【完全版】BingのSEO対策ノウハウと情報を全て公開

SEO対策をBingに特化して行うことは、日本のデジタルマーケティングにおいて隠れたチャンスと言えます。この記事では、日本における検索エンジンの利用比率と、Bingを利用するユーザーのユニークな特徴を掘り下げます。

さらに、BingのSEO対策で成果を上げるための戦略と、特に相性の良いサービスや企業の種類を明らかにし、BingとGoogleのSEO対策の微妙な違いについても解説します。そして、あなたのウェブサイトがどのようにBingユーザーにリーチしているかを確認する方法から、Bing SEOを強化するためのツール、さらにはMicrosoft広告を活用することで得られる特典まで、包括的に解説します。

事前にSEO対策概要を理解されたい方は、2024年最新のGoogleがサイトを評価する「ルール」と「評価基準」をまとめたSEO対策やり方とは?初心者でも1から効率よく上位表示させる方法手順を網羅解説 をご覧いただくとSEO対策を体系的に理解して頂けるかと思います。

SEO対策をよく知らない方にとって、知識もない状況で依頼する対策と業者の良し悪しを判断することは不可能に近いと思います。事前知識や信頼できるSEO業者の選び方を知らずに、ひどい目にあったというお客さんにこれまで数多く出会ってきました。

そのためSEO業者へ依頼する前に最低限必要な「予備知識」と「業者選定方法」を「SEO対策の依頼で失敗しないために必ず見て欲しい「予備知識」と「業者選定方法」におまとめしたので、これから依頼をご検討されている方はぜひご覧ください。

Bing SEO対策で特に重要となるSEO内部対策と対策KW入れ方ノウハウを全てまとめた記事は以下となります。

関連記事:SEOキーワードの入れ方コツを公開。検索上位させる設定場所と数を伝授。

関連記事:内部SEO対策とは?『施策重要度』と『効果』を一覧で解説。

Bing検索エンジンについて

Bingは、Microsoftによって開発されたインターネット検索エンジンです。
2009年にMSN SearchやWindows Live Searchなどの前身を置き換える形で立ち上げられました。Bingは、ウェブページ、画像、動画、ニュースなどの検索サービスを提供し、ユーザーに関連性の高い検索結果を表示することを目指しています。

ChatGPTの登場により2023年のBing検索エンジンは、いくつか大きな革新的な変更点がありました。

  1. ディープサーチ機能Bingは、OpenAIのGPT-4によって駆動される「ディープサーチ」という新機能を導入しました。この機能は、複雑な検索クエリに対してより関連性が高く、包括的な答えを提供するよう設計されています。ディープサーチは、検索クエリをより詳細な説明に拡大し、ユーザーの意図をよりよく説明することで、検索体験を向上させます。たとえば、日本のポイント制度について検索すると、ディープサーチはより広範な説明を作成し、通常の検索結果には表示されない関連する結果を引き出します​​。
  2. AIによるBingとEdgeの強化Microsoftは全く新しい、AI駆動のBing検索エンジンとEdgeブラウザを導入しました。このアップグレードは、より良い検索結果、より完全な回答、新しいチャット体験、およびコンテンツ生成機能を提供することを目的としています。新しいBingは、複雑な検索に対してインタラクティブなチャット体験を提供し、完全な回答を得るまで検索を精査することができます​​。
  3. 倫理的なAIと安全機能Microsoftは倫理的なAIに焦点を当てており、Bingには安全機能が実装されています。適切でないコンテンツの生成を防ぐためのガードレールが設置されています。例えば、歴史上の論争のある人物や誤情報に関するクエリは拒否されるようになり、倫理的なAIの実践とユーザーの安全に対するMicrosoftのコミットメントが示されています​​。
  4. Microsoft Copilotの統合Bingは現在、Microsoft Copilotの一部となっています。Copilotは、様々なAI機能を一つのブランドと体験に統合するもので、検索やライティングなどのタスクをより生産的かつ迅速にすることを目指しています。近日中に導入される予定の新機能には、より複雑で長いタスクを処理できるGPT-4 Turboや、高品質な画像作成のための更新されたDALL-E 3モデルなどがあります​​。

上記をまとめると、最新版のBing検索エンジンは、GPT-4や新しいDeep Search機能の統合により、特に複雑なクエリに対しては、より包括的でユーザーフレンドリーな体験を提供します。また、Microsoft Copilotエコシステムとの統合により、倫理的なAIへの取り組みへと改善されました。

【最新版】日本における検索エンジン利用比率

参照:Search Engine Market Share Japan

日本における検索エンジン市場のシェアを示すグラフで、2022年11月から2023年11月までのデータが含まれています。画像には以下の情報が表示されています:

  • Google: 75.59%
  • Yahoo!: 14.2%
  • Bing: 8.98%
  • DuckDuckGo: 0.33%
  • YANDEX: 0.28%
  • CocCoc: 0.23%
  • その他: 0.23%

Googleが圧倒的なリードを持ち、市場シェアの約3/4を占めていることを示しています。Yahoo!は2位で、およそ1/7のシェアを持っています。Bingは3位で、市場シェアは約9%です。DuckDuckGo、YANDEX、CocCoc、その他の検索エンジンは、合計で1%未満の市場シェアを持っています。

全体として、このグラフは、日本における検索エンジン市場が少数の主要プレーヤーによって支配されていること、そして市場が成熟しており、大きな変動が見られない安定した状態であることを示しています。

これらのデータを基に、今後の使用比率の変化について予想すると、Googleはその強固な地位を維持し続ける可能性が高いです。一方で、Bingは特にビジネスユーザーや技術に敏感なユーザー層において、そのシェアを徐々に伸ばしていく可能性があります。特に、AI技術の組み込みなど、新しい機能の追加がユーザーの興味を引く要因となり得るでしょう。Yahoo!は安定したユーザーベースを維持しつつ、Googleとの機能面での競争を続けると予想されます。

日本における主要3大検索エンジン特徴

  • Google: Googleは日本で最も使用されている検索エンジンで、シェアは約75.59%に達しています。Googleは1997年に開発され、2000年から日本でのサービス提供が開始されました。Googleはそのシンプルなデザインと、関連サービス(GoogleマップやYouTubeなど)の統合により、幅広いユーザー層に利用されています​​。
  • Yahoo!: Yahoo!検索は日本で2番目に利用者が多い検索エンジンで、シェアは14.2%です。Yahoo!JAPANは1996年にサービスを開始し、Googleの検索エンジンシステムを利用しています。Yahoo!ニュースやYahoo!ショッピングなど、多機能なポータルサイトとしての特徴があります​​。
  • Bing: BingはMicrosoft社が提供する検索エンジンで、日本では3番目に利用者が多く、シェアは8.98%です。2010年に日本語版がリリースされ、特にWindows機種に標準搭載されるMicrosoft Edgeブラウザのデフォルト検索エンジンとして設定されているため、ビジネス向けユーザーが多い傾向にあります。また、AIを搭載したチャット機能の公開など、技術的な革新も進めています​​。

Bing検索の特徴とは

Bing検索が使用される環境や状況について

Bing検索エンジンがデフォルトで設定されている環境や状況には以下のようなものがあります。

  1. Microsoft製品: Microsoftの製品、特にWindows OSを搭載したデバイスでは、Bingが検索エンジンとしてデフォルトで設定されている場合が多いです。特に、Windows 10やWindows 11を搭載したデバイスでは、スタートメニューの検索バーからの検索やCortanaを使用した検索がBingを介して行われます。
  2. Microsoft Edgeブラウザ: MicrosoftのウェブブラウザであるEdgeでは、Bingがデフォルトの検索エンジンとして設定されています。ユーザーは設定を変更して他の検索エンジンを選択することも可能ですが、初期設定ではBingが使用されます。
  3. 企業環境: 企業や組織では、Microsoft製品を広く使用している場合が多く、その結果としてBingがデフォルトの検索エンジンとして利用されることがあります。特に、Microsoftのクラウドサービスやオフィススイートを使用しているビジネス環境では、Bingの利用が一般的です。

Bing SEO対策と相性の良いサービスや企業

Bingのユーザー層を考慮すると、次のようなサービスや企業がBing SEO対策と相性が良いと考えられます。

  1. ビジネス向けサービスや製品: Bingユーザーの多くが働き盛りであることを考慮すると、ビジネス関連のサービスや製品、特にB2B市場向けの提案が効果的です。
  2. 高所得者向け製品: Bingユーザーの中には高収入層が多いため、高級品や高品質なサービスの提供にBingは適しています。
  3. 教育関連のコンテンツ: 学校でのPC利用が多いことから、教育関連のサービスや製品、特に若年層を対象とした教育コンテンツに対するSEO対策が有効でしょう。
  4. テクノロジー製品: BingがMicrosoftに関連しているため、テクノロジー製品やITサービスに対する興味も高い可能性があります。

これらの特徴を考慮したSEO対策を行うことで、Bingユーザーに対してより効果的なアプローチが可能になります。また、BingはGoogleと異なるアルゴリズムを使用しているため、検索エンジンによって順位が異なることがあります。このため、各検索エンジンに合わせたSEO対策を行う必要があります。

関連記事:BtoB企業にFacebook広告がおすすめな理由とは

関連記事:BtoBオウンドメディアの成功事例20選!運営方法、手順を解説

BingとGoogle検索のSEO対策違い

これはあくまで、筆者の感想ですが現時点においては、Google検索エンジンより精度が低いといわざるをえないです。理由は、Googleと比較してなぜ上がったか下がったかのロジックが掴めないためです。

BingとGoogle検索の順位違い

上述の通り、Googleの方が検索アルゴリズム精度が高いと思いますが、その一つのご参考例として、2023年12月8日に「オウンドメディアとは運用目的と企業の成功事例を紹介」という記事を投稿しました。

以下は、上記記事のGoogleサーチコンソールとBing Webmaster Toolsでみた検索結果と順位になります。見ていただく通り、記事をアップしたばかりなのにBingではオウンドメディアとはでいきなり3位に表示されている一方、Googleはオウンドメディアという検索キーワードで表示すらされていません(圏外)

そして、Bing検索で一旦は高順位で表示されましたが、数日すると圏外におちています。

Bing Webmaster Tools
Googleサーチコンソール

上記は一例でこれだけで、アルゴリズム精度が劣っている証明にはなりませんが、お伝えしたいこととしては順位の動きや順位付けにGoogle程のロジック性がないということです。

【無料SEOコンサルティング診断】弊社ではサイト順位を向上させるために、SEO観点からサイト状況の調査と競合サイトとの強み弱みを比較することで検索順位向上を図る無料のオンライン診断を実施しています。まずは話を聞いて感覚や費用対効果を理解されたい方はまずはご相談ください。問い合わせを獲得するためのSEO診断はこちら

BingとGoogle検索エンジンの比較

同一サイトでも、BingとGoogleの検索順位には大きな違いがあります。これは両者の検索アルゴリズムの違いに起因しています。以下はGoogleとBingの検索アルゴリズム項目に関する比較表です。

要因GoogleBing
アルゴリズムコンテンツの品質、ユーザーエクスペリエンス、リンクの質を重視。新しいSEOトレンドや技術に迅速に適応するため頻繁にアルゴリズムを更新。ページの権威性や信頼性、ソーシャルメディアの信号、クリアなキーワード信号を重視。
キーワードとメタデータコンテンツ全体の文脈と意味を理解するために自然言語処理技術を使用。過度なキーワードの詰め込みは不要。キーワードの明確な使用を重視し、メタキーワードタグにもある程度の価値を置く。
ソーシャルシグナルソーシャルシグナルを直接的なランキング要因としては使用していないが、間接的な影響はある可能性がある。ソーシャルシグナルを重要なランキング要因としており、ソーシャルメディアでの共有や人気度が直接的に影響する可能性がある。
バックリンクリンクの質を非常に重視し、質の高いリンクを多く持つページを好む傾向にある。バックリンクを重要視するが、Googleほど厳格ではなく、より多くのリンク数がポジティブに働くことがある。
ローカルSEOローカル検索においてGoogleマイビジネスのプロファイルやローカルリストを重視。Bing Places for Businessが重要で、ローカル検索結果に影響を与える。

Bingは、基本的に検索キーワードを重視した検索結果を表示します。例えば、特定のキーワードがタイトルやディスクリプション、hタグ(見出し)に含まれていれば、そのサイトを上位に表示する傾向があります。そのため、キーワードの明確な使用が重要とされています。

また、BingはGoogleと比較してメタキーワードを評価に反映し、リンク元のドメイン年齢も考慮します。さらに、ソーシャルメディアからの流入を重視し、ビデオやオーディオなどのマルチメディアコンテンツを重要視する点もGoogleとの違いです。一方で、Googleはリンク元のページランクを評価に反映させ、コンテンツの質をより重視します。

これらの違いにより、同一サイトでもGoogleとBingでの検索順位には大きな差が生じることが一般的です。したがって、SEO対策を行う際には、これらの違いを意識して、それぞれの検索エンジンに適した対策を講じることが重要です。

またこれらの違いを踏まえて、それぞれの検索エンジンに対して最適化されたSEO戦略を策定することが効果的です。また、SEOは常に進化しているため、最新の検索エンジンのトレンドに注意を払うことも大切です。

関連記事:SEOキーワードの入れ方コツを公開。検索上位させる設定場所と数を伝授。

関連記事:SEO記事の書き方【19原則】文章構成の作成方法を詳しく解説

関連記事:SEO効果を発揮する内部リンクの貼り方・設置方法を解説。

自社サイトのBingユーザー確認方法

Google Analytics 4(GA4)をウェブサイトに登録して設定し、その後、サイトへの検索エンジン別の流入比率を確認する方法は以下の通りです。

GA4の登録と設定

  • Google Analyticsアカウントの作成:
    • Googleアナリティクスの設定には、Googleのアカウント(Gmailアドレス)が必要です。まだ取得していない方は、アカウント作成のページに行き、氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。「アカウントの作成」を選択し、アカウント名を入力します。
  • プロパティの設定:
    • 新しいプロパティを作成し、ウェブサイトの名前とURLを入力します。
    • 時間帯と通貨を設定します。
  • データストリームの設定:
    • 「データストリーム」を選択し、「Web」をクリックします。
    • ウェブサイトのURLを入力し、「ストリームの作成」をクリックします。
  • トラッキングコードの設置:
    • 提供された「Global Site Tag(gtag.js)」をコピーします。
    • このコードをウェブサイトの全てのページの<head>タグ内に貼り付けます。

サイトの検索エンジン別流入比率の確認

  • Google Analyticsにログイン:
    • Google Analyticsにログインし、対象のプロパティを選択します。
  • レポートの閲覧:
    • 左側のナビゲーションバーから「レポート」を選択します。
  • 集客「ユーザー獲得」セクションの確認:
    • 集客「ユーザー」セクションに移動し、下記赤枠をクリック。

ユーザーの最初の参照元/メディアを選択します。

ちなみに「参照元」は、どの検索エンジンや外部サイトからユーザーが流入しているのかという、具体的な流入元を示しています。 「メディア」は、どのチャネルから流入しているのかを示す、流入経路の種類です。 今回でいうと、「bing/organic」となり、参照元はbing(検索媒体)、メディアはorganic(検索流入)となります。

分析のやり方としては、他の検索エンジンとの流入比率はもちろんですが、ユーザーからの見られ方もチェックするとどの検索エンジンと自社サービスが相性が良さそうかを理解できます。これを理解することで、リスティング広告の媒体選びにも活用することが可能です。

関連記事:【競合他社】サイトのアクセス数・PV数を調べる方法

BingSEO対策で活用したいツール

BingのSEO対策に関連して、Bingの検索順位を計測し、サイトのインデックス状態を確認できるツールも含めると、より効果的なSEO戦略を立てることができます。

Bing Webmaster Tools

Bing Webmaster Tools

Bing Webmaster Toolsは、Microsoftが提供する無料のサービスで、ウェブサイトの所有者が自分のサイトをBing検索エンジンに最適化するのを支援します。このツールを使用することで、ウェブサイトのパフォーマンスを追跡し、検索結果における可視性を改善することができます。

Google Analytics(GA4)

GA4

GA4(Google Analytics 4)は、ウェブサイトやアプリの利用状況を分析するためのGoogleの最新ツールです。GA4は以前のバージョンであるUniversal Analyticsとは異なり、ユーザー中心の分析、強化されたプライバシー機能、AIを活用した予測分析などの新機能を提供しています。

ahrefs

hrefs

「arefs(エイチレフス)」は世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。 自社サイトだけでなくあらゆる競合サイトの被リンク分析(バックリンク)や検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応を把握することが可能です。SEO担当者使用率が高いとても優良ツールです。このツールのみで基本的なSEO調査や分析ができるといっとも過言でない程多機能なツールですが、多機能な分、使用者の活用能力が問われます。

Ahrefsの主な特徴は以下の通りです。

サイト監視と分析:自分のウェブサイトのSEOパフォーマンスを追跡し、サイトの強みと弱みを分析する機能を提供します。
バックリンク分析:他のウェブサイトがどのように自分のサイトにリンクしているかを調べ、リンクの質と量を分析できます。
キーワードリサーチ:有効なキーワードを見つけて、検索エンジンでのランキングを向上させるための戦略を立てることができます。
競合分析:競合他社のウェブサイトのSEO戦略を理解し、それに基づいて自分の戦略を調整することができます。
コンテンツリサーチ:人気のあるトピックやトレンドを分析し、効果的なコンテンツ戦略を立てるのに役立ちます。

ただ海外ツールのため、日本語で表示はできますが海外ツールに慣れていない方は抵抗があるかもしれません。

関連記事:SEOキーワードの選び方。選定手順と効果的な戦略を解説

SEMRUSH

SEMRUSH

「SEMRUSH」は、SEO会社が使用するツールでAhrefsと人気を二分する海外のSEO分析ツールです。月額費用は$ 119.95/月とAhrefsと大きな差はありません。Ahrefsと比較すると、順位計測やキーワード調査など日本人が見やすいUIデザインのため、海外製ツールに抵抗がある方でもストレスを感じにくい設計です。

Screaming Frog SEO Spider

スクリーミングフロッグ

「スクリーミングフロッグ」は無料でURLを入力するだけで内部施策で重要な項目を全て調査分析をしてくれるとても優秀なツールです。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

「Googleキーワードプランナー」はGoogleが提供しているキーワードプランニングツールです。大きなメイン機能は、次の2つになります。

  • 指定したキーワードと関連性の高いキーワードの表示
  • 検索キーワードの検索ボリューム予測

Microsoft Clarity

Microsoft Clarity

Microsoft Clarityは、ウェブサイトの分析とユーザーエクスペリエンスの改善に役立つ無料のツールです。 ページ上のクリック、スクロール、マウスムーブメントの分布を視覚化し、ユーザーの行動パターンを理解できます。

Rank Tracker

Rank Tracker

IndexNow

IndexNow

IndexNowは、ウェブサイトのコンテンツを検索エンジンに迅速にインデックスさせるための新しいプロトコルです。このプロトコルは、ウェブサイトの所有者が新しいコンテンツや更新されたページを検索エンジンに直接通知できるようにすることで、検索エンジンのクロールプロセスを効率化します。

関連記事:IndexNowをBingとYandexがサポート、クロール不要で即座にインデックス

合わせて実施したいMicrosoft広告について

Microsoft広告の特徴とメリット

BtoBの商材・サービスに強い

Bingを利用しているユーザーの多くが、仕事で会社用のPCを使用しているビジネスマンです。これによりBtoBの商材やサービスに対するアプローチが効果的です。

豊富なオーディエンス情報

Microsoftは「Windows」「Microsoft Office」「Microsoft Edge」など多様なサービスを展開しており、これらから得られる豊富なユーザー情報を広告のターゲティングに活用できます。

少ない工数で広告出稿可能

Google広告やFacebook広告のキャンペーンをMicrosoft広告にインポートすることができます。これにより、すでに他の媒体で配信している場合、少ない工数で広告を始めることが可能です。

全体的に広告感が薄い

Microsoft広告はGoogleやYahooと比較しても全体的に広告感が薄く、自然な広告表示が可能です。

Google広告との違い

ユーザー層

Microsoft広告はビジネス関連のユーザーに強く、BtoB商材に適しています。一方、Google広告はより広範なユーザー層にリーチできます。

広告表示オプション

Microsoft広告では、Yahoo!広告やGoogle広告では設定できない広告表示オプションが多数あります。これにより、よりカスタマイズされた広告配信が可能です。

価格

一般的に、Microsoft広告のクリック単価はGoogleやYahooより低い傾向にあります。

Microsoft広告はビジネスマンに強いため、配信ボリュームはGoogleやYahooに比べて限られる可能性があります。また、スマホユーザーには広告がほとんど表示されない点に注意が必要です。

配信ボリューム

  • ユーザー層: Microsoft広告はビジネス関連のユーザーに強く、BtoB商材に適しています。一方、Google広告はより広範なユーザー層にリーチできます。
  • 広告表示オプション: Microsoft広告では、Yahoo!広告やGoogle広告では設定できない広告表示オプションが多数あります。これにより、よりカスタマイズされた広告配信が可能です​​。
  • 価格: 一般的に、Microsoft広告のクリック単価はGoogleやYahooより低い傾向にあります​​。
  • 配信ボリューム: Microsoft広告はビジネスマンに強いため、配信ボリュームはGoogleやYahooに比べて限られる可能性があります。また、スマホユーザーには広告がほとんど表示されない点に注意が必要です​​。

これらの特徴を踏まえて、Microsoft広告を利用する場合、特にビジネス向けのサービスや製品を扱っている企業にとって非常に魅力的な広告媒体と言えます。また、Google広告とは異なるアプローチが可能なため、マーケティング戦略において効果的に活用できるでしょう。

Microsoft広告の特徴や運用ノウハウ、アカウント開設方法を知りたい方は、Microsoft(マイクロソフト)広告とは|特徴と配信実績ノウハウを公開をご覧ください。

関連記事:【BtoB企業必見】リスティング広告で効果を高める9つのポイントを解説

BtoB商材に特化したMicrosoft広告運用代行サービスはこちら

Bing SEO対策でよくある質問

Q
bing検索エンジンの精度はGoogleと比較して悪いですか?
Q
bingでインデックスされないですが解決方法を教えてください
Q
bing ウェブマスターツール登録方法を教えてください