SEO対策業者へ依頼をする前に見て欲しい「予備知識」と「選び方」

SEO業者に依頼して、ひどい目にあったというお客さんにこれまで数多く出会ってきました。SEOに携わる1人として、悪質なSEO業者が多いことはとても残念でSEO業界の課題だと考えています。

SEO対策の依頼をご検討の経営者様や事業責任者の方に向けて依頼後、後悔しないための【予備知識】【業者選定方法】をご紹介します。

SEO対策をよく知らない方にとって、知識もない状況で依頼する対策と業者の良し悪しを判断することは不可能に近いと思います。

そのため、本記事ではSEO依頼の失敗を限りなく防ぐための「知識」「情報」を細かくおまとめしたので是非最後までご覧ください。

SEO診断

SEO依頼で失敗する理由は
「知識不足」と「業者選定方法を知らないから

失敗の要因を大きく分けると、SEO対策の事前の『知識不足』『業者の見極め方を知らない』の2つに分類できます。

SEO業者に依頼して、ひどい目にあったというお客さんにこれまで数多く出会ってきました。SEOに携わる1人として、悪質なSEO業者が多いことはとても残念でSEO業界の課題だと考えています。

そのためSEOを業者に依頼する際は、まず疑いの目を持って慎重に業者を決めて依頼する必要があります。

そもそもSEO(Search Engine Optimization)とは日本語で検索エンジン最適化の略で、検索エンジンを利用したWEBマーケティング手法の一つで検索結果でより上位にサイトを表示することで流入増加が可能になります。また日本では、Google検索が9割以上のシェアを占めているためGoogleに対しての検索エンジン最適化をSEO対策と一般的には呼びます。

SEO対策でまず理解しておくべきことは、検索順位を決定するアルゴリズムはGoogleしかわからないためSEO実行者は100%上位表示に対して確証を持って対策実行しているわけではありません。

検索アルゴリズムの評価項目について、Googleがこういうサイトを評価しますと抽象的に公表はしています(Google が掲げる 10 の事実)が、Googleにしか具体的なアルゴリズムはわかりません。そのため、世の中のSEOコンサルタントは実際にサイトで試行錯誤を繰り返して、今のアルゴリズムを探り対策している状況です。

SEO業界の問題点

SEO会社で優秀なSEOコンサルタントは2年程で企業を辞めて独立する傾向が強いです。そのため実力のあるSEOコンサルタントは一部を除いて一般的なSEO会社に属さない風潮にあります。結果、優秀なSEO担当に運良く巡り会えたとしても1年以内で担当が変わる可能性が高いです。

業界の問題点として、一人当たりクライアント数多くしないと成り立たない構造のため、余程月額のSEO予算を支払わない限り片手間に扱われてしまうでしょう。またSEO契約後に初めてSEO実行担当の詳細がわかるケースが多く、会社実績と担当実績の乖離もあります。

これからのSEO対策は大前提内製化を目指してやるべき理由

これからの企業のSEO対策は、大前提内製化を目指す前提で進めないと機会損失(お金・時間・人材)をしてしまうでしょう。

なぜか、今のSEOの流れは昔のブラックハットSEO(自作自演被リンクや隠しテキスト、対策キーワードの詰め込み等)が通用せず、専門性や権威性など、ユーザーに対して有益なコンテンツでなければ上位表示できないようになっています。コンテンツに専門性を求められるため、業界知識や自社サービス、競合の動向を熟知している人でないと今求められているSEO対策を実行できません。

そのため、専門性が高くサービスを熟知した自社の社員がSEO対策をできるようになるのが一番コストパフォーマンスが良いです。

しかし現実は、すぐにSEO対策を内製化できるわけではないので、自社の状況にあわせて段階的にSEOの内製化がベストだと考えています。SEO対策を業者に依頼する意味としては、内製化のために自社リソースでは追いつかない部分を補うことにあります。

【PR】弊社では、ご要望があれば企業のSEO内製化を全力でサポートいたします。SEO内製化支援サービス詳細はこちら

SEO依頼でよくある失敗例について

まず最初に、SEO業者に依頼をしてどのようなポイントで失敗してしまうかを、過去の実際にあった失敗事例からご紹介します。これは経験上ですが、SEOを外注依頼して成功してる会社さんはあくまで体感ですが3割あるかないか程度です。それほどSEOを外注依頼して、成功させることは難しいです。

失敗の要因を大きく分けると、『SEO対策の事前知識不足』『正しいSEO業者の見極め方』の2つに分類することができます。実際に依頼してからどのような失敗例があるかいくつか具体例を記載します。

費用相場感を知らずに失敗する(費用相場の知識不足)

SEO対策の費用相場感を知らないと、業者から提示された金額が高いか安いかの判断がつかず結果高い料金で契約してしまう恐れがあります。これを防ぐためには、あらかじめSEO対策の費用相場感や料金体系を知っておくことで、提示された金額への正しい判断ができます。

SEO対策のチョイスを間違える(SEO対策知識不足)

最低限SEO対策がどのような対策なのか、今のSEO対策で大切なポイントを知らなければ、業者に言われるがままに対策を提案、実行されて失敗してしまうこと恐れがあります。最後はプロに任せるとしても、最低限のSEO知識と正しい方向性を理解しなければ、依頼してもSEO対策の成功は難しいです。

SEO対策はGoogle検索エンジンの「ルール」と「評価基準」を理解すれば、自ずと自社のホームページ検索順位の上げる方法にたどり着けます。本質的なSEO対策の考え方から「内部施策」「キーワード選定方法」「競合サイト分析」など検索順位を上げるために必須なSEO対策のやり方手法を全てまとめて解説した記事がありますので、SEO知識に自信のない方は下記記事を読んでいただけると最低限必要なSEO知識を理解できます。「検索順位を上げるSEO対策のやり方。狙っているキーワードで上表表示させる方法を解説

担当のレベルが低い、業者が提示した実績と担当者の実績が乖離している(業界知識不足)

業者の選び方や、提案時にこちらの確認が漏れていると、提案時に期待したレベルより遥かに低いSEO担当者がついてしまいます。これは、業者選定のポイントを知らないために起きる失敗です。

また業者が実績として出したSEO実績と実際に担当につくSEOディレクターの実績が乖離してるケースです。

インハウス支援してくれない(業者選定のミス)

インハウス化も支援すると契約前に言われたが、サービスが始まると情報開示を小出しにして契約期間を伸ばそうとされるパターンです。

悪質な業者にひっかかる(業者選定のミス)

サービス開始後、対策内容を聞いても具体的な答えが返ってこない。対策することがないのに、契約更新月に近づくと連絡が増え、契約を更新するための提案をしてくる。

SEO依頼を失敗しないために必要な事前知識

本章では、SEO業者への依頼で失敗してしまう要因の一つ『SEO対策の事前知識不足』を解消するために必要な知識と情報を記載していきます。

依頼をする前にSEO対策の特性を理解する

導入後、こんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、SEO対策の特性や成果が現れるまでに最低限必要な期間について理解をする必要があります。

SEO対策は、上手くいけば継続的に流入を獲得できる対策方法です。上位表示を達成すれば、集客費用をかけずに問い合わせを獲得できるため、中長期的にみた際にとても資産価値の高い集客方法となっています。デメリットとしては、仮に成功しても対策してから問い合わせ数が増えるまでに半年前後かかってしまうことやSEO対策をしたからといって必ず上位表示を達成して問い合わせを獲得できる保証がないことです。

・問い合わせ獲得までの期間イメージ

リスティング広告などのWeb広告は、広告費用を投じればかけた費用だけ広告が表示されます。そのため広告開始初月からアクセス数と問い合わせを獲得できます。デメリットとしては、毎月広告費用を支払い続けなければ集客ができないことです。

そのため、自社の問い合わせ獲得までの期間目標や事業目標、マーケティング予算など総合的に判断して対策を決定する必要があります。

SEOやリスティング広告などWEBマーケティング対策はそれぞれに長所と短所があり、企業の状況や事業目的にあった対策を選定することが非常に大切です

WEBマーケティング対策概要やWEB集客手法一覧、各対策の特徴を知りたい方は「ホームページ集客はコツさえ掴めばすぐに効果を発揮します。成功する集客方法を解説」をご覧ください。

上位表示させるために必要なSEO対策本質の理解

現在Googleが検索順位を決定するためにサイトを評価するポイントは大きく3つあります。

①Googleがサイトを信頼できるかどうか

②Googleがサイト内容を読み取れるか

③対象ユーザーにとって有益なコンテンツかつ情報を網羅しているか

googleサイト評価本質

そして上記、評価ポイント3つを向上させるためのSEO対策が以下の3つとなります。

昔はGoogleアルゴリズムの精度が低かったですが、アップデートを繰り返して近年飛躍的にGoogle検索の精度が向上しています。

そのためより、ユーザーがいいと思うサイトをGoogleも良いと判断できるようになっています。Googleの評価基準やアップデートの歴史、3つのSEO対策特徴について詳しく知りたい方は「検索順位を上げるSEO対策のやり方。狙っているキーワードで上表表示させる方法を解説」をご覧ください。

内部対策について詳しく知りたい方向けSEO内部対策とは?の疑問を全て解決!初心者でもわかりやすく対策手順を図解。

コンテンツSEO概要や上位表示させる具体的な記事作成方法を知りたい方はこちらをご覧くださいSEOに強い記事を作成するために必ず押さえるべき19項目

自社サービスとSEOの相性を知る

SEO対策は、相性が良く成果が出やすい業種・商材・サービスが存在します。下記項目に該当するほどSEO対策との相性が良いと判断できます。

SEOと相性が良いケース

①商品単価が高い
→商材単価が高い方が費用対が合いやすいです

②ドメインパワーの高いサイトを既に運用している
→サイト運用歴や被リンク数が影響します

③業界シェア比率が高い
→実際の知名度とSEOの強さは相関関係があります

④ニッチな商材
→競合がSEOに力を入れてない業界やニッチなサービスは上位表示しやすいです

⑤競合企業でSEOに強いサイトがあまりない
→SEOは相対評価で決定します 競合サイトと比較の仕方「ホームページのアクセス数を増やすためのSEO対策を徹底解説

・SEO依頼前に確認すること

SEO対策をしても、成果が上がらない(上がりにくい)サイト設計やジャンルがあるため事前に自社サイトが該当しないかをチェックしてみてください。全てクリアしてからSEO対策を実施することで成功率がグッと高まります。

①対策サイトのシステム(CMS)がSEO対策と相性かいいか確認
②競合サイトと自社サイトの差分チェック
③対策サイトテーマがYMYLジャンルに当てはまらないか
④自社にWEB対策体制がある程度あるか

BtoCとBtoBサイトのSEO対策アプローチの違い

BtoC(一般消費者向け)サイトBtoB(法人向け)サイトではSEO対策の考え方が少し変わります。

決定的な上記2つの違いが、BtoCサイトは問い合わせ(申込み、購入など)がゴール/目標なのに対してBtoBサイトは問い合わせ後の受注がゴールということです。

そのため、BtoBサイトのSEO担当者は問い合わせ後の営業フローや受注率も見据えてSEO対策を実行する必要があります。

SEO対策の外注費用相場と料金体系について

あらかじめSEO対策の費用相場感や料金体系を知っておくことで、業者から提示された金額が適正かどうかの判断ができるようになります。SEO業者の外注平均相場と対策毎の料金相場詳細についてはSEO対策にかかる費用の相場を「外注業者規模」と「対策別」に解説」をご覧ください。

SEO依頼する前に知っておく業者特徴

実際に依頼をする際に、SEO業者の特徴について事前に把握する必要があります。

大手SEO業者か小規模SEO業者か

結論SEO対策にかける予算がある場合(月額50万を目安)、手っ取り早く大手業者に依頼をオススメします。

理由は、探す手間も良い担当に当たる確率が高いからです。またツールの導入だけの場合も大手業者に依頼をオススメします。

しかし予算がない場合(月額50万円未満)、小規模業者への依頼をオススメします。

基本的に、予算があれば良い人材が担当についてくれますが、予算がないといくら大手でも新人や経験の少ない担当がつく場合が多々みられます。そのため予算が潤沢になければ選定に多少時間を費やしてしまいますが、まずは数社に見積もり提案をしてもらうことをオススメします。

→大手業者と小規模業者の費用比較はこちら

自社ツールを持っている業者かどうか

最近ではSEO内製化需要が高まっているため、自社SEOツールを開発提供して自社ツールとSEOコンサルティングを併用で提供しているSEO業者が多いです(特に大手SEO業者)。

SEOツールは使いこなせればとても便利なツールですが、社内のWEB体制やWEB理解度が低いとせっかくツールを導入しても形骸化する恐れがあります。形骸化しないためにも、企業フェーズに合ったおすすめのSEO依頼を3つにわけてご紹介します。

完全外注依頼が良いケース

社内にSEOに詳しい人材がいなかったり、組織としてWEBに疎い会社であればまずはツール導入意外にも、コンサルティングや対策代行も含めた完全外注をおすすめします。理由は、成果が出る期間と社内体制が整うスピードが早いからです。詳細な情報がなく手探りな状況で対策を進めることは、時間と人件費と結果までのスピードを失ってしまいます。そのため、社内にリソースがない際はしっかりした業者に依頼することをオススメします。そして本当に内製化を支援してくれそうかどうかは依頼する上でとても大切なポイントです。

② 一部外注依頼が良いケース

社内にSEOやWEB知識を持つ社員はいるものの、経験や実践スキルが高くない場合です。

半年から1年後に自社で内製化を目標に、戦略やキーワード選定や優先順位、最新のSEOノウハウをSEO業者から吸収するために社内ではできない対策範囲を一部外注して作業的な対策は社内で行うことをオススメします。

③ SEOツールのみ導入して完全内製が良いケース

社内にSEOやWEBに詳しい人材がいて、体制も整っている場合はSEO対策ツールだけの導入依頼がおすすめです。

ツールを活用することで、より少ない人員で高いパフォーマンスをあげられるためWEBマーケティング体制を構築できます。WEBマーケティング全体の戦略設計や各WEB施策の優先順位や予算振りも社内で判断つきそうであればツールを導入して一気に社内にインハウス体制を構築することをお勧めします。

信頼できるSEO業者に依頼するための選定基準と方法

依頼主の方がSEO業者にお問い合わせや見積もり依頼をした際、まず最初に登場するのがSEO営業担当です。営業とSEO実行者は異なるケースがほとんどです(特に大手業者ほど分業化のためその傾向が強い)。そのため、営業マンはSEO対策を実際に自分でやったことがないため、営業マンの話を100%の鵜呑みにしてはいけないです。あくまで参考程度に話を聞くことをお勧めします。

この章では、SEO業界の裏側や文化を知ることで正しいSEO業者へ依頼するための選定方法をご紹介します。

SEO業者依頼のコツ

まず結論からお話すると、複数の業者に見積もり依頼を実施して、提案内容と費用で1番自社の希望を叶えてくれそうな業者をお選びください。一概に大手だからレベルが高く、小規模だからレベルが低いとは言えないのがSEO会社です。そのためベンチャーと大手のメリットデメリットを理解するためにも、大小問わず見積もりを依頼することをお勧めします。

また依頼費用が大きい対策、特にコンテンツSEOの記事制作を依頼する際は、一社に全て発注することはリスクが高いため、良さげな会社2、3社に並行で作成依頼して、数ヶ月後記事品質や対応など総合的に良いSEO業者を決定するとリスクを軽減できます。

信頼できるSEO業者を選ぶための基準

信頼できるSEO業者を選ぶ絶対の基準はもちろんありませんが、信頼できるSEO業者の傾向と特徴をまとめましたのでご参考ください。

・業者の自社サイトのSEO実績

SEO業者の自社サイトのSEO実績を確認。自社のSEO対策実績はSEO業者の腕を見極める一つの判断材料です。ここでワンポイントが実際に担当してくれるSEOディレクターの実績も確認してください。会社実績と担当SEOディレクターのレベルはイコールにならないため、必ずサービス開始後誰がSEO担当となりその方の実績も確認すると失敗を回避できます。

・提案するSEO対策の具体性

営業力がある人がSEOの提案をすると、具体的な数字や対策スケジュールの掲載がなくてもなんとなく雰囲気で選んでしまい、サービス開始後初めて対策を考えるなどグダグダになり失敗する恐れがあります。そのため、提案段階で具体的な対策内容と対策実施スケジュール感を提案内容に記載してある業者は信頼できる可能性が高いです。

・キーワード選定の具体性

提案の際「こんな感じのキーワード群を狙うために記事制作をします」など具体性に欠けるSEO業者は少し危険です。具体的にこのキーワードに対して、このような対策をして上位表示を狙いますなどある程度の順位が上がる客観的根拠とロジックを説明してくれる業者をお選びください。

・対策の優先順位

対策キーワード選定後に大切なのが、記事作成の優先順位です。正直、対策キーワードを選ぶことはツールで一瞬で抽出できます。SEOで成功するために重要なことは、アクセス数と問い合わせ数が最大化するためSEO対策の優先順位です。そのため、対策の優先順位とスケジュールを具体的に教えてもらいましょう。

・コンテンツ記事制作体制

記事制作にどこまで関わっているか。安い会社はランサーズなどに横流しして、中抜きするケースも多いので料金だけでなく記事制作体制にも注目して選定することをオススメします。

注意をするSEO業者の特徴

逆に、絶対ではないですが悪質なSEO業者の特徴や傾向もあります。業者選定をする上で以下特徴にあてはまったら注意してみてください。

「営業マンの雰囲気が明らかに悪い」「メール文章や電話応答言葉遣いなど基本ができていない」「MEO対策をメイン事業としてやっている」「成果報酬のSEO」「社長の経歴が記載ない又は抽象的」

上記はあくまで、筆者の経験を元にした完全主観の意見となります。

最後に

SEO業者に依頼するために必要な情報を記載させて頂きましたが、それでも不安な方や依頼する前にまずは気軽に相談されたい方がいらっしゃれば、弊社にて無料SEO相談を実施していますのでお気軽にご相談ください。必ず1つは新たな発見/情報をご提供します。現場経験を積んだプロだからできるソリューションをご提供いたします。SEO無料相談はこちら

【PR】弊社では検索上位は当然で、売上最大化をゴールとした
SEOコンサルティングをご提供していますのでよろしければご覧ください。SEOコンサルティングサービスはこちら