SEOライティングの基本再現性のある上位表示を狙うコツと方法を解説

サイトに記事を追加したところで、検索上位を獲得しなければアクセスは見込めません。上位獲得にはSEO対策が必要不可欠であり、多くのサイトでさまざまな対策をしています。

内部対策・外部対策など複数ありますが、根幹となるのはSEOライティング。

SEOライティングとは、検索上位を獲得することを目指してライティングすることを指し、さまざまなテクニックがあります。

今回は、選定したキーワードで上位を獲得するライティング方法から、SEOライティングで重要なポイントまで紹介するので、執筆面で悩みがある人は参考にしてください。

関連記事:SEO記事の書き方【19原則】文章構成の作成方法を詳しく解説

BtoB領域で高い実績を持つSEOディレクター、ライターが戦略立案から実行までを実行

【メンバー実績一覧】
・月間100万PV 製造業メディア立ち上げ運用
・月間リード獲得数50件 機械メディア立ち上げ運用
・月間50万PV 鑑定分析系メディア立ち上げ運用

BtoB企業向け SEO記事制作・作成代行BtoB専門 オウンドメディア立ち上げ運用支援

目次
  1. SEOライティングとは?
  2. SEOライティングの具体的な手順
    1. 1.執筆する目的を決める
    2. 2.ペルソナを設定する
    3. 3キーワード選定
    4. 4.構成作成
    5. 5.構成をもとに記事を執筆する
    6. 6.執筆後の動向を観測する
    7. 7.状況に応じてリライトする
  3. SEOライティングで上位を獲得するために必要な考え方
    1. ユーザーニーズに合った記事を執筆する
    2. ユーザーにとって適切で独自性がある情報を提供する
    3. SEOライティングルールに縛られない
    4. Googleのアップデートに合わせてメンテナンスをする
    5. 順位計測やアクセス解析など効果測定をおこなう
  4. SEOの基本ルールと重視されるポイント
    1. キーワード
    2. キーワード含有量の重要性
    3. 共起語
    4. E-E-A-T
    5. 独自性
    6. ユーザーに寄り添っているかどうか
  5. キーワードを選定する際のコツ
  6. リサーチをする際に抑えておきたいこと
    1. 検索意図を考えたうえでターゲットを明確にする
    2. 上位サイトを参考に記事構成を確認する
  7. 構成を作成する際に意識したいコツ
    1. ユーザーに寄り添った見出し作成をする
    2. 文章の流れを意識する
    3. 目次を見て記事の概要がわかる見出しにする
    4. 独自性が高い構成を作成する
    5. 対策キーワードを見出しに含める
  8. SEOライティングで実践すべきこと・やり方
    1. ターゲットに合わせたニュアンスで執筆する
    2. 重要な場所に装飾をする
    3. 図解や画像を入れて読み進めやすくする
    4. 信頼性がある情報を提供する
    5. 内部リンクでサイトを回遊しやすくする
  9. SEOライティング後にチェックしたい5つのポイント
    1. 見出しが内容に沿っているかどうか
    2. ユーザー目線で執筆しているかどうか
    3. ユーザーの悩みを解決できているかどうか
    4. キーワードに対しての理解度があるかどうか
    5. 記事を読み進められる工夫ができているかどうか
  10. 昨今のSEOで重要視される項目と要素
    1. H1タグ・タイトル
    2. ディスクリプション・抜粋
    3. 記事の公開日と更新日
    4. リード文
    5. 記事の引用
    6. 記事の監修
    7. alt属性
    8. メタキーワード
    9. DR(ドメインランク)
  11. 対策キーワードで1位を獲得するために必要なこと
    1. 過去のSEOにも目を向ける
    2. ユーザー目線で常にコンテンツを更新する
  12. SEOライティングで活用したいツール
    1. キーワード選定ツール
    2. コピペチェックツール
  13. SEOライティングにAIはどう影響する?
    1. GoogleのAIに対する考え
    2. AI文章生成の精度は実際どう?
    3. SEOライティングにおける生成AIの活用方法
  14. SEOライティングまとめ

SEOライティングとは?

SEOライティングは、上位表示を意識・目指してライティングする手法です。

昨今のGoogleは、キーワードを検索したユーザーが適切な情報にたどり着けるように、アルゴリズムを定期的にアップデートしています。

SGEという機能もその一つです。

SGEを表示し上位サイトをAIに自動要約させることで、時間をかけることなく適切な情報に誘導しています。

現代のSEOでは、情報量を詰め込むだけではなく、ユーザーに寄り添った悩みを解決できる記事が求められています。

つまり、SEOライティングではユーザーファーストな記事を作成することが最重要です。

そのためには、以下のことを意識して執筆する必要があります。

【現代のSEOライティングで意識するべきこと】

  • ストレスなくユーザーを記事に誘導する
    →キーワードに沿った内容での執筆
  • キーワードに応じた悩みや不安の解決
    →ユーザーニーズを意識した執筆
  • 独自性や専門性がある情報の提供
    →ほかの記事にはない情報を提供する

ユーザーにとって有益な情報を提供すると、検索エンジンに優遇され上位表示されやすくなります。

そのため、淡々と執筆するのではなく、SEOを意識しながら執筆することが、上位獲得の近道と言えるでしょう。

SEOライティングの具体的な手順

記事で検索上位を獲得するためには、SEOを意識したライティングが必要です。

そのためには、基礎を理解しなければなりません。

まずは、手順から紹介します。

【SEOライティングの具体的な手順】

  1. 執筆する目的を決める
  2. ペルソナを設定する
  3. キーワード選定
  4. 構成作成
  5. 構成をもとに記事を執筆する
  6. 執筆後の動向を観測する
  7. 状況に応じてリライトする

SEOライティングは、執筆も重要ですが、執筆前のリサーチが非常に重要です。

ユーザーニーズを明確にしたうえで、適切な情報を独自性を交えてライティングしましょう。

1.執筆する目的を決める

まず、SEOライティングをする前に、執筆する目的を決める必要があります。

なぜ記事を執筆するのかを明確にしないと、ユーザーファーストな記事が書けないからです。

記事を執筆する目的は、以下のとおりです。

【記事を執筆する目的】

  • サイトへの集客
  • 商品購入・サービス登録
  • 自社サービスの認知度向上(BtoB)

事前に執筆する目的を決めておくと、キーワード選定が楽になります。

例えば、サイトへの集客を考えている場合は、いったん商品やサービスの紹介は度外視します。

集客につながるキーワードのみを選定し、執筆すると自然です。

「SEO」というジャンルで記事を執筆することを例に、集客キーワードとCVキーワードをまとめました。

事前に目的を決めておけば、適切な情報をユーザーに提供できます。

結果として、Googleに評価されて上位表示されやすくなり、上位を獲得しやすくなります。

2.ペルソナを設定する

執筆する目的が決まったら、ターゲットを明確にしましょう。

また、あわせてジャンルも選定しておくと、記事が執筆しやすくなります。

Googleで検索されているキーワードは、ジャンルによってユーザー層が異なります。

いくつかジャンルをピックアップしたので、以下を参考にしてください。

恋愛系の記事を執筆する場合、ターゲットは女性に偏ります。

ビジネス系やSEOなどのIT関連は、20~40代の男性がおもなターゲットになるでしょう。

このように、まずはざっくりターゲットを絞っておきます。

執筆する際は、年齢やターゲットにニュアンスを合わせると可読性が上がります。

ジャンルに応じたターゲットがある程度明確になったら、ペルソナを設定します。

ペルソナとは、ターゲットをさらに明確にしたものです。

現時点でも、性別と年齢が決まっているので記事は執筆できますが、ユーザーに寄り添った記事は書けません。

そのため、ペルソナを設定して、より具体的にターゲットを絞っていきましょう。

「SEO」ジャンルで記事を執筆する場合、以下のようなペルソナの設定ができます。

決められたジャンルから想定できる情報を、可能な限り羅列することで、より具体的なペルソナが完成します。

3キーワード選定

ペルソナ設定が終わり、ジャンルとターゲットが明確になったら、いよいよキーワードを選定します。

キーワード選定は、上位表示できるかどうかを大きく左右します。

選定したキーワードによっては、上位表示されないどころか、検索にヒットしない可能性もあるため、時間をかけて選ばなければなりません。

SEOライティングにおけるキーワードは、ざっくり分類すると以下の3つになります。

ビッグワードは、競合が多く上位表示が難しい反面、検索上位を獲得できた際に、大きな集客とCVが期待できます。

ミドルワードは、ビッグワードほど競合はおらず、上位獲得の難易度もやや低めですが、劇的な効果は期待できません。

スモールワードに関しては、上位獲得がしやすいものの、そもそも検索されることが少ないことから、目に見える効果が期待できないことが多いです。

しかし、ビッグワードでも競合が少なく上位を獲得できるようなものもあります。

逆に、スモールワードでも競合次第では上位を獲得できない可能性もあるため、実際にキーワードを検索してリサーチしたうえで判断することが大切です。

具体的なSEOキーワード選定方法は「SEOキーワード選定のやり方(コツ)初心者でも1から実践できる選び方手順をお伝えしますをご覧ください。

4.構成作成

キーワードが選定できたら、構成を作成します。

SEOライティングでやりがちなミスが、構成を作成しないまま執筆することです。

構成とはスポーツでいうストレッチのようなもので、SEOライティングをする前の準備です。

ストレッチをしないままスポーツをすると怪我をするように、構成を作成しない状態で記事を執筆すると、以下のようなことになります。

【構成を作成せずに執筆すると起きること】

  • ユーザーファーストな記事が書けない
  • 執筆途中で行き詰ってしまう
  • ダラダラ長い記事を書いてしまう
    →結果として上位表示ができなくなる

そのため、必ず構成を作成しましょう。

「SEOライティング」というキーワードで執筆をする場合、ユーザーは「SEOライティングについて知りたい人」が対象です。

そのことを踏まえたうえで、どのような情報が必要なのかをピックアップします。

執筆することを想定して、いくつか悩みをピックアップしました。

検索上位に含まれている見出しや、実際にワードを検索した際の関連キーワードを参考にしながら作成すると、ユーザーニーズを満たせる構成が作成できます。

関連記事:SEOにおける共起語とは?関連語、サジェストキーワードとの違いを解説

5.構成をもとに記事を執筆する

構成を作成したら、いよいよライティングです。

具体的なテクニックに関しては後述しますが、以下のことを意識して執筆をします。

【SEOライティングで意識するべきこと】

  • ユーザーの悩みを解決する記事を執筆する
  • 本筋から外れない
    →キーワードに沿った記事を書く
  • 独自性や専門性を意識して執筆する

SEOライティングでは、ユーザーにとって有益な情報を提供する記事が求められています。

執筆する目的やターゲティングの設定、構成作成はユーザーファーストな記事を書くために必要不可欠です。

また、構成をもとにライティングすると、思い付きで執筆することがなくなります。

その結果、本質から外れない検索意図に沿った執筆ができます。

6.執筆後の動向を観測する

執筆が終わったら、実際に記事を公開します。

そして、Googleに対してクロールを要求して、検索結果への表示を促しましょう。

クロールが完了し、検索結果に表示されたことを確認したら、執筆した記事の順位やアクセス数を観測します。

SEOライティングは上位を獲得することも重要ですが、執筆後の効果測定も重要です。

とくに、順位の動向については必ず確認しましょう。

ツールを使った確認方法が一般的で、無料ツールならGoogleが提供しているサーチコンソールが有名です。

そのほかにも、有料ツールで確認する方法もあります。

弊社の例をいくつか紹介するので、参考にしてください。

【じわじわと順位が上がっているパターン】

→現時点では様子を見て順位が下がったら対策をする

【長期間1位を獲得しているパターン】

→現状維持で順位が下がった場合に対策をする

【順位変動が大きく下がったパターン】

→現状の施策では上位獲得ができないので要対策

このように、効果測定をすることで、執筆後のアクションが起こしやすくなります。
(例:内部対策、リライトなど)

執筆後に放置するのではなく、必ず効果測定をすることが大切です。

7.状況に応じてリライトする

効果測定をして、順位が落ち着いたり下がってきたりした場合は、リライトをする必要があります。

リライトとは、公開されている記事をアップデートすることです。

執筆した記事にもよりますが、書かれている内容が古いと、Googleからマイナスな評価を受けてしまいます。

そのため、リライトをして最新情報に更新しつつ、公開時には含められなかった新しい情報を加筆するなどして対策をしましょう。

しかし、リライトをしたからと言って、即効果が出るわけではありません。

多くの場合、じわじわと順位が上がってきます。

例えば、こちらの記事の場合。

2023年1月~6月にかけては2~3位を獲得していた記事ですが、Googleアップデートにともない徐々に順位が下落。

11月まで様子を見ていましたが、順位が改善しなかったためリライトを実施。

費用や相場に関する記事だったので、以下のリライトをしました。

【具体的に実施したリライト対策】

  • 相場や費用の情報を最新のものに更新
  • 上位サイトを参考に構成を再考後加筆
  • 独自情報や新しい見出しを追加して執筆

すると徐々に順位が回復し、現在は1~3位を安定して獲得しています。

Googleは、ユーザーに有益で適切な情報を求めています。

この記事のように、常に1位を獲得している場合は不要ですが、順位変動が大きい場合や、公開後になかなか上位表示されない場合は、リライトをしましょう。

リライト効果の高い記事の選び方やGoogleとユーザーに評価されるためのリライト方法、リライトをする最適なタイミング時期を知りたい方は「SEOリライトとは?効果を最大化する記事選び方とタイミングとは?」をご覧ください。

SEOライティングで上位を獲得するために必要な考え方

SEOライティングで上位を獲得するためには、それぞれ必要な要素があります。

基礎を押さえておかないと、上位獲得はできません。

そこで、SEOライティングをしようと思っている人のために、上位を獲得するために必要な考え方を紹介します。

上位獲得を目指している人や、うまく上位を獲得できない人は参考にしてください。

ユーザーニーズに合った記事を執筆する

SEOライティングでは、ユーザーのことを意識したライティングが求められます。

Googleの検索エンジンは、常にユーザーが快適に検索したワードに対しての情報を見つけられるように、アルゴリズムを更新しています。

例えば、「SEO やり方」というキーワードで検索すると、以下のような結果が表示されます。

SEOの基礎について解説しつつ、具体的なやり方を紹介した記事が表示されました。

「SEO やり方」で検索するユーザーは、SEOについて知らない人が多いため、初心者向けのハウトゥー系の記事が求められます。

この検索意図がわからないまま執筆すると、上位表示はできません。

具体的なNG例を紹介すると、以下のとおりです。

【SEOやり方というキーワードから見るNGな例】

  • SEOの内容だけを解説してやり方に触れない
  • やり方について触れているがツールの解説しかしていない
  • ざっくりとしたやり方しか書かれていない

このような記事は、Googleにユーザーの悩みを解決できないと判断され、上位表示は期待できません。

そのため、記事を執筆する場合は、検索意図を考えたうえで上位サイトを参考に、作成することが大切です。

ユーザーにとって適切で独自性がある情報を提供する

現代のSEOでは、ネットに公開されている一次情報だけで上位を獲得することはできません。

上位を獲得できる要素はほかにもありますが、ユーザーにとって有益で、なおかつ独自性がある情報を提供しなければなりません。

例えば、競合が一切いないキーワードを執筆する際、SEOの基本ルールを理解して執筆すれば上位を獲得できます。

しかし、徐々に競合が増えてきた場合の順位変動は、以下のようになります。

競合がいない穴場キーワードでは先行者利益を獲得できますが、徐々に記事が増えてくると、情報の多さや専門性の高さ、独自情報の多さが優先されます。

そして、より記事が増えてくると、DR(ドメインランク)の高さが影響する印象です。

そのため、現状で競合がいるキーワードで執筆する場合、周りの記事と差をつけるためにも、独自性がある情報を多く含めなければなりません。

具体例を挙げると、「体験談・監修者のコメント」などが挙げられます。

ユーザーの検索ニーズを網羅してサイト全体でユーザー満足度を高める検索体験をしてもらうためのコンテンツSEO詳細は、コンテンツSEOの極意とは|検索順位とCV数を向上させる戦略伝授をご覧ください。

SEOライティングルールに縛られない

SEOライティングをする際、いくつかルールがあります。

ルールに縛られすぎると、自由な記事執筆ができず、結果として競合と同じような記事になってしまうことも…。

ルールの具体例を挙げると、以下のとおりです。

【SEOライティングのルールの例】

  • タイトルは32文字以内
  • タイトルに含めるキーワードは左詰め
  • 記事の文字数指定
  • 同じ語尾は3回以上繋げない

これらのルールは、あくまでも一つの決まりのようなものであり、どれか一つが欠けたからと言って、上位が獲得できないということはありません。

同じ語尾を3回続けたところで、劇的に順位が変動するかというと、そうでもありませんからね。

しかし、Googleではユーザーファーストなメディアを上位表示する傾向があることから、ルールを意識して執筆することは大切です。

とはいえ、ルールを意識しすぎて記事を執筆することは避け、独自性や専門性を含めたうえで、ユーザーの悩みを解決できるような記事を執筆することが大切です。

Googleのアップデートに合わせてメンテナンスをする

Googleでは、検索エンジンを常に改良してアップデートしています。

アップデートに合わせて、SEOライティングでは、記事をメンテナンスしなければなりません。

ただ、多くの場合どのようなアップデートをするのかは、明確にしていません。

そのため、普段から順位変動を確認して、効果測定する必要があります。

効果測定をすると、アップデートによって下がった記事・順位変動がなかった記事・上がった記事が明確になります。

たとえば、こちらの順位。

2023年8月にコアアップデートがあり、安定していた順位が下がりました。

平均で1~2位を獲得していたキーワードですが、アップデート後に10~12位に転落。

アップデート後に、ユーザーにとって適切な記事ではないと判断されて下がったものだと思います。

しかし、この記事が下がっているということは、競合が上がっているという考え方もできます。

そのため、アップデートが完了するまでは静観して、終了したと同時に、なぜ順位変動があったのかを明確にして、リライトをするなど対策をしましょう。

もし現在のSEO対策で大切な評価基準を理解できず、検索上位表示に苦戦されている方は、Googleがサイトを評価する「ルール」と「評価基準」をまとめた【2024年最新】SEOとは?SEO対策で上位表示させる方法を解説をご覧いただくとSEO対策を体系的に理解して頂けるかと思います。

順位計測やアクセス解析など効果測定をおこなう

SEOライティングでは、ただ書いただけではNGです。

もちろん、一時的に上位を獲得できたとしても、なぜ上位を獲得したのかがわかっていないと、ライティングにバラつきが出てしまいます。

たとえば、月間検索ボリュームが100件程度のキーワードで、競合がそれなりにいるとします。

記事を執筆して公開したあと、3位を獲得できたとしましょう。

考えられる理由は、以下のとおりです。

【上位を獲得できた理由】

  • 独自性・専門性がある内容を執筆できた
  • 競合の記事よりも専門的で内容が充実していた
  • DRが強いドメインで公開した

近年は、DRが順位変動に大きく影響します。

同じ内容の記事を執筆しても、新規ドメインとドメインランクが高いサイトで執筆した場合だと、後者のほうが上位を獲得しやすいです。

しかし、専門性や独自情報を織り込んだ記事を執筆できれば、DRが高いサイトにも太刀打ちできます。

これらは、アクセス解析や効果測定をおこなうからこそわかります。

そのため、フィーリングでSEOをしないためにも、効果測定は必ずおこないましょう。

SEOの基本ルールと重視されるポイント

SEOには、上位を獲得するための基本ルールがあります。

ライティングとは別に、ルールを把握しておくことで、上位を獲得しやすくなるので、それぞれ押さえておきましょう。

SEOライティングをする際に意識することでもあるので、それぞれ紹介します。

キーワード

SEOライティングにおいて、キーワードはさまざまな役割があります。

Googleの検索セントラルでは、以下のように書かれていました。

“ユーザーがコンテンツを検索するときに使われる可能性のある単語を選んで、これらの単語をページ上の目立つ場所(ページのタイトル、メインの見出しなど)や、わかりやすい場所(代替テキスト、リンクテキストなど)に配置する。

引用:Google検索セントラル

要約すると、ライティングをする際に、検索で使用される可能性があるキーワードをタイトルや見出し、文章中に配置することで、検索順位に影響するとのことです。

「SEO やり方」という記事で執筆する場合、記事のなかに「SEO」「やり方」というキーワードを入れることによって、上位を獲得しやすくなるというロジックです。

例えば、「SEO やり方」で上位表示を目指している記事で、見出しや文章中に一切キーワードを含めなかった場合、おそらく上位は獲得できません。

そのため、SEOを意識しながらライティングをするなら、適時キーワードを入れるようにしましょう。

各タグへの検索順位向上のために効果的なキーワードの入れ方は上位表示させるSEOキーワードの入れ方コツを公開」をご覧ください。

キーワード含有量の重要性

SEOライティングでは、対策キーワードを文章中に入れることが大切です。

しかし、乱雑に入れればいいというわけではなく、ユーザーにとって意味が伝わり、読んでも不自然ではない程度に入れる必要があります。

「具体的にどのくらい入れればいいの?」という人は、キーワード含有量(キーワード出現率)の概念を理解しましょう。

キーワード出現率とは、キーワードが文章中にどれくらい出現したかを示す割合です。

具体的には、「キーワード出現回数/文章中のキーワード数×100」で出します。

明確な割合についてGoogleが発表しているわけではありませんが、文章全体の5~6%程度が目安とされています。

以前のSEOでは、出現率が高ければ評価されていたものの、今ではテクニカルなSEOというよりも、独自性や専門性など内容を重視するSEOにシフトしています。

むしろ、キーワード出現率は、現代のSEOでは重視しないという考えの人もいるほどです。

とはいえ、Googleでは文章中にキーワードを含めることを推奨しているため、自然にキーワードを入れたほうがよいでしょう。

共起語

SEOでは、対策キーワードのほかに関連ワードや共起語を入れる記事が評価されています。

しかし、以前のSEOに比べると、共起語を網羅した記事を執筆したからと言って、上位が獲得できるわけではありません。

共起語を意識しつつ、ユーザーにとって必要な情報を提供することが大切です。

そもそも共起語とは、文章に関連するワードのことをさします。

SEOというワードで、共起語をいくつかリストアップしました。

以前までは、共起語が多ければ、キーワードに関連するサイトとして評価されていましたが、現在はほぼ評価されていない印象です。

例えば、「サイト」「ホームページ」「メディア」などのワードは、一括りにできます。

共起語とはいえ、文章中に散りばめると、表記ゆれの原因になります。

共起語を現代のSEOライティングで意識して入れるなら、構成作成の時点でユーザーにとって必要な共起語をリストアップして、必要性を考えながら含めるとよいでしょう。

関連記事:SEOにおける共起語とは?関連語、サジェストキーワードとの違いを解説

E-E-A-T

現代のSEOでは、テクニカルなSEOよりも、内容の充実度が重視される傾向にあります。

その際に意識したい考え方が、「E-E-A-T」です。

それぞれ図解したので、以下を参考にしてください。

まず、E-E-A-Tは、以前までE(経験)を除く、E-A-Tによって構成されていました。

しかし、昨今のSEOでは独自性がある情報を求める傾向にあり、なおかつ情報発信者が重視される傾向にあります。

SEOの記事を書く場合、弊社のようなSEOの代理店が執筆する記事と、SEOの知識や経験が浅いライターが個人メディアで執筆するような記事では、前者が評価されます。

また、専門性については、アップデートの度にいわれていることです。

以前までは、テクニカルなSEOでカバーできていた部分が、昨今のSEOでは専門性と独自性がとくに求められるようになりました。

ユーザーの悩みを解決しつつ、+αで情報を提供できるような記事やメディアが、全体的に評価されているという所感です。

次に、権威性について。

こちらも現代のSEOで重要視されており、「誰が」発信・運営しているかが重要になりました。

メディアに内部リンクが飛ばされている場合は、数もそうですが、発信元も重要です。

信頼性があるメディアからリンクが飛ばされている場合は、権威性が高いと評価されます。

運営者や執筆者に知名度がある場合も権威性が評価されます。

経験と同じ考え方ですが、SEO歴15年のベテランマーケターが発信する情報と、SEO歴数か月のWebライターが発信する情報では、質に歴然とした差があります。

最後に、信頼性について。

サイトや運営者が、そもそも信頼できる人なのかどうかが求められます。

  • オリジナルコンテンツの発信
  • 特商法の表記による信頼性
  • 引用や参考元のソースがはっきりしている
  • SSL化でセキュリティ対策をしている

これらがサイトや記事作成をするうえでの、信頼性になります。

上位を獲得するための考え方でもあるため、必ず意識しましょう。

独自性

今までのSEOでは、上位サイトの構成を参考にして執筆するだけで上位を獲得できることがありました。

構成は同じでも、内容さえ変えれば、上位が取れるような時代でした。

しかし、現代のSEOでは、上位サイトを模倣しただけの記事は上位を獲得できません。

現にリライトをしないサイトは順位が下落し、最新情報を発信しているメディアほど順位が安定しています。

ここで重要になってくるのが、独自性がある情報です。

独自性とは、ネットにある一次情報ではなく、情報発信者の経験則に基づく情報のことです。

具体例を挙げると、以下が挙げられます。

【SEOの独自性という概念について】

  • 体験談や経験談
  • オリジナル画像や動画の作成
  • 検索上位サイトに書かれていない内容

体験談や経験談は、情報発信者にしか書けないため、優遇されます。

それも、権威性がある人が発信することでより情報の信頼性が増します。

また、情報だけではなく、競合では実施されていないことをメディアに反映すると、独自性が評価されることが多いです。

記事内に図解やイラスト、漫画や動画を入れることで、差別化ができます。

そして、検索上位サイトにない情報を入れると独自性が評価される場合もあります。

  • 文章に信頼性を持たせる(例:信頼性のあるソースから情報を引用する)
  • 監修者の情報を入れる

SEOライティングで意識できる部分なので、普段のライティングから気を付けることがが大切です。

ユーザーに寄り添っているかどうか

現代SEOで最も重要視されている考え方が、ユーザーに寄り添っているかどうかです。

前述したE-E-A-Tも、ユーザーにとって信頼性のある情報を届けるために必要な概念です。

実際、Googleの検索ガイドラインには、以下のように書かれています。

“Google の自動ランキング システムは、検索エンジンでのランキングを上げることではなく、ユーザーにメリットをもたらすことを主な目的として作成された、有用で信頼できる情報を検索結果の上位に掲載できるように設計されています。

引用:Google検索セントラル

Googleアルゴリズムが、ユーザーに対してメリットをもたらすように作成されていると説明している以上、執筆者はユーザーに寄り添った記事を執筆しなければなりません。

キーワードに対して適切な情報を発信し、なおかつ信頼性を持たせることで、評価されやすくなります。

キーワードを選定する際のコツ

メディアに一から記事を入れる場合、キーワード選定からしなければなりません。

すでにジャンルとペルソナが決まっていて、キーワード選定の準備ができているなら、以下のコツを意識しながら選定しましょう。

【キーワードを選定する際のコツ】

  • サイトの方向性に応じて選ぶ
  • CV用か集客用かで選ぶ
  • キーワードの需要について調べる

まず、サイトの方向性について。

公式サイトがある場合と、新しくドメインを取得して立ち上げる場合の二つに分けられます。

会社ホームページがすでにある場合は、新しくドメインを取得せずに、公式サイトのドメインで記事を更新したほうが、信頼性が高く上位を獲得しやすいです。

その際、会社のサービスや商品に応じたキーワード選びをすると評価されやすいです。

弊社の場合は、SEOやリスティング広告運用代行の会社なので、広告関連・SEO関連のキーワードが上がりやすい印象です。

逆に、食品や化粧品などのワードは、サイトの方向性と違いすぎて、記事を執筆しても上位は獲得できません。

次に、CV用か集客用かで選ぶ方法です。

SEOを例に挙げると、以下のように分類できます。

CV用と集客用で、上位を獲得する難易度は異なります。

CV用の場合、SEOライティングと合わせて、セールスライティングもしなければなりません。

最後に、キーワードの需要について。

執筆しようと思っているキーワードが、そもそも需要がないとアクセスは期待できません。

一般的にボリュームがある記事なら需要があると判断してもよいですが、一過性のものもあります。

たとえば、こちらのキーワード。

2023年のトレンドワードにもランクインしているキーワードです。

2023年7月時点ではトレンドで、多く検索されていますが、2023年12月時点ではほとんど検索されていません。

極端な例を出しましたが、選定しようと思っているキーワードのなかにも、トレンドに左右されるワードは多くあります。

そのようなワードは、一時的に上位を獲得できても、トレンドが去るとアクセスが獲得できなくなるため注意が必要です。

リサーチをする際に抑えておきたいこと

SEOライティングでは、事前リサーチによって上位が獲得できるかを左右するといっても過言ではありません。

ユーザーにとって適切な記事を書くためにも、以下を意識しましょう。

【リサーチをする際に抑えておきたいこと】

  • 検索意図を考えたうえでターゲットを明確にする
  • 上位サイトを参考に記事構成を確認する

リサーチのやり方で迷っている人のために、それぞれ詳しく解説します。

検索意図を考えたうえでターゲットを明確にする

SEOライティングでは、構成を作成する前に、キーワードに対する検索意図を考えなければなりません。

現在のSEOでは、キーワードに対する適切な情報を提供して、ユーザーの悩みを解消することに重点を置いています。

検索意図と外れた記事を執筆してしまうと、ユーザーの悩みを解決できません。

そのため、必ず検索意図を考えましょう。

例えば、「SEOライティング」というキーワードの場合、以下のような検索意図が考えられます。

大きな目的は、SEOライティングについての理解を深めること。

そのためには、SEOライティングの基礎ややり方について説明しなければなりません。

検索意図がわかったら、次はターゲットを決めましょう。

ターゲットは、検索意図に応じて決めます。

「SEOライティング」というワードなら、以下のような人がターゲットです。

【SEOライティングの場合】

  • SEOについて興味があるユーザー
  • Webライター
  • 駆け出しのマーケター

これらのターゲットの悩みを解決できれば、上位を獲得できます。

上位サイトを参考に記事構成を確認する

過去のSEOも現代のSEOも、情報を網羅している記事が上位表示されている傾向です。

しかし、単に網羅するだけではなく、専門性や独自性が求められつつあることが現状です。

とはいえ、リサーチをする際は、上位サイトを参考にしましょう。

既存記事がないキーワードの場合は、独自見出しを作成する必要がありますが、すでに記事がある場合は、上位サイトに寄せたほうがよいです。

以前、弊社では競合を一切参考にせず作成した記事と、通常どおり構成を参考にして作った記事で、順位変動を検証したことがあります。

いずれも別ドメインでおこないましたが、独自で作成した構成では、20位程度で低迷しました。

逆に、上位サイトを参考にした構成では、6~8位を推移しています。

この結果から分かるように、独自性がある記事を書くにしても、すでに記事があるキーワードでは上位サイトに寄せて作成したほうがよいことがわかりました。

しかし、コピーコンテンツはペナルティがかかる恐れがあるため、内容を充実させたり、独自見出しを追加したりして、オリジナリティを追求することが大切です。

構成を作成する際に意識したいコツ

リサーチが完了したら、いよいよ構成作成に移ります。

構成作成をする際も、それぞれ意識したいコツがあります。

【構成を作成する際に意識したいコツ】

  • ユーザーに寄り添った見出しを作成する
  • 文章の流れを意識する
  • 目次を見て記事の概要がわかる見出しをする
  • 独自性が高い構成を作成する
  • 対策キーワードを見出しに含める

SEOライティングで上位を獲得したい人のために、詳しく解説するので参考にしてください。

ユーザーに寄り添った見出し作成をする

SEOライティングでは、構成が上位を獲得できるかを左右します。

構成次第では、いくらSEOを意識したところで、上位が獲得できないこともあるので、もっとも力を入れましょう。

その際、一番意識したいことは、ユーザーに寄り添った見出しを作成することです。

キーワードに対して、どのような情報を求めているのかを考えて、構成に反映しましょう。

「SEOライティング」という見出しの場合、以下のような内容が想定できます。

【SEOライティングを例にした場合】

  • SEOライティングについて知りたい
  • SEOライティングのやり方・テクニックが知りたい
  • キーワード選定・構成作成について知りたい
  • SEOライティングのルールについて知りたい

共起語や関連キーワードなどから、検索意図を把握したうえで見出しを作成すると、ユーザーファーストを意識した構成ができます。

関連記事:hタグとは?見出しタグの正しい使い方とSEO効果を解説

文章の流れを意識する

構成を作成するときは、文章の流れを意識しなければなりません。

基本的には起承転結を意識しますが、例外もあるので図解します。

たとえば、「SEOライティング」というキーワードの場合は、いわゆるハウトゥー系の記事に該当するため、全体の流れを把握したうえで執筆しましょう。

SEOライティングとは何かを解説したあと、基本ルールややり方やコツを網羅する記事を書くことで、ユーザーもストレスなく読み進められます。

一方で、「○○ おすすめ」というキーワードでは、おすすめの何かを知りたいユーザーが検索するので、結論を先に持ってきます。

この場合マッチングアプリで例えていますが、おすすめのアプリを記事冒頭に持ってきて、そのあとに概要を説明するような構成です。

構成の順番がバラバラな記事は、全体的に読みづらい印象を受けます。

読者のためにも、無理なく読み進められるような構成を意識しましょう。

目次を見て記事の概要がわかる見出しにする

弊社で作成している記事は、いずれも見出しを見て記事の概要がわかる構成を意識して作成しています。

構成は、記事執筆において基盤になるものであり、作成の時点でつまずいてしまうと、執筆に影響します。

また、近年のユーザーの動向を見ていると、情報が簡潔にまとめられているメディアに集中する印象です。

YouTubeを例に挙げると、通常の動画よりもショート動画のほうが閲覧数は多いです。

これはブログも同様で、ユーザーが必要な情報のみを欲しています。

「SEOライティング」で検索したユーザーのなかには、「SEOライティングのやり方」だけを知りたい人も当然存在します。

そのようなユーザーにとって、ほかの情報は必要ありません。

そのため、目次を冒頭に持ってきて、ユーザーがすぐに情報を確認できるようにすることも一つの方法です。

そして、わかりやすいニュアンスで作成するなどして、見出しで意味がわかるようにしましょう。

独自性が高い構成を作成する

構成を作成する際上位サイトを参考にしますが、独自性が高い構成を作成しましょう。

近年のSEOでは、内容を網羅した記事というよりは、ユーザーの悩みをいち早く解決できる記事や、内容が充実している記事が評価されている傾向にあります。

事実、上位表示されているサイトは、検索した時点での最適解でもあります。

Googleが評価して表示されているサイトなので、参考にできる部分は参考にしましょう。

しかし、それだけではほかの記事と同様なので、よりユーザーにとって適切な独自性がある情報を反映しましょう。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【独自性がある構成・情報の例】

  • 上位サイトにない+αの情報を補足する
  • 共起語からユーザーにとって適切な情報を反映する

現在の検索結果にあなたの記事が反映されたときに、競合よりも内容が充実していることが大前提です。

プラスして上位サイトにない情報を反映すれば、ユーザーファーストを意識した構成を作成でき、結果として上位を獲得できるようになります。

対策キーワードを見出しに含める

構成を作成する際、極力対策キーワードを見出しに含めるようにしましょう。

ここでの注意点は、すべての見出しに反映しないことです。

NG例とOK例を画像で作ったので、以下を参考にしてください。

NG例では、「SEO費用」というキーワードを、全部の見出しに入れています。

SEOのルールでは、キーワードを左詰めにすることが推奨されているため、従った結果です。

しかし、脈絡がおかしかったり、そもそも文章として成り立っていなかったりと、違和感があります。

また、対策キーワードを入れすぎると、全体的にくどい印象を感じます。

一方で、OK例では適時キーワードを使っています。

場合によっては、関連キーワードや共起語を含めるなどして、全体的にわかりやすくまとめてられている印象です。

もちろん見出しに対策キーワードを含めることは大切ですが、それ以上に大切なことは、文章中にキーワードを含めながら、ユーザーファーストな記事を書くことです。

SEOライティングで実践すべきこと・やり方

構成を作成したら、いよいよSEOライティングです。

ライティングには基本ルールがありますが、それ以上に重要な考え方やコツがあります。

書いた記事で上位を獲得したいなら、以下のことを意識しましょう。

【SEOライティングで実践すべきこと・やり方】

  • ターゲットに合わせたニュアンスで執筆する
  • 重要な場所に装飾をする
  • 図解や画像を入れて読み進めやすくする
  • 信頼性がある情報を提供する
  • 内部リンクでサイトを回遊しやすくする

はじめてSEOライティングに取り掛かる人でも、わかりやすいように紹介します。

ターゲットに合わせたニュアンスで執筆する

SEOライティングで、案外できていないことが、ターゲットに合わせたニュアンスで執筆することです。

対策キーワードによって、ターゲットは大きく異なります。

それぞれジャンルに合わせて、ターゲットの例を画像で作成しました。

恋愛ジャンルの記事では、10~20代の女性がおもな対象になります。

一方、ビジネス系のジャンルでは、20代後半~40代のビジネスマンが対象です。

恋愛ジャンルで堅い言葉を使うと、ユーザーが読み進める際に疲れてしまいます。

逆に、ビジネスジャンルで緩い言葉を使うと、情報の信頼性が下がる恐れがあります。

そのため、リサーチの時点で設定したペルソナやターゲットのために記事を書くことを意識して、ニュアンスを調整しましょう。

重要な場所に装飾をする

作成した記事を公開する際、Googleに記事を評価してもらうために、クロールをリクエストする必要があります。

クロールはサイト全体が対象になることもあれば、記事単一が対象になることもあります。

クロールした履歴をもとに、GoogleクローラーはWeb解析を実施する流れです。

解析では、以下の情報を参考にしていると言われています。

【Web解析で参考にしている情報】

  • HTMLタグ
  • テキスト
  • 画像※画像自体は認識していない

その際、重要な部分に装飾をすることによって評価されやすくなります。

こちらの動画では、強調タグの”strongタグ”について解説されていました。

概要は、装飾する際にstrongタグとbタグはどちらが評価されるかということに対し回答するというもの。

結論、どちらでも強調タグとして認識するため、気にせず使用してもよいとのことでした。

このことから、Googleクローラーは重要度が高い文章をWeb解析によって認識していることがわかります。

そのため、ライティングが終わったら、重要度が高い場所に装飾をするとよいでしょう。

図解や画像を入れて読み進めやすくする

SEOでは、可読性やユーザーの滞在時間の長さも、上位表示の基準にしています。

テキストだけの文章では、ユーザーが飽きて離脱する可能性があるため、図解や画像を入れて読みやすくすることが大切です。

この場合、関連性がない画像は入れないようにしましょう。

内容に適した画像を入れることによって、評価されやすくなります。

ただ、Googleは画像の内容を認識して評価しているわけではありません。

記事内に投稿された画像は、あくまでも1枚の画像としてしか認識されておらず、内容や画像内のテキストまでは認識していません。

そのため、画像を挿入する際は、テキストの補足として使うとよいでしょう。

信頼性がある情報を提供する

SEOライティングでは、信頼性がある情報を提供することが大切です。

とくに、独自性がある情報を発信する場合は、ソースや根拠が必要です。

その場合、以下のような方法を使いましょう。

【ソースや根拠を示す方法】

  • 情報の引用元の外部リンクを設置する
  • アンケートなどの調査結果を引用する

例えば、「SEOライティングには装飾が重要です」という文章を書くとします。

その際、どこから発信された情報なのかを明確にする必要があります。

YouTubeでの発言や、Googleガイドラインなど、ソースはいくらでもあるので、信頼できるソースを外部リンクとして設置しましょう。

ここでの注意点は、信頼性がない個人メディアにリンクを飛ばさないことです。

情報元にソースがない場合が多く、リンクを設置するだけ無駄だからです。

また、独自性がある情報を発信する際におすすめな方法が、アンケートを用いた情報発信です。

発信する情報にもよりますが、テキストだけでは信頼性が低いと判断したら、クラウドソーシングなどでアンケートを実施しましょう。

1件あたり2~4円程度で募集ができるため、低単価で信頼できるソースが獲得できます。

周りと差をつけたいなら、あらゆる方面から独自性がある情報を提供することが大切です。

内部リンクでサイトを回遊しやすくする

SEOライティングというよりも、SEOの内部対策になりますが、文章中に内部リンクを入れることも大切です。

内部リンクとは、メディア内でリンクを飛ばすことをさします。

文章と関連性がある内部リンクを飛ばすことで、ユーザーを適切な情報へと誘導しやすくなります。

弊社の記事でも、関連性があると判断した場合は、随時内部リンクを設置するようにしています。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

【弊社の内部リンクの具体例】

  • SEOの外注化に関する記事:費用の見出しからSEOの費用に関する記事にリンクを飛ばす
  • SEOのやり方関する記事:外注化を推奨する見出しから外注化に関する記事にリンクを飛ばす

そのほかにも、文章の流れから自然に誘導できると思ったら誘導するようにしています。

執筆してからまとめて入れる方法もありますが、執筆時に入れたほうが抜け漏れがなく、適切にリンク誘導ができます。

ユーザーの滞在時間を増やすためにも、積極的に内部リンクを設置しましょう。

サイト全体の検索順位を押し上げるための内部リンク貼り方を知りたい方は内部リンクとは?SEO効果の高い内部リンク対策をご覧ください。

SEOライティング後にチェックしたい5つのポイント

SEOライティングをしたあとは、いくつかチェックしたいポイントがあります。

執筆しただけで満足するのではなく、執筆した後のことも考えることが大切です。

【SEOライティング後にチェックしたい5つのポイント】

  • 見出しが内容に沿っているかどうか
  • ユーザー目線で執筆しているかどうか
  • ユーザーの悩みを解決できているかどうか
  • キーワードに対しての理解度があるかどうか
  • 記事を読み進められる工夫ができているかどうか

質がいい記事を執筆するためにも、それぞれチェックしましょう。

見出しが内容に沿っているかどうか

ライティングでよくやりがちなミスが、見出しと執筆している内容が異なることです。

内容を展開させることも重要ですが、見出しからかけ離れた内容だと、離脱にもつながるため注意が必要です。

SEOライティングのルールで、読みやすい記事を書くコツの一つに、「一文一義」というものがあります。

1つの文章に対して、1つの意味を詰め込むことを指します。

SEOライティングでは、基本的に一文一義で成り立っており、意識することで読みやすい記事が執筆可能です。

また、一文一義を意識すると、見出しと内容がかけ離れることは少ないです。

しかし、意識してライティングしないと、見出しから内容がそれてしまいます。

そのため、ライティングをしたあとに、一度記事を読みなおして、チェックしましょう。

ユーザー目線で執筆しているかどうか

どの時代のSEOでも、ユーザー目線で執筆した記事が評価されています。

現代のSEOはとくにユーザーファーストな記事が求められている印象です。

2010年代のSEOでは、対策キーワードや共起語をただ詰め込んでいるだけで、上位を獲得できていました。

現代のSEOではそのような手法は通用せず、むしろマイナス評価を受けます。

ユーザーにとってわかりやすい情報を提供することが、現代SEOでは一番の攻略法です。

ライティングが終わったら、一度記事を読みなおして、ユーザー目線で執筆しているかどうかを確認しましょう。

イメージがわかない人のために、弊社のチェックポイントを共有しますね。

【ユーザー目線で執筆しているかどうかのチェックポイント】

  • 見出しに沿った内容で執筆しているかどうか
  • 誤字脱字がないかどうか
  • 表記ゆれがないかどうか
  • 適切な情報をユーザーに届けられているか
  • 専門性が高い情報を提供しているか
  • 独自性がある情報が含まれているか

記事を書いて放置する人も多いですが、上位を獲得するためには、質が高い記事を執筆しなければなりません。

記事を書いたら、上記のチェックポイントをもとに、ユーザー目線で執筆できているかどうかを確認しましょう。

ユーザーの悩みを解決できているかどうか

ユーザー目線で書くことも大切ですが、悩みを解決することも大切です。

これは、SEOライティングというよりは、コピーライティングに近い考え方です。

記事を閲覧するユーザーは、何かしらのキーワードを検索して訪れています。

「SEOライティング」の場合、少なからずSEOライティングに興味がある人です。

記事を執筆する際は、そのようなユーザーの悩みを解決することを前提に考えましょう。

ユーザーの将来を想像して、読んだ後にどのようなアクションを起こすかを考えると、執筆する方向性も定まります。

全体的に悩みを解決できていないと思ったら、不足している情報を加筆します。

その際は、競合サイトを参考にすると、必要な情報が見つかりやすいです。

キーワードに対しての理解度があるかどうか

SEOライティングをする際、キーワードに対してどのくらい理解があるかで、執筆のクオリティが変動します。

E-E-A-Tにも関係する内容ですが、SEOの知識が一切ない人と10年以上SEOの前線で活動してきた人では、後者の人のほうがSEOの理解度は高いです。

もちろん、必ずしも対策キーワードの専門家である必要はありません。

しかし、上位を獲得するためには、誰よりも対策キーワードやジャンルに対して詳しくなる必要があります。

そのため、自分が執筆した記事を一度読み返して、本当にキーワードを理解して執筆しているかどうかを確認することが大切です。

記事を読み進められる工夫ができているかどうか

SEOライティングでは、可読性が求められます。

ユーザーにとって適切な情報を提供していることは前提として、以下を意識してライティングをしましょう。

【記事を読み進められるための工夫】

  • 適時箇条書きを使って読みやすくする
  • 誤字脱字をなくす
  • 表記ゆれをなくす
  • 画像や図解を使って分かりやすくする

これらを意識するだけで、記事のクオリティは格段にアップします。

文章をダラダラと書くような記事ではなく、箇条書きや画像を使うなどして、読みやすさを意識することが大切です。

昨今のSEOで重要視される項目と要素

Googleは常にアップデートされており、その時代に合ったSEOをすることが大切です。

昨今のSEOでは、以下のようなことが重視されています。

【昨今のSEOで重要視される項目と要素】

  • H1タグ・タイトル
  • ディスクリプション・抜粋
  • 記事の公開日と更新日
  • リード文
  • 記事の引用
  • 記事の監修
  • alt属性
  • メタキーワード
  • DR(ドメインランク)

抜かりないSEOをするためにも、それぞれ詳しく紹介します。

H1タグ・タイトル

メディアを運用する際、WordPressを使うことが多いですが、いずれもhtmlタグで構成されています。

見出しでは、hタグが使われており、基本的にはh2直下にh3タグがきます。

よりSEO評価を向上させたいなら、H1タグの設定もしましょう。

WordPressのテーマの多くは、タイトルを設定することで、自動的にH1タグが設定される仕組みです。

H1タグを設定していると、以下のようなメリットがあります。

【H1タグを設定するメリット】

  • ほかの記事との区別・分類ができる
  • クロールにほかの小見出しとの関連性を説明できる

設定する際は、対策キーワードを含めるとGoogleに評価されやすくなります。

左詰めにすることが推奨されていますが、無理して詰める必要はありません。

SEOに効果的なタイトルタグの付け方や押さえておきたいポイントについて詳しく知りたい方は、

SEO評価の高いタイトル付け方【完全版】文字数と設定手順を解説をご覧ください。

ディスクリプション・抜粋

案外設定を忘れてしまうのが、ディスクリプションと抜粋です。

ディスクリプションは、記事を検索した際にタイトルの下に表示される説明のことを指します。

ディスクリプションを設定したからと言って、劇的に順位が変わるというわけではありませんが、ユーザーがサイトに流入しやすくなります。

120文字程度で記事の内容をまとめると、設定した文章がタイトルの下に反映される仕組みです。

設定しない場合は、記事の内容を自動的に抜粋したものが表示されます。

別途抜粋の設定もできるため、記事内で重要な情報を抜粋すると、ディスクリプションが表示されなかったときに、適切な情報をユーザーに伝えられます。

また、ディスクリプションを設定することで、ほかの記事との区別が可能です。

重要度が高い項目なので、必ず設定しましょう。

記事の公開日と更新日

Googleの検索結果は、記事の更新日が検索結果に影響しているという声があります。

実際、2023年1~2月あたりは、記事の内容を更新せずに、日付のみを更新するだけでリライト同等の効果が出るメディアもありました。

(Googleが記事を更新していると錯覚するため)

しかしほどなくして、アップデートが入り対策されました。

現代のSEOでは通用しない手法で、記事を更新しない限りは、検索結果に影響しません。

更新日については、リライトをする際に更新しましょう。

WordPressなら、更新日を設定する項目があるため、更新と同時に変更することをおすすめします。

リード文

記事を作成する際、H1直下にリード文を設定すると思います。

ライティングにおいて、リード文は非常に重要な役割があり、ユーザーが記事を読み進めるかどうかを左右するので、意識して作成しましょう。

まず、リード文は、ユーザーがアクセスして最初に目に入る情報です。

そのため、弊社ではリード文で悩みが解決できるように意識しています。

図解をすると、このようなイメージです。

タイトルの下に記事の結論を持ってきて、リード文を書きます。

リード文では、対策キーワードを含めて、記事全体で紹介する内容を書きます。

その後、CV記事の場合はCTAを入力し、監修者がいる場合は監修者の情報を含める流れです。

ファーストビュー次第では、ユーザーが即離脱する可能性があるため、ストレスなく情報に誘導できるようにしなければなりません。

記事の引用

情報を補足する際、記事を引用することがあると思います。

その際、信頼性がある情報を引用しなければなりません。

具体例の画像を作ったのは、以下を参考にしてください。

個人ブログやSNSに関しては、やや情報の正確性に欠けるため、あまり推奨しません。

しかし、専門家による発言や、国が発信する情報(省庁や自治体など)は、信頼性があるため積極的に引用しましょう。

引用する際は、引用したい箇所をコピーして、引用タグを用いて設定します。

その後、引用元をリンクとともに掲載すると完了です。

記事の監修

独自性や専門性があるメディアが評価されるようになってから、コンテンツを作成した人の権威性や信頼性についても評価される傾向にあります。

監修がいるからと言って、劇的に順位変動があるわけではありませんが、ユーザー目線で執筆することを考えると、監修者がいたほうが信頼性が高いです。

E-E-A-Tでも、以前のSEOにExperience(経験)が追加されて、より監修の存在が大きくなった印象があります。

そのため、記事を作成する際は、必要に応じて監修を用意するとよいでしょう。

alt属性

Googleは、画像を画像として認識しないため、alt属性を設定して情報を知らせる必要があります。

alt属性とは、代替テキストとも呼ばれており、画像に設定できるテキストのことです。

設定することで、画像を読み込めないときにテキストとして表示します。

また、alt属性を設定すると、記事内の画像がインデックスされやすくなり、Googleの画像検索に表示されます。

設定する画像は、あくまでも記事内に使用したものです。

H2直下に入れるアイキャッチには、基本的に設定しなくてもOKです。

メタキーワード

メタキーワードの概念は、現代のSEOでは無視されつつあります。

メタキーワードとは、キーワードとページの関連性を示すタグのことです。

この記事の場合、「SEOライティング」が対策キーワードなので、メタキーワードとして設定します。

しかし、メタキーワードについては、Googleが検索結果に影響しないと発表しています。

”keywords meta タグは頻繁に悪用されていたため、Google は何年も前から keywords meta タグを無視するようにしています。

引用:Google検索セントラル

こちらの記事が更新されたのは、2009年の話です。

そのため、多くの人が無視している概念ですが、弊社では設定しています。

理由はいくつかありますが、一番は順位改善と検索結果のバグを改善できたからです。

まず、順位改善に関してですが、とある記事のキーワードがカニバリをおこして、うまく表示されていないことがありました。

カニバリとは、対策キーワードとは別の記事が上位に来てしまい、本来上位表示させたい記事が、上位表示されないことです。

2023年9月のアプデとともに、カニバリを起こして順位が下落しました。

元記事が充実していたことを含め、カニバリを起こしている2つの記事にメタキーワードを設定したところ、順位が改善しました。

このことから、弊社では影響がないとしていても設定するようにしています。

DR(ドメインランク)

ドメインランクとは、ドメインの評価のことです。

ランクが高ければ高いほどインデックスしやすくなり、上位表示も見込めます。

DRを確認する方法はさまざまですが、専用ツールを使います。

弊社のドメインランクを専用ツールで調べたところ、以下の結果になりました。

被リンク数も多く、徐々にドメインランクが上がってきた印象です。

ドメインランクは、被リンクの獲得数やインデックスされているキーワードの数によって変動します。

新規ドメインで記事を入れるよりも、DRが高いドメインで記事を入れたほうが、上位獲得を期待できます。

関連記事:ドメインパワーの目安(平均)とは?上げ方・被リンク獲得手法を解説。

対策キーワードで1位を獲得するために必要なこと

SEOをする際に、対策キーワードで1位を獲得するためには、さまざまな知識を頭に入れておきましょう。

弊社では、以下のようなことを意識して執筆しています。

【対策キーワードで1位を獲得するために必要なこと】

  • 過去のSEOにも目を向ける
  • ユーザー目線で常にコンテンツを更新する

なかなか検索上位を獲得できない人は、それぞれ参考にしてください。

過去のSEOにも目を向ける

SEOは常にアップデートされているため、最新情報を追わなければなりません。

しかし、現代のSEOは過去のSEOの振り返りでもあります。

そのため、弊社では過去のSEOにこそ目を向けるべきだと思っています。

たとえば、前述したメタキーワード。

2009年の更新で発表された情報ですが、10年以上経過した現代では、確かに検索結果に影響することがわかっています。
(弊社の調査では)

そのほかにも、専門性が高い情報や信頼性が高い情報を記事に含めることは、どの時代でも提唱されていることです。

昔の手法をそのまま使用するわけではありませんが、知識として入れておくことで、アプデ後の施策や効果測定の際に、役に立つこともあります。

サブディレクションの時代はいつ終わる?

2021年あたりから、企業のドメインを借りてメディアを運用する企業が増えました。

サブディレクションで運営されているメディアは、元のドメインランクが高いことから、多少専門性が低い記事を書いたところで、上位を獲得できます。

例えば、マッチングアプリのジャンルを例に挙げると、過去は独自ドメインや中古ドメインの専門メディアが上位に来ていました。

しかし、2023年12月時点では、以下のサイトが上位に来ています。

【サブディレクションが上位表示されている例】

  • 大手ランキングサイトのサブディレクション
  • 大手結婚相談所のサブディレクション
  • 大手ポイントサイトのサブディレクション
  • 相席ラウンジのサブディレクション

独自ドメインのランクは急落しており、いまだにサブディレクションのサイトであふれています。

ただ、弊社では以下のような見解です。

【サブディレクションの見解】

  • ジャンルに関連したサブディレクションは強い:大手結婚相談所→恋愛系、マッチングアプリメディアなど
  • 関連性がないサブディレクションは下落傾向

以前までは、ドメインランクだけを重視して上位表示されていましたが、現代SEOでは元ドメインとの関連性が重視されている印象です。

たとえば、こちらのデータ。

サブディレクションで運営されていたサイトで、ドメインランクは72スコアと非常に高いです。

しかし、2023年2月のアップデートにともない、トラフィックは大幅に減少。

元ドメインとジャンルが一切関係なかったので、下がったと弊社では予測しています。

未だにサブディレクションが強い時代が続いていますが、ここ数年で変化すると思います。

ユーザー目線で常にコンテンツを更新する

執筆した記事は、順位変動を見て適時リライトをすることが大切です。

今まで上位を獲得していたサイトが、急に順位が下がってアクセスが下がることがあります。

その場合、競合サイトに比べて情報が劣っている可能性が高いです。

競合サイトが直近で更新されていた場合は、高確率で情報が古いことが理由です。

そのため、情報を更新するためにも、リライトをおこないましょう。

リライトをする際は、以下を意識します。

【リライトをする際に意識したいこと】

  • 上位サイトと比較して不足している情報を入れる
  • 独自性・専門性がある情報追加する

ただ更新するだけではなく、記事をアップデートする感覚でリライトをすると、効果も出やすいです。

しかし、リライトは劇的に効果が出るわけではありません。

こちらは、弊社の記事をリライトした際の順位変動です。

2023年12月初旬にリライトを実施して、2023年12月末には15~20位から8位まで上がっています。

この記事はまだ調子がいいほうで、キーワードによっては効果が出るまでに1か月以上かかる可能性があるため、定期的に様子を見ることが大切です。

SEOライティングで活用したいツール

SEOライティングでは、さまざまな便利ツールがあります。

リサーチやキーワードを選定する際、記事のチェックで使えるツールをいくつか紹介します。

【SEOライティングで活用したいツール】

  • キーワード選定ツール
  • コピペチェックツール

いずれも、SEOライティングをサポートしてくれるので、便利だと思ったら利用を検討しましょう。

キーワード選定ツール

キーワード選定ツールは、SEOに効果的なキーワードを選定できるツールです。

無料ツールから有料ツールまでさまざまで、キーワード選定をサポートしてくれます。

ツールの例を挙げると、以下のとおりです。

【キーワード選定ツールの例】

  • Googleキーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • SEMRUSH(有料)
  • Ahrefs(有料)

有料ツールのほうが、情報に正確性があります。

しかし、選定するだけなら、無料ツールでも十分使えるのでおすすめです。

コピペチェックツール

Googleでは、コピーコンテンツに対してペナルティを与えます。

そのため、書いた記事がコピペ判定されていないかをチェックする必要があります。

オリジナルで記事を書いたとしても、言い回しなどが引っかかると、それだけでコピペ判定を受けることがあるため、注意が必要です。

コピペチェックも、無料ツールと有料ツールがあります。

【コピペチェックツールの例】

  • CopyContentDetector®(一部無料)
  • コピペリン(有料)

コピペ判定率を表示してくれるほか、コピペ判定を受けた箇所を教えてくれるため、修正の参考になります。

SEOライティングにAIはどう影響する?

近年、AIの技術発展に伴い、さまざまな仕事が代用できるようになりました。

ライティングもその一つで、一部では「AIによってライターが必要なくなる」という声もあります。

そこで、弊社が考えるAIを、SEOライティングの観点でどう影響するのかを述べたいと思います。

GoogleのAIに対する考え

まず、GoogleはAIが生成した文章に対し、以下のような見解を述べています。

“AI や自動化は、適切に使用している限りは Google のガイドラインの違反になりません。検索ランキングの操作を主な目的としてコンテンツ生成に使用すると、スパムに関するポリシーへの違反とみなされます。
引用:Google検索セントラル

そのほかにも見解が述べられていたので、簡単に要約しますね。

GoogleはAI生成かどうかにかかわらず、E-E-A-Tを満たしているコンテンツであれば、ガイドラインに違反しないという姿勢を見せています。

しかし、検索順位を意図的に操作したり、スパムで使用したりすると、ペナルティを受けるとのことです。

そのため、Googleガイドラインに乗っ取ると、AI文章生成を使用しても問題ないということになります。

AI文章生成の精度は実際どう?

SEOライティングをする際に、AI文章生成を使って効率化したい人もいると思います。

結論を言うと、使用しないほうが無難です。

まず、AIで生成される文章は、ネットにある情報を要約しているだけです。

Googleが提供しているBardは、Googleに公開されている記事を読み込んで、文章を作成しています。

そのため、出力された文章が、ほかの記事と100%一致することも多いです。

そのまま転用すると、コピペ判定を食らうので、リライトしない限り使えませんね。

それに、情報の正確性にも難があります。

※弊社にこのようなツールはありません※

試しに、存在しないSEOツールについて聞いたところ、このような回答が来ました。

この場合事前に存在しないことが分かっていますが、知識がないジャンルで執筆する場合、出力された情報が正しいと思い込んで、記事に反映することも十分あり得ます。

ファクトチェックをしないまま使用すると、誤った情報を提供することになるので、当然上位表示は獲得できません。

これらを考えると、ライティングで使うというよりは、別の使い方をおすすめします。

SEOライティングにおける生成AIの活用方法

SEOライティングでAIを使用する場合、ライティングでの使用はおすすめしません。

使用する場合は、以下のような使い方をしましょう。

【SEOライティングにおける生成AIの活用事例】

  • H2直下の見出し画像をイラスト生成AIで作成する
  • アイキャッチを画像生成AIにデザインしてもらう
  • 冒頭に入れる漫画や動画を生成AIで作成する

クリエイティブな使い方をすれば、可読性も上がりますし、作業効率化ができるのでおすすめです。

SEOライティングまとめ

SEOライティングは、検索上位を獲得するために非常に重要です。

基本ルールを理解しつつ、コツやテクニックを意識すれば、あなたも検索結果で上位を獲得できます。

とくに難しいことはなく、ユーザーのことを考えた記事を執筆することが大切です。

キーワード選定・リサーチ・ライティングで、ユーザーファーストを意識しましょう。