事を作成する上で大切な本質的考えとなります。

今後SEO業者への外注依頼をご検討されている方は、SEO業者への依頼後で失敗しないために必要な「業界予備知識」と「業者選定方法」を詰め込んだSEO業者への依頼で失敗しないために必ず見て欲しい「予備知識」と「業者選定方法」をご覧ください。

SEO対策外注の費用相場や、対策毎の平均費用感を詳しく知りたい方は、SEO対策にかかる費用【まとめ完全版】外注料金相場と業者選定ポイントを徹底解説をご覧ください。

【PR】弊社ではリライト方法やコンテンツ記事のキーワード選定など検索上位は当然で、売上最大化をゴールとしたSEOコンサルティングをご提供していますのでよろしければご覧ください。→SEOコンサルティングサービスはこちら